Baby&Kids

人生を自分で歩める子にするにはどうしたいかを考える力を養おう

vol.642【1日1成長お母さん】自分がどうしたいかを言えると自分の人生を歩める子になります

自立した子どもは自分の行く道を選んで進める。課題に気づく視点が大切です

親はいつまでも子どもの世話をしていられるわけではありません。親がいない所でも子ども自身が自分の道を自分で選択し、歩んでいく姿を安心して見届けたい。それには子育てのゴールと言われる自立心を育てること。しかし子どもの自立心をどのように育てたらいいのかが分かりにくいもの。漠然としていると知らぬ間に手をかけ過ぎてしまうことにもなりかねません。そのためには、子どもにとっての課題を見つけることが必要なのです。

目標を聞いても答えられない歳の子には観察。子どものしたい事に気づけます

まだ小さな子どもに「あなたの目標は何?」と尋ねても答えられない場合が多いもの。だから、お母さんが子どもの行動を観察するのです。子どもが何をしようとしているのだろう、子どもは今これが得意、などと子どもの状態を知ることで、子どもが必要としていることが分かるようになります。おもちゃに手を伸ばしていたなら、取ってあげるよりも届きそうな所に近付けてあげるという風に。全てしてあげるのではなく手助けをしましょう。

生きていくためには人とコミュニケーションを図る力も必要。言葉を教えよう

言葉をまだ話さない子には、様子を実況中継するように言葉にしてあげます。子どもが言葉で伝えられるようになるには、お母さんが言葉を教える必要があります。言葉より行動が先となる子どもには「おもちゃ取りたいね」「届くかな」などと様子を言葉にしてあげましょう。自分の行動に言葉が加わり、動作と言語を一緒に記憶することができるのです。コミュニケーション能力の高い子は人との関わりを楽しめるようになります。

「どうしたい?」に答えられるよう、始めは気持ちに近い言葉をかけましょう

言葉が少しずつ話せるようになっても、発達途中にある子どもは正確に伝えられないことがあります。その時は伝え方を教えましょう。「とって欲しい?」など気持ちに沿った言葉をかけます。または「どうしたい?」と聞くと良いでしょう。自分がどうしたいかを考える習慣を身につけると、常に自分がどうしたいかを自問自答できるようになります。自分の欲求に基づいて行動できると、自分の道を選んで生きていける子に育つでしょう。

今日の1日1成長

自分の道を歩む力を身につけるために「どうしたい?」と質問しましょう
子どもの伝達力も1成長、お母さんの観察力も1成長。
國枝愛実(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!