Baby&Kids

兄弟姉妹を平等に見られない。それぞれの個性を受け止めよう

vol.768【1日1成長お母さん】子どもの性格は様々。個性に合わせた接し方ができていれば大丈夫

理想の子育てにこだわり過ぎず、自然の流れに身を委ねることも大切です

兄弟姉妹みんな自分の子どもなのに、どうにも合わない子っているかもしれませんね。“どうしてもこの子だけは可愛いと思えない”そんな自分の気持ちに気付いた途端に“みんな平等に見てあげなくてはいけない”と思い始めます。すると常に自分の接し方が気になり“平等に接する事ができているか”に囚われて自然な関わり方が出来なくなります。そんな自分を責め「母親失格」と知らぬ間に自分へ暗示をかけてしまう場合もあるのです。

子どもを観察しましょう。それぞれの子どもにある得意なことは何ですか?

子どもの性格と自分の性格が、合わないことを気にするとどこかぎこちない感じになります。そのため会話が減り、不自然になってしまうのです。合わないなと気になるときは、子どもの様子を観察しましょう。行動の取り方が自分と似ていた。または同じ出来事に対し全く正反対の反応を示す、など発見があるかもしれません。違いを知る事は、個性を認める第一歩。認める事は相手を理解しようとする気持ちにも繋がるでしょう。

正反対だからこそいざというときに助け合える。得意なことを伸ばしましょう

似た感覚を持つ者同士は居心地がよく安心できる存在ですね。逆に正反対の感性の持ち主は、自分にない気付きを与えてくれます。どちらも時に力となってくれるでしょう。観察して気付いた子どもの個性や得意なことを伸ばしてあげましょう。自己主張の強い子は発言力があります。おとなしい子は人に優しくできるし、やんちゃな子は行動力に優れ、責任感が人一倍あるのも特徴。子どもの行動を見ていると才能も見えるのです。

子どもが楽しみながら自然とやれていることこそ才能。自信を持たせよう

誰かに指示される事なく、自ら好きでしている事があれば、それはぐんぐん伸びるでしょう。自分でやりながら腕を磨き、工夫を加えて更なる追求をしていくでしょう。子どものやる気を引き出すには、好きなことを思う存分やらせます。すると、自ら考え行動できる子に成長します。「自分はこれならできる!」と思える事がある子は自信に満ちています。子どもに「こんなこともできるのね」と関心を示すような言葉をかけてあげましょう。

今日の1日1成長

平等に接する事ができているかではなく、性格に合った接し方をしましょう
子どもの表現力も1成長、お母さんの観察力も1成長。
國枝愛実(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!