Baby&Kids

何でも口で確かめる赤ちゃんはハナマル満点の学習をしています

vol.718【1日1成長お母さん】お母さんのサポートで安全に赤ちゃんの好奇心を満たしてあげよう

好奇心の基礎になる!0歳児の五感を刺激して感じ取る力を高めてあげよう

好奇心はすべての学びへのきっかけです。何に対しても興味が湧き、好奇心が育っていると生き生きと一生懸命に学ぶことを覚えていきます。0歳児は、五感への心地よい刺激が全ての発達に繋がっていく時期。そして、肌は露出した脳といわれ愛情をダイレクトに伝えてあげることが出来ます。0歳の時期にたくさん感じた子は2歳頃から言葉が急に発達します。お母さんの声と一緒におむつ体操やベビーマッサージをしてみましょう。

何でも口に入れたがる時期、お母さんの心配を少しでも減らすために

0歳児のKちゃんはテレビのリモコンが大好き。見つけては一生懸命に手を伸ばしたり「あっあっ」と主張してきます。そんなKちゃん専用に、お母さんは使わなくなったリモコンを別に用意しました。今は、どんなおもちゃよりも一番興味があるようです。そして両手で持ちながら一生懸命なめてしまいます。まだ手の感覚よりも口での感覚が優れているため、何でも口に持っていって確かめます。これは赤ちゃんにとって大切な刺激です。

何でもなめる時期は神経質になりすぎず、危険なもの以外は見守りましょう

この時期の子どもは口で確かめながらその感覚で学んでいますが、お母さんとしては「ダメ!」とすぐ取り上げてしまうことも。でも危険なもの以外は無理にやめさせる必要はありません。口でしっかりとなめ、どんなものかを一通り確かめたら手へと移動します。いろいろなものをなめることで免疫力も高めます。よだれに消毒効果もあります。あまり気にしすぎず、なめたい時期には思いっきりなめさせてあげましょう。

常に危険を見守り、赤ちゃんの意志でのびのび学べる空間を準備しよう

何でも口で確かめたい時期は、思いっきりやらせてあげられる安全な環境をお母さんが準備してあげることが大切。ただ時に、危ないものや小さなものを飲み込んでしまうこ可能性もあるため、子どもの行動範囲や目の届く場所に危険なものがないか確かめ、目を離さないようにしましょう。子どもの学びの時間、最大のサポートが環境を整えて見守ること。子どもの意志がのびのび育つ環境づくりを大切にすると、好奇心もぐんぐん伸びていきます。

今日の1日1成長

安全な環境づくりと見守りで子どもの五感へのアプローチを増やそう
子どもの好奇心力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
さわどあさみ(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!