Baby&Kids

赤ちゃんとの日常生活、感性豊かに育てるためのお母さんの愛情

vol.745【1日1成長お母さん】お母さんの一工夫で赤ちゃんの五感への刺激を増やしてあげよう

繰り返しの日常生活。感性を育くむ環境は、お母さんのちょっとした心遣い

子どもが生まれて1日に何回もする授乳やおむつ替え、寝かしつけ。始めの数カ月は1日がその繰り返しで終わると言っても過言ではありません。産後のお母さんも今まで普通にやれていたことは、赤ちゃんのペースに巻き込まれ後回しに。でも0歳児にとっては、関わってくれるお母さん次第で五感がより耕されます。日常の繰り返しの中、お母さんとの関わりが五感への刺激になり積み重なっていくのです。

スキンシップとコミュニケーションを日常の関わりで意識的にプラスする

授乳時間はお乳やミルクそしてお母さんの匂いの中、肌のぬくもりや味を感じています。赤ちゃんと目を合わせて飲ませてあげることやお話するように声をかけながら授乳する時間は、五感すべてにはたらきかけます。お母さんを全身で感じながら過ごす特別な時間。そんな濃厚な時間を積み重ねた赤ちゃんは、感じることが豊かになるはず。授乳やおむつ替え1つでも、お母さんの気持ち次第でより赤ちゃんの五感に刺激を与えることができるのです。

0歳児の感性への刺激が好奇心の基礎を育てます。まずは語りかけと抱擁から

様々なことを感じる感度を高めると、より物事に興味を持つようになります。それが好奇心へと繋っています。赤ちゃんは言葉は理解しませんが、お母さんの口調で感情が分かります。大人同士のコミュニケーションでも、相手から受ける情報の9割は言葉でなく表情、声の質、身ぶり等と言われるほど。授乳時間はお母さんの存在や思いを全身で感じています。日常の様々な場面でコミュニケーションを意識して赤ちゃんへの刺激を増やしてあげましょう。

無理は禁物。お母さんの幸せな気持ちが赤ちゃんにも伝わっていきます

とはいっても24時間を赤ちゃんと一緒に過ごす、お母さんにとって赤ちゃんへの関わり方を意識し続けることは大変です。子どものためとは言えど何よりもお母さんの心が幸せな状態の時、口調や雰囲気から赤ちゃんも心地よさを感じるはず。頼れる所は頼って完璧を求めずに、子どもと向き合う時間はできるだけ穏やかな気落ちで過ごせる工夫をしていきましょう。お母さんの感じる世界を大切に、赤ちゃんとも共有していきたいですね。

今日の1日1成長

授乳やおむつ替えでのスキンシップを楽しみながら、五感を刺激する時間に!
子どもの関心力も1成長、お母さんの愛情力も1成長。
さわどあさみ(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!