Baby&Kids

3歳まではお母さんが世界の中心。できるだけ手を止め寄り添おう

vol.665【1日1成長お母さん】「あとでね」の約束は有言実行で約束を守ることを教える

子どもが「ねえ見て」と呼びかけるのはお母さんを感じていたいから

「お母さん」「ねえ、お母さん」「こっち見て」「これなあに?」3歳くらいまでは、毎日毎日「ねえお母さん」の連続。料理中でも洗濯物を干していても、子どもの呼びかけは容赦ありません。「お母さん今忙しいの」と言ったところで、子どもの忍耐は5分と持ちませんね。それは子どもがいつもお母さんの存在を感じていたいから。お母さんは見てくれていると実感したいからに他なりません。特に3歳まではこの傾向が強く出ます。

3歳までの世間は狭いから、成果を報告する相手はいつだってお母さん

小さな子どもは経験が少ない分、認識する社会も狭いものです。また発達段階においても、他者との関わりを意識して行動し始めるのは4歳ごろ。3歳ごろまでは、家族以外の人のことはあまり気にかけることはできません。だからこそ、一番身近な存在であるお母さんに気持ちが向かいます。「ねえ見て」「こっち向いて」世界中で一番大好きなお母さんだからこそ、いつでも構って欲しい、見ていて欲しいと思っているのです。

お母さんはマルチタスクで忙しい。時には「待ってね」と言ってもOK

理想を言えば、子どもが呼びかけるたびに手を止めて「なあに?」と向き合えるのがベストです。しかしながらお母さんも、常に子ども一人だけを見ているわけにはいきません。兄弟がいれば他の子も構う必要がありますし、家事も仕事もこなさなくてはなりません。子どもの呼びかけに必ずすぐに反応できるとは限りませんね。そんな時は「ちょっと待ってね」「今◯◯しているから待ってね」と言って待ってもらいましょう。

約束を守ることが信頼になり、その信頼が子どもに我慢と忍耐を教える

大切なのは、その後必ず向き合う時間を取ることです。「待ってくれてありがとう」と言葉を添えるのもいいですね。そうすることで子どもは待つ忍耐と、約束を守ることを同時に覚えます。待つと必ずお母さんが時間を取ってくれると信じられる子どもは、自分も約束を守る大切さを理解するようになります。4歳で周りとの関係性を考えて行動するようになった頃に必要な“譲る”“我慢する”力の元にもなるでしょう。

今日の1日1成長

「待ってね」の後は必ず時間を取って、約束は守るものと教えよう
子どもの忍耐力も1成長、お母さんの実行力も1成長。
むらたますみ(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!