Baby&Kids

習いごとは移り変わってもいい。どの環境で学ぶかが最良の学習

vol.764【1日1成長お母さん】 “何を学ぶか”は大切。それは成長時期と仲間と環境で左右される

子どもの成長はお友だち関係にも表れます。1つの目的にとらわれないで

Kちゃんは運動教室に通い始めた6カ月前、控え目であまり自己主張するタイプの子ではありませんでした。でも、教室では、芯の強さを発揮していました。できなくて悔しい感情、できるまでやろうとする努力。諦めない強さを見せてくれました。教室で3カ月間続けるうちに仲間を応援するKちゃんの姿もありました。Kちゃんは3カ月間で、協力し人を思いやる心の成長を遂げました。その後、Kちゃんの習いごとは水泳に変わって行きます。

子どもの習いごとは長く続けることより、その期間で何を学んだか重要

技術を磨くためには継続が必要なものもあります。上達するには時間を要するためです。ですが、子どもは何に才能を発揮するかが分かりにくいなど、興味や関心も変わります。短い期間でも触れてみる、知ることは経験の少ない子どもにとっては学びです。Kちゃんのように内面的な成長の繋がることもあります。控え目な子が努力によって自信がつき、人を応援する気持ちが育った事は思いやりです。自信と思いやりは生きる力となります。

わずかでも自信を持てると子どもは笑顔に。できた体験をさせよう

Kちゃんは3カ月間教室に通った後は水泳を始めました。Kちゃんが自ら習いたいと意思表示したのです。習い始めると「楽しい!」と言いニコニコしながら話してくれます。その数カ月後にはたくさんのお友だちを連れて、紹介してくれました。学ぶべき時期に、学ぶべき事は子ども自身が吸収します。「お友だちできたね」と言うと嬉しそうでした。子どもは「できたね」と認めて貰える事が自信となります。小さなできた体験を重ねましょう。

誰から学ぶか、誰と学ぶか。同じ習い事でも人が違えば、学びも変わるもの

初めは苦手でも、気の合うお友だちと一緒だったことでできるようになった経験は、大人でもあるもの。逆に好きなことでも、環境や仲間が合わないとつまらなくなってしまう場合もあります。学びは循環します。相互作用によって補い合いながら人間的な成長と共に続けるうちに上達するなど。きっかけは様々ですが子どもは学ぶべき時期に、身につけるべき力を養って一歩一歩進んでいけるのです。1つの目的にとらわれ過ぎない事も大切です。

今日の1日1成長

子どもの習いごとの目的を一つに限定しない。何を得られたかに着目しよう
子どもの吸収力も1成長、お母さんの寛容力も1成長。
國枝愛実(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!