Beauty

【チークのおすすめ】本当に使える年代別おすすめチークをピックアップ

さまざまなコスメブランドから、カラーもタイプも違うチークがバリエーション豊富に販売されています。新しいタイプやブランドのチークを試してみたいと思っても、実際にどんなチークを選ぼうか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回は、チークのタイプ別の塗り方と年代別のおすすめチークをご紹介します。

■チークのタイプ別塗り方

チークには主に、パウダー・リキッド・クリームの3つのタイプがあり、それぞれ塗り方や質感、仕上がりが異なります。
それぞれの特徴を把握し、自分の好みに合ったチークを選ぶことが重要です。

・パウダータイプ


メイク初心者さんやメイクをマットな仕上がりにしたい方におすすめなのがパウダータイプのチークです。
オイリー肌の方でも、肌のテカりを気にせず使用できます。皮脂には強いですが、汗などの水分には弱いことが多いので、お化粧直しが必要になることも。
パウダータイプのチークを使ってメイクをするときは、すこしずつ色を足していくようにすると自然な仕上がりになります。
ふんわりとした雰囲気に仕上げたいときは大きめのブラシを使えば簡単です。

・リキッドタイプ


肌の内側から色づいているような、自然な血色感のある仕上がりになるのがリキッドタイプです。
少ない量でメイクすることができるためコスパも◎。
ツヤ感のある仕上がりを楽しめますが、汗などの水分には弱い傾向がある点と、塗り方に少々コツがいる点が注意すべきポイントです。

・クリームタイプ


クリームタイプのチークは落ちづらく、色モチがいいのが魅力です。
肌にしっかり密着し、しっとりとしたうるおいのある仕上がりになるため、肌の乾燥が気になる方や色モチのよさを重視したい方におすすめです。
その反面、オイリー肌の方など、皮脂が多い肌につけるとよれてしまう場合もあります。

■20代におすすめのチーク

大学生さんや社会人さんが多いであろう20代の方は、普段使いしやすいリーズナブルな価格のチークや持っているだけで気分が上がりそうなデザイン性の高いチークが気になりますよね。
20代の方におすすめの3つのチークをご紹介します。

・『THREE』/「エピック ミニ ダッシュ」

インスタグラムなどのSNSでも話題の『THREE(スリー)』の「エピック ミニ ダッシュ」は、美容雑誌のベストコスメ賞を受賞したこともある、今人気のチーク。
カラーバリエーションは全9色で、繊細なパールが肌に透明感をもたらしてくれます。
リキッドタイプなので肌に自然になじみ、ナチュラルな血色感のある仕上がりに。
リップカラーとして使うこともできますよ!

・『JILLSTUART』/「ミックスブラッシュコンパクトモアカラーズ」

出典:「周りを気にせず自分で、きれいになれる!脱ブス目指すメイクセラピーアドバイザーしらいきほのブログ Powered by Ameba」

持っているだけで気分の上がるかわいいパッケージが評判の『JILLSTUART(ジルスチュアート)』のチークです。
「ミックスブラッシュコンパクトモアカラーズ」は、6色のチークが9つのブロックで配置されており、自分の好みに合わせてカラーをミックスして楽しむことができます。
ローズマリーエキスやラベンダーオイル、アボカドオイルなどの美容保湿成分を保有しているのもうれしいポイント。

・『CEZANNE』/「ナチュラルチークN」

リーズナブルな価格ながらも高いパフォーマンス力があると評判の『CEZANNE(セザンヌ)』の「ナチュラルチークN」。
カラーバリエーションは全11色で、無香料・無鉱物油・ミネラル成分90%配合と肌に優しい処方です。
中でも「14ラベンダーピンク」は、ブルべさんにおすすめ。青みのある優しいピンク色が透明感のある肌に仕上げてくれるとSNSなどで話題になっています。

■30代におすすめのチーク

30代の女性は、長い間愛されている老舗のブランドのチークや落ち着いたデザインのチークや気になってきませんか?
そんな大人な女性におすすめのチークをご紹介します。

・『Dior』/「ディオール ブラッシュ」

マット・イリディセント・サテンの3タイプの質感と、ピンク・レッド・コーラル・ヌードの4つのカテゴリーにわかれた全13色のカラーバリエーションが特徴の「ディオール ブラッシュ」は、パウダーながらもやわらかいテクスチャー。
頬骨の位置に丸くのせると健康的な仕上がりに、こめかみからフェイスラインに沿って「3」を描くようにのせると立体的な仕上がりになります。

・『MAC』/「ミネラライズ ブラッシュ」

出典:「necomiの好きなもの日記♡毎日ごきげんに過ごしたい♡ Powered by Ameba」

ヘビロテ・リピート買いをしているファンも数多いと話題の『MAC(マック)』の「ミネラライズ ブラッシュ」。
窯でじっくりと焼かれたこだわりのパウダーチークは驚くほど軽いつけ心地で、重ねてつけても厚ぼったくならず、自然な仕上がりになります。

・『Visee』/「フォギーオン チークス」

出典:「ONE LIFE, ONE LOVE, LIVE! Powered by Ameba」

鮮やかに発色しつつ、透け感のある仕上がりになると評判の『Visee(ヴィセ)』の「フォギーオン チークス」。
キャッチポリマーを配合しているため、肌にしっかり密着し、よれてしまうことなくメイクしたての美しさが持続します。
美容液成分としてアーモンドオイルを配合しており、メイクをしながらうるおいのある肌に導いてくれる点も魅力的です。

■40代におすすめのチーク

40代の女性は、肌を明るく華やかに見せてくれる効果のあるチークや、上品なデザインのチークが気になるのではないでしょうか?
そんな40代女性におすすめしたいチークをご紹介します。

・『NARS』/「ブラッシュ」

ナチュラルで健康的な仕上がりになる『NARS(ナーズ)』のチーク「ブラッシュ」は、どんな年代にも使いやすいと評判。
人気口コミサイトのベストコスメアワードやベストコスメ大賞も受賞している実力派です。
カラーバリエーションも29色と豊富なので、きっとあなたにぴったりのカラーが見つかるはず。

・『SUQQU』/「ピュアカラー ブラッシュ」

出典:@ saki___n.29さん

美しいグラデーションが魅力的な『SUQQU(スック)』の「ピュアカラー ブラッシュ」は、大人の表情を明るく彩ってくれるパウダータイプのチークです。
肌を覆い隠す白顔料やパールの配合を減らし、高い透度の粉体や細かな粒子を使用しているため、毛穴や肌のアラを隠しつつきれいに発色してくれると好評を得ています。

・『MAQuillAGE』/「ドラマティックムードヴェール」

パウダータイプながらも8時間の仕上がり持続データを取得済み(資生堂調べ)である『MAQuillAGE(マキアージュ)』の「ドラマティックムードヴェール」。
肌の内側からにじみ出ているようなナチュラルな血色感を演出することができます。パウダーをオイルで抱えている処方で、上品なツヤ感のある仕上がりが大人の女性に評判です。

■50代におすすめのチーク

50代になってから、肌のくすみや乾燥が気になっている方はいらっしゃいませんか?
そんな悩みをカバーしてくれるチークや王道ブランドのチークをご紹介します。

・『Clé de Peau Beauté』/「ブラッシュクレーム」


出典:@ mizuki_0801さん

『Clé de Peau Beauté(クレドポーボーテ)』の「ブラッシュクレーム」は乾燥が気になる肌にもぴったりのクリームチークです。
フレッシュで透明感のあるカラーとうるおいが感じられるツヤ感で、さりげないのに洗練された美しい仕上がりに。
ブラシでのせるとふんわりとした雰囲気に、指でぽんぽんとたたくようにのせるとナチュラルな血色感のある雰囲気を楽しめますよ。

・『CHANEL』/「ジュ コントゥラスト」

出典:@ ha.na.109さん

王道のハイブランド『CHANEL(シャネル)』のチーク「ジュ コントゥラスト」はプロのメイクアップアーティストも愛用している実力派チークです。
シルクのようなやわらかいパウダーが肌にふんわり溶けこみ、ナチュラルでいきいきとした雰囲気を演出してくれます。
コンパクトもスマートで持ち歩きしやすく、外出時でも簡単にお化粧直しができます。

■自分に合ったお気に入りチークを見つけよう

タイプによるチークの塗り方と、年代別でのおすすめチークをピックアップしてご紹介しました。
自分に合うチークを見つけるポイントは、自分の肌タイプやパーソナルカラーに合ったものを選ぶこと。
ぜひ参考にして、自分にぴったりのチークを探してみてくださいね!

引用文献
「周りを気にせず自分で、きれいになれる!脱ブス目指すメイクセラピーアドバイザーしらいきほのブログ Powered by Ameba」
「necomiの好きなもの日記♡毎日ごきげんに過ごしたい♡ Powered by Ameba」
「ONE LIFE, ONE LOVE, LIVE! Powered by Ameba」

zizi

1歳のやんちゃな息子の新米ママです。料理とダンスが好きで、よく子ども向け番組を見ながら息子と踊っています♪
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!