Baby&Kids

子どもの「やりたい!」に柔軟に対応し、責任感を育てよう

vol.780【1日1成長お母さん】家事は手を抜くくらいがちょうどいい。子どもは意外とできる

お母さんも困惑!?忙しい時間帯の子どもの“やりたい”にイライラする事も

3歳くらいになると自分でできることも増え、手先も器用に使えるようになります。お母さんの行動をよく観察しているため、洗濯物を畳んだり洗い物などのお手伝いをやりたいと言うようになります。もちろん完璧にできないので、お母さんがやり直すことになり余計に時間がかかります。忙しい時間帯だと「また今度手伝ってね」などと言い、自分で早く片付けてしまいたいですよね。家事に時間をかけてしまうと、子どもと遊ぶ時間がなくなってしまいます。

お手伝いに失敗はつきもの。子どもはお母さんを困らせたい訳ではない

3歳の女の子Mちゃんはお手伝いが大好き。朝ご飯のときは毎日牛乳を飲むので、自分でコップに注ぐのですが上手くできずこぼしてしまいます。床が汚れてしまい忙しいお母さんはイライラしながら掃除をしています。子どもは失敗を繰り返しながら成長します。やらせてあげたいのですが、仕事が増えてしまってはお母さんは困ってしまいます。せっかく着替えた服まで濡らしてしまい、また着替えるとなると出かける時間に間に合わなくなってしまいます。

子どものお手伝いは上手く出来るようになることより、やり遂げることが重要

お手伝いは子どもが初めて人のためにする仕事。「やりたい!」と言うようになったらとことんやらせてあげましょう。完璧にできる必要はありません。この時期を過ぎると他のことに興味が移ってしまいます。ですのでなるべく子どものやる気に答えてあげましょう。"床を汚したら拭く"ことを教え、最後までやり遂げさせると責任感が育ちます。「こぼしたらどうする?」などと質問をし、布巾を洗って干すまでをセットにして教えることで、お母さんは仕事を一つ子どもに任せることが出来ます。

自立への第一歩。子どもの貢献心と責任感は“お手伝い”で育てる

子育てのゴールは子どもを自立させ、社会に送り出すこと。お手伝いは人に貢献し喜んでもらう重要なステップです。ですのでとことんお手伝いをさせましょう。忙しくて時間がない時は「今日はこれだけお願い」と役割分担するなどの工夫をします。そうすることでお母さんもイライラする事なく、子どものやる気に答えることが出来ます。そして最後まで片付ける習慣を身につけ責任感を育てることで、“お手伝い”を一緒に楽しむことができます。

1日1成長お母さん

「お手伝い」は社会で貢献するための第一歩。やる気を受け止めましょう
子どもの興味力も1成長、お母さんの受容力も1成長
吉田あき(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会理事長竹内エリカ(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!