Baby&Kids

「やさしくしてね」と言うよりも、リアルな気持ちを共有しあおう

vol.695【1日1成長お母さん】共感とは相手の気持ちに寄り添い、確かめるように話を聞くこと

子どもはお母さんと毎日接する中で、様々な感情を学んでいきます

子どもは自分の心の中に起こっている感情と言葉が繋がらないことがあります。悔しい思いをした時も、ただ泣くことで表現します。その気持ちを言葉にすることを学び、整理できるのはお母さんの「悔しかったんだね」という共感から。美味しいものを食べながら「美味しいね」、眠たそうにしている時の「眠たいね」などお母さんの言葉と一緒に感情を覚えます。そして成長とともに、自分に感情があるように相手にも感情があることを学んでいきます。

相手の気持ちを考えて行動できるようになるのは、5歳を過ぎてからです

2、3歳の頃はお友達とのやり取りで、おもちゃを無理やり取ってしまうなんてことがあります。でも本人にとっては、ただ自分がそのおもちゃで遊びたかったり、意地悪ではなく一緒に遊びたかっただけ。日々の遊びの中でお母さんと「貸して」「どうぞ」「ありがとう」の習慣をつくっておきましょう。「貸してくれて嬉しいな」と気持ちを伝えれば、自分の行動でお母さんがどう感じるのかということを知ることができます。

やさしい子に育てたかったら、お母さんの感情を言葉でたくさん表現しよう

5歳になると想像力のひとつである共感脳という機能が発達します。そのため相手の気持ちを思いやる事ができるようなります。5歳までは子どもの気持ちに寄り添い行動を正すことを大切に、5歳からは「おもちゃを取られたお友達は悲しい気持ちだよ」とお友だちの気持ちも代弁して伝えましょう。お母さんの気持ちを子どもに伝えることで、共感脳が育ちます。その繰り返しが自然と人の気持ちを感じる力になり、思いやりの心を育んでいきます。

相手の気持ちを理解できる年齢になると、子どもの行動も変わっていきます

お友達にやさしくできない場面に遭遇した時、お母さんなら誰でも心配になってしまいます。“いいことか悪いことか”までは分かっても、相手の気持ちを理解するのは5歳前には難しいことがほとんど。お母さんと気持ちを共有するコミュニケーションが、5歳を過ぎて相手の気持ちを考えた行動に表れる日が来るのです。お母さんからの「ありがとう」「助かったよ」も忘れずに伝えていきたいですね。

今日の1日1成長

思いやりを育めるように、お母さんの気持ちを言葉でたくさん伝えていこう
子どもの共感力も1成長、お母さんの表現力も1成長。
さわどあさみ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!