Facebook Twitter Instagram

出典:mamagirl2016夏号

Lifestyle

コレ買い子ども服収納グッズと収納方法で目指せ収納上手!

気づけば溢れる子ども服。子どもの成長は早く、服はどんどんサイズアウトするので収納スペースから溢れがち。収納や整理がうまくいかないと、買い足したときに手持ちの服と丸かぶり&本当に欲しいアイテムが買えていない…なんてトラブルも起きるようです。
今回は、そんな子ども服を上手に整理整頓して収納できる人気メーカーの収納グッズや、アイテム別・場所別に収納方法・アイデアを考えてみました。

衣替えの季節だからこそ、一度子ども服の収納方法を見直してみましょう!

■どんどん増えていく子ども服…。上手に収納する3つのポイント

出典:@ bm.peekaboo0512さん

子どもはどんどん成長していきます。だからこそ、サイズアウトした衣服で収納は溢れがち。そんな子ども服収納ってどうやったらうまくいくのでしょうか。ポイントを3つにまとめてみました!

・ポイントその1 いらないものは思い切って手放す!

ママが探し出してきたお気に入りの1着…。この服、子どもが気に入ってよく着たな…。と、思い出深い子どもの服も、サイズアウトしたものは思い切って手放しましょう!
子ども服は、収納スペースに応じた全体量を守ることで、格段に収納が簡単になります。知り合いに譲ったり、ユーズド商品として売ったり、廃棄したりしてこまめに整理するように心がけましょう。

・ポイントその2 種類別に小分け収納がおすすめ

出典:@ yagigigi1234さん

子ども服の収納がなぜか難しい…と思うワケは、子ども服の種類の多さにあります。
トップス・ボトムスだけに限らず、帽子や靴下、マフラーからコートに至るまでたくさんのアイテムがある子ども服。子ども用は小さいものが多いけど、こまごましたものもたくさん集まるとかなり収納スペースを圧迫します。
そのため、子ども服は収納スペースをオーバーしてしまい片づかなくなるのです。
そんなときは、小分け収納をしてすっきり片づけましょう。収納スペースを収納ケースやボックス、間仕切りなどを使い、アイテムごとに収納すると場所をとらず、何がどこにあるかもわかりやすくなります!

・ポイント3 収納は見える化を徹底

最後は、子ども服収納は“見える化”を徹底することをおすすめします。種類も多い子ども服は、手持ちにどんなアイテムがあるか、の把握が難しいですよね。
ハンガーや透明・半透明の収納ボックスやケースを使うと、収納しながらも子ども服が常に見えているので、手持ちアイテムの把握が簡単です。
さらに、収納できていないアイテムを目の当たりにすることで、「片づけなきゃ…!」と自らを奮い立たせることもできます(笑)。片づけのモチベを上げるポイントにもなるので、子ども服の収納は見える化がおすすめなのです。

■ママから大好評!人気メーカーのコレ買い収納グッズをチェック

子ども服収納のポイントを押さえたら、いざ収納。その前に収納に使えるグッズを知っておきましょう!
上手に子ども服収納をしているママたちから、大好評の収納グッズをメーカー・ブランド別にご紹介します。

・『無印良品(むじるしりょうひん)』ポリプロピレンケース

出典:収納ケースで家中どこもかしこもきっちり整理整頓!

シンプルで無駄のないデザインがママたちから愛される無印。無印の定番収納グッズといえば「ポリプロピレンケース」が有名です。
ポリプロピレンケースは引き出し式で、収納したアイテムが見やすいのがうれしいポイント。半透明タイプは中身がほどよく透けるので、中に何がしまっているのか把握しやすいのです。
こちらの写真のようにラベリングをして、収納アイテムを整理するのもおすすめですよ。

・『ニトリ』のカラボサイズインボックスは使い勝手よすぎ!

出典:衣替えが楽になる収納術と5つのコツ!「しない収納」テクも紹介

子ども服収納にカラーボックスを活用している人におすすめしたいのは、ニトリのインボックス。カラーボックスサイズのインボックスは、すき間なくピタっと収納スペースにフィットしてくれますよ。
インボックスのカラーラインナップは全部で8色という豪華さ。好きなカラーをチョイスして、おしゃれな収納を目指しちゃいましょう!
インボックスはこれだけでスタッキング可能なので、カラーボックスを使っていない人も積み重ねて便利に使用できます。

・『ニトリ』天板板プラチェストは天板が使える!と大好評

出典:収納ボックス&ケースを使ってできる!オシャレ収納テクニック

ニトリから子ども服収納に使えるアイテム、二つ目を紹介しましょう。こちらは、天板付きでいろんな使い方ができる「木天板プラチェスト3段(メープル)」。
引き出すときに手をひっかける部分が大きく、引き出しやすいプラチェストはもちろん、天板部分にも物を置いて収納できるとママたちから好評です。
こちらの写真では、大きなラベリングを施して中身をわかりやすくしていますね。子どももどこに何をしまうのか理解しやすいので、片づけをお手伝いしてくれるかもしれません。

・たっぷり容量で便利に使える『DAISO(ダイソー)』のストレージボックス

出典:「かご」で作る!インスタ映えなおしゃ見せ収納

子ども服の収納アイテムは、プチプラがうれしい100均アイテムを賢く使用しましょう。
こちらは、ダイソーのストレージボックス。布製なのでとても軽く、クローゼットや押入れの上部スペースに収納したいとき、重たくないので持ち上げやすいのです。
内側は水をはじくコーティング仕上げになっているので、収納するものを選ばないのも優秀ポイント。

出典:mamagirl2017夏号

子ども服を収納するときは、小さくたたんで立てて収納することで、たっぷりしまうことができます。
布製だからこそ、中身の大きさに合わせて折り返して高さを変えることも可能。この使い勝手のよさ&見た目のおしゃれさで、発売以来人気を集め続ける大ヒットアイテムです。

・『IKEA(イケア)』の有名収納グッズTROFAST(トロファスト)

出典:mamagirl2016夏号

オシャレな北欧風アイテムがそろうIKEAでおすすめしたい収納グッズは、トロファスト。
大小さまざまな大きさの引き出し式ボックスが棚にぴったりと収まるこちらのアイテムは、子ども服収納におすすめなのです。
ボックスは豊富なカラバリあり。インテリアにマッチした収納が叶いそうです。
トロファストは引き出ししやすいので、子どもが自分で服を取り出したり、片づけたりできるのも人気の秘訣です。片づけの練習にもなりそうなので、子どもといっしょに服を収納・整理整頓したいママはぜひチェックしておきましょう!

■子ども服収納を簡単に済ませたい!アイテム別の収納テクニック

次は、子ども服の収納を簡単に済ませる収納テクニックをご紹介します。アイテム別にまとめてみました。

・毎日の収納で使える「ハンガー」を使って時短

出典:著者撮影

子ども服収納をするときに、ハンガーを使用することってありますよね。しわになりやすい女の子のワンピースや、男の子のフォーマルなシャツやズボン、取り出す機会の多いアウターは特にハンガーを使って収納するアイテムでしょう。
ハンガーは洗濯物を干すときにも使用します。ハンガーを子ども服収納に使うママの中には、「ハンガーを使って洗濯物を干して乾かしたまま、クローゼットにハンガーごとそのまま入れちゃう!」という人もいました。
この方法、洗濯物を取り込んだあとに畳んだりする手間が省けるので、かなり時短になるそう。
子どもがまだ小さくて手がかかる…収納や家事に時間が取れない!というママは、ぜひ試してみてくださいね。

出典:著者撮影

そんなハンガー収納をする際に気をつけたいことが、ハンガーの引っかける部分。
この部分、子ども用は全体的に小さく作られているので、「物干し竿には引っかかるのに、クローゼットのポールには引っかからない!」というトラブルも起こるのだそう。
子ども用の衣服ハンガーを買うときは、引っかける部分のサイズに注意しておきましょう。

・「ラベリング」でしまう時間を一気に短縮!

出典:ラベリングで生活空間を一新☆シンプルなのがカッコいい!

収納にはチェストやボックスを使用しますが、中身の見えない収納には、簡単にラベルを貼ってどこに何をしまうのか明確にしておきましょう。
アイテムの整理整頓にもつながるこのラベリング。徹底してみると、片づけるときに迷いがなくとっても時短になるのです!
こちらのラベルは、シンプルでおしゃれな缶バッチを使用しています。貼って剥がす必要がないので、中身が変わったときも簡単にラベルをチェンジできますよ。

・「チェスト」収納のポイントは間仕切り

出典:収納ケースで家中どこもかしこもきっちり整理整頓!

たっぷりと衣服の収納ができるチェスト。引き出しの中の空間は無駄にしないよう、間仕切りを徹底するのが収納のポイントです。
さらに衣服は小さくたたんで、立てて収納するのが正解。パっと見て何が入っているかわかりやすい上に、収納力も格段にアップします。

・「カラーボックス」はカラボサイズボックスを入れ込んで収納

出典:ニトリのファミリー向け収納ボックス5種♡大人も子どもも使える◎

カラーボックスに子ども服を収納するときは、そのまま衣服を詰め込んでも安定感がなく、あまり上手に収納できません。
収納グッズの中には「カラボサイズ」と明記されているものがあります。そのグッズは、カラーボックスの棚にぴったりハマるサイズ。これら収納グッズを駆使して、カラーボックスを収納しやすいようにカスタマイズしちゃいましょう。
こちらの写真では、カラーボックスの中にニトリの布製収納ケースである「パカート」を入れ込んでいます。他にもダイソーの「スクエアボックス」もカラーボックスに入れ込む収納ケースとしてぴったり。ぜひチェックしてみてくださいね。

■子どもの服、どこにしまう?収納場所別テクニック

収納スペースの場所別に、収納テクを集めてみました。定番収納スペースの押入れやクローゼットから、子ども服をしまうことの多いリビングもご紹介します。

出典:mamagirl2016夏号

ママならピンとくるかもしれませんが、リビングに子ども服の収納スペースがあると、とてもありがたいですよね。出かけるときに身につけるアウターや、園児・小学生の朝の準備品など、ちょっとした衣服をリビングにしまいたいというママは多いはず。
けれどもリビングはもとから収納場所が少なく、さらに目につきやすいスペースなので衣服収納も難しく思われがち。
そんなときはDIYでそれぞれのリビングにぴったり合った収納スペースを確保してみてはいかがでしょうか。こちらのリビングは、コーナーに棚つきの手作り収納ボックスを置いて、リビングの子ども服収納問題を解決しています。
リビングのコーナーはデッドスペースになりがち&ぴったりの収納ボックスを見つけるのは難しいので、よりDIYがおすすめです!

・上下スペースを上手に活用するのがクローゼット収納のキモ

出典:収納ケースで家中どこもかしこもきっちり整理整頓!

クローゼットに子ども服を収納するときに押さえておきたいポイントが、上下の空間を上手に活用することです。
こちらのクローゼットは、ハンガーに衣服をかけて、空いた下部分は無印のポリプロピレンケースを使って収納スペースとしています。上部分の棚にも注目しましょう。軽量の箱をたくさんならべて、小分け収納をしやすくしていますね。
このように、クローゼット収納は空間を有効活用することがポイント。デッドスペースに収納ケースを入れ込む場合は、サイズをよく考えてぴったりハマる収納ケースを選ぶようにしてみてくださいね。

・押入れ収納は収納ケースを活用して、見た目もおしゃれな収納に

出典:収納ケースで家中どこもかしこもきっちり整理整頓!

見た目にもスッキリしてとてもおしゃれな印象を受けるこちらの押入れ収納!サイズぴったりの無印ポリプロピレンケースを入れ込んで、収納力抜群の押入れを作っています。
押入れもクローゼット同様、デッドスペースを収納ケースで上手に活用することがポイントです。

■サイズアウトした子ども服は「一時保管」ですっきり片づけて

出典:衣替えが楽になる収納術と5つのコツ!「しない収納」テクも紹介

子ども服を収納するポイントでも紹介した、サイズアウトした衣服の断捨離。けれども、下の子におさがりとして残しておきたい…、フリマに出したいけどそれまでは保管しておかないといけない…などの理由で、すぐに手放すことはできませんよね。
そんなサイズアウトした子ども服は、収納スペースの中でどこかに「一時保管場所」としてしまっておく場所を決めましょう。
こちらはダイソーのペーパーボックス。この中にサイズアウトした服をとにかく入れておいて、処分の方法を検討するとサイズアウトした服の二次活用が簡単になります。
ペーパーボックスは長期間の衣服保存には向かないので、あくまでも一時保管用ボックスとして使ってみてくださいね。

■ポイントを押さえるだけで子ども服収納はとっても楽に♪

すぐにサイズアウトしちゃう子ども服。種類も多いので、収納が難しく収納スペースもごちゃつきがちです。
そんな子ども服収納は、コツ・ポイントを押さえて、さらに便利な収納グッズを使って上手に収納してみてくださいね!

さえ太郎

2016年生まれの男女双子を育児中!子どもの知育おもちゃ・木のおもちゃが大好き♡双子コーデを勉強中です!最近、一戸建てを買いました。北欧インテリアに囲まれたヒュッゲな生活に憧れています…☆

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp