Baby&Kids

コミュニケーションの基盤は0歳から!2歳前後で開花する

vol.747【1日1成長お母さん】会話力の高い子は感性や感覚形成が豊かな子なのです

生まれたばかりの子どもは最初に耳が発達する。お母さんの声を聞かせよう

子どもが小さいうちは、何か習わせたいけど何がいいかと迷うお母さんも少なくないようです。そんなことを思っているうちに子どもは大きくなって自分から興味を示すようになります。では、それまでにお母さんがしてあげられることは何があるのでしょうか。子どもは生まれてから、最初に耳が発達するということを聞いたことがあるでしょうか。子どもは、お母さんの声を聞いています。優しい声や元気な声など、様々な音も聞いています。

子どもに習いごとをさせる前に、身につけさせたい感性と愛着形成

習いごとは、子どもが興味を持ったことをさせるのが良いでしょう。また習っているうちに好きになる。上手になるから楽しいと感じる場合もあります。でも生まれたばかりの子は、できることはまだまだ少ないもの。だからこそ、その時期にしてあげたいことがあります。生まれてから言葉が話せるようになる2歳くらいまでは五感を刺激してあげると良いです。肌の感覚や音や色、お母さんとのスキンシップは愛着形成に深く関係します。

子どもはお母さんの声に安心感を抱き、語りがけから言葉を覚えていく

お母さんの抱っこで移動する時期は一緒に過ごす時間も多く、お買い物やお散歩に歩いて行くこともあるでしょう。その時はぜひともたくさん話かけてあげて下さいね。お母さんが「空が青いね」「今日は暖かいね」などと話す言葉を子どもは聞いて覚えます。かける言葉は「い」で終わる形容詞が良いでしょう。感じたことを表現する言葉だからです。この時期にたくさんの言葉を吸収した子どもは2歳以降にたくさんの言葉を話すようになると言われています。

言葉が話せるとコミュ二ケーションが楽しく、感性豊かな子は表現力も豊か

子どもは、自分の思っていることを上手に相手に伝えることができないとストレスになります。我慢することで楽しいと感じるチャンスを逃してしまいます。コミュニケーションが楽しいと思える子は、積極的にお友だちとの関わりを楽しめます。すると、習い事を探す時やその後の過程でもコミュニケーション力が子どもの支えとなるのです。感性を刺激し、お母さんとの関わりからたくさんの愛情を感じると伸び伸びと興味を示すでしょう。

今日の1日1成長

今身につけさせるべき力を大切に。感性を刺激するために、語りがけをしよう
子どもの聴く力も1成長、お母さんの語りがけ力も1成長。
國枝愛実(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!