Baby&Kids

様々な気持ちを味わった男の子こそ思いやりのある子へと成長する

vol.810【1日1成長お母さん】友だちに意地悪されることも、優しい子になるのに必要な経験

5歳は優しい子になるチャンス!そのために必要なのは想像力をつけること

子どもには思いやりのある優しい子になってほしいですよね。それでも「優しい子になってね」と言うだけでは、なかなか難しいもの。子どもはそのように言われても具体的にどうしたらいいのか分からないこともあります。優しい子になるためには、必要な能力があります。それは想像力です。子どもは相手の気持ちを想像できるようになると、共感して労わることができます。優しい子になるには5歳がチャンスです。人の気持ちを想像する力は5歳くらいに育つからです。

絵本やごっこ遊びで、楽しみながら想像力を高めることができる!

想像力を育てるには、絵本を読んであげたり、ごっこ遊びをすることがお勧めです。絵本では登場人物に自分の気持ちを投影することができます。ごっこ遊びでは自分以外の存在になりきることができます。このように楽しみながら想像力を育み、共感する力を高めることができます。しかし男の子は女の子よりも人の気持ちを察するのが苦手な傾向にあり、絵本やごっこ遊びだけでは充分でない場合もあります。

男の子は楽しい気持ちや悲しい気持ちなど様々な体験をベースにして共感する

女の子は経験のないことでも人の気持ちを察することができますが、男の子は自分の体験をベースにして共感します。男の子が人の悲しい気持ちを察するには、自分も悲しい体験をする必要があります。友だちのつらい気持ちに共感するには、自分もつらい体験をする必要があります。子どもがお友だちと遊んでいると楽しいと感じることが多いでしょう。しかし、ときには仲間外れにされたなどの悲しいこともあるでしょう。このような様々な経験から、男の子の共感する力が育ちます。

できることなら経験してほしくないようなことが、優しい子になるために必要

「今日ね、A君に意地悪されたんだ」などと聞かされると、子ども以上にお母さんが傷ついてしまいますよね。「もうA君とは遊ばないで」なんて言いたくもなるかもしれません。でもこんな経験こそが優しい子になるのに必要なのです。お母さんは「悲しかったのね」と子どもの気持ちを言葉にしてあげて、ぎゅっと抱きしめてあげてください。7秒以上抱きしめることでオキシトシンというホルモンが分泌され、子どもの傷ついた心を安心させることができます。

今日の1日1成長

つらいことも必要な体験。こんな時は子どもを7秒以上抱きしめてあげよう
子どもの共感力も1成長、お母さんの見守り力も1成長。
田中京子(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!