Baby&Kids

失敗は意外に覚えていない。子どもの記憶は興味で蓄積されていく

vol.788【1日1成長お母さん】3歳までは興味の幅を増やすとその後、工夫や努力に変化する

発達中の子どもの記憶はスポンジ級の吸収力はある。でも持続しないのも特徴

生まれてすぐの赤ちゃんは、毎日お世話をしてくれる家族のことはなんとなく記憶しています。“なんとなく”の積み重ねや繰り返しで記憶として定着していきます。そして成長と共に記憶量が増え、持続していくには“言葉”を理解したり“時間の概念”が発達することなのです。それが少しずつ定着するのは3歳以降になってから。なのでそれまでお母さんが子どもの言動を見て「どうして毎日同じことばかりやらかすのかしら」「昨日も言ったじゃない!」と嘆く必要はないのです。

毎度同じことで失敗する子どもは“記憶力の差”ではなく“興味の差”の違い

人が記憶することのできる容量はもともと決まっていて、訓練などでその量を増やすことはできません。でも、もともとの量を最大限に活用できるかどうかで記憶力に差が出ると言われています。子どもが生まれながらにもっている記憶力を最大限に生かすための一番のポイントは“興味をもつこと”です。早期に“しっかりとしつけなければ”と意気込むよりも、子どもがどんな分野に大きな興味を示し、どの分野は苦手としているかよく観察する時期に最適です。

長期記憶にするためには“繰り返す”そして興味の分野を大切にすること

子どもの興味は千差万別です。例えば電車が好きな男の子が様々な車種の名前をスラスラ憶えて言えるようになるのは実にシンプルに“大好きだから”です。大好きだから昼夜問わず電車図鑑を見たり、模型おもちゃを触ったりしているからです。そして一過性ではなく繰り返しているからなのです。このように子どもの記憶は“興味があることを繰り返す”ということで記憶力として蓄積されているのです。

失敗した事柄に興味を持てるように工夫する。楽しい!は持続する

しつけをする際に、お母さんのペースや視点で子どもに強制してもその効果が表れないのは興味の差なのです。それならば、毎日小言のように言い続けるよりも興味をもてるように工夫するのが最善です。そして興味の内容によって記憶力が変わるならば、逆に子どもが嫌悪感を抱いて興味をもてなくするのはもったいない。ならば3歳くらいまでは観察期にして、しつけや習慣は子どもの興味を活用して短期集中で教えてあげればいいのです。

今日の1日1成長

興味で持続する記憶力を最大限に活かせるのは3歳以降。しつけに活かそう
子どもの記憶力も1成長、お母さんのアプローチ力も1成長。
森みきこ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!