出典:「un jour de soleil -山梨のカリグラファー・フォトスタイリスト- Powered by Ameba」

Lifestyle

ルームフレグランス使ってる?香り&デザインよしのおすすめ集

皆さんは、ルームフレグランスを使っていますか?今や、さまざまなタイプが登場し、気軽に香りを楽しめるようになっていますよね。今回は、そんなルームフレグランスの魅力に迫ります。スティックタイプやスプレーなどタイプによる違いを知ることで、より香りを日常の中で楽しめるようになるはず。おすすめの香りについても場所別に紹介しているため、ぜひルームフレグランス選びの参考にしてみてください!

■実は奥が深い「ルームフレグランス」の世界

今や私たちの日常に身近なルームフレグランス。皆さんにもきっとお気に入りの香りがあることでしょう。

実は、ルームフレグランスというのは、さまざまなタイプがあり奥深いアイテムでもあります。香りの違いだけでなく、持続性、見た目など違いに注目して選ぶと、より一層楽しむことができるはず。今回は、ルームフレグランスの種類、おすすめの香り、上手く使うコツについて詳しくご紹介しましょう!

■ルームフレグランスの種類

ルームフレグランスにはさまざまなタイプがあります。まずは、それぞれの特徴を見てみましょう!

出典:「Indian Summer cafe* Powered by Ameba」

・スティックディフューザー
香り付きのオイルを入れたボトルにスティックを挿して使うタイプ。放射状に広がったスティックにオイルがしみ込むことで、空間に香りが拡散されます。香りの強さは、スティックの本数を変えることで調節できます。

・スプレータイプ
スプレーボトルにフレグランスウォーターが入っているタイプ。プッシュ量で香りの強さを調節することができます。

・アロマオイル
アロマオイルをアロマポットやアロマディフューザーに垂らして香りを拡げるタイプ。オイルそのものが部屋中に行きわたるため、香りを強く広範囲に拡げることができます。

・お香
お香たてを使って焚くことで香りを拡げるタイプ。香りとともに、かすかな煙も出ます。アロマオイルやお香は火を使うため、その温かさやほのかな明かりにヒーリング効果もあると言われています。

・サシェ
小さな布製の袋にハーブなどを入れて香りを楽しむタイプ。持ち歩くと虫よけの効果もあると言われています。

・アロマワックスバー
“ワックスバー”とは板状のキャンドルのこと。蜜蝋とワックスにアロマオイルを合わせて固めたものを言います。固めるときにドライフラワーなどで装飾を楽しむこともできます。

■場所別のおすすめの香りは?

ルームフレグランスというのは、香りの種類だけでなく、香りの強さや広がり方、サイズ感なども見ながら置き場所を決めるのがおすすめ。ここからは、場所ごとにおすすめの香りをご紹介しましょう!

【玄関】

・”爽やかな香り”でさりげなくお出迎え

出典:「*只今、我が家の整理整頓中*working mama life Powered by Ameba」

まるで香水のように香る柔軟剤が人気を集める『Laundrin(ランドリン)』は、アロマディフューザーも話題です。こちらは、一番人気の「クラシックフローラル」。上品で優雅な香りが特徴です。ボトルも香水瓶のようでかわいいですね。玄関に置いておいても気にならないデザインです。

・オシャレなスプレーで手軽に香り付け

フランス生まれの『DIPTYQUE(ディプティック)』は、香水の本場ならではの奥深い香りが魅力。
”オレンジの花”という意味の「フルールドランジェ」という香りは、シトラスの香りを、ゼラニウムやオレンジブロッサムの花の香りがふわっと包み込むような爽やかな香りです。来客の前に玄関に一吹きしておけば、訪れた人に「あ、いい香り!」と感じてもらえることでしょう。

【寝室】

・ラグジュアリーな香りでリラックス効果を

ドラッグストアや薬局でも取り扱いのある『Sawaday香るStick』の「PARFUM」シリーズは、まるで香水のような香りとボトルデザインが人気です。
「パルファム・ノアール」という香りは、高級感のあるオリエンタルな香りが特徴です。ブラックのボトルも大人な雰囲気。バニラやサンダルウッド、ローズやジャスミンなどを織り交ぜた甘さと華やかさのある香りが、寝室をリッチな癒しの空間へとグレードアップさせてくれることでしょう。

・スパのような心地よさを香りで演出

出典:「化粧品大好き Powered by Ameba」

スキンケア用品で女性たちから高い支持を得ている『Aesop(イソップ)』。その独特の心地よい香りには、ファンも多いです。そんな『Aesop』から、ホームケア用品も販売されていることはご存知でしょうか?
こちらは、3種類展開されているルームスプレーの中の「オロウス アロマティック ルームスプレー」という香り。シトラスの香りにシダーやカルダモンのアロマの香りが合わさって、まるで高級スパのような香りを楽しむことができます。

【トイレ】

・小さなサシェがオシャレに香る

トイレのような狭い空間には、小さなサシェがおすすめ。フレグランスとしての役割はもちろん、インテリア雑貨として空間をオシャレに見せてくれます。
麻の小袋に乾燥したローズマリーを入れて麻の紐でしばって置くと、消臭効果が期待できます。まさにトイレにピッタリですね!

・華やかなアロマワックスバーでかわいく♡

出典:「東京・池袋・転写紙販売☆ポーセラーツ ガラスフュージングサロンHitomiKirari Powered by Ameba」

華やかなアロマワックスバーはトイレの中に吊るしておくだけで、空間のアクセントに。さりげなく香るアロマの香りも、トイレのような狭いスペースにぴったりです。
こちらは、ポーセラーツサロンのブログで紹介されていたハンドメイド作品。香りはもちろん、色、花の配置など自分の好きなようにアレンジできるところが楽しいですね。

【リビング】

・大容量ボトルで隅々まで香りを感じられるように

出典:「 .+ 2018 baby girl + Moka’s Fam Life +. Powered by Ameba」

リビングに置くなら、大容量のスティックボトルがおすすめ。こちらは『Francfranc(フランフラン)』で購入したというルームフレグランス。
「ホワイトサボン」の香りは、甘くて優しい香りが男女問わず人気も高いです。部屋の広さに合わせて、香りの強さを調節できるところもうれしいポイントです。

・好感度抜群の香りは来客時にもOK!

出典:「maico's room Powered by Ameba」

お客さんが集うリビングは、万人受けする香りをセレクトするというのも大切なポイントですよね。こちらの『Dr. Vranjes (ドットール・ヴラニエス)』は、フィレンツェ発祥のフレグランスブランド。
高品質のエッセンシャルオイルを詰め込んだガラスボトルは、お部屋のインテリアにもおしゃれにマッチします。こちらは「ARIA」(空気)という香り。朝露を思わせるようなフレッシュなシトラス系の香りが漂います。

・手作りスプレーボトルはお気に入りの香りで…♡

リビングには、思い立ったときに一吹きできるルームスプレーも置いておくといいでしょう。
お手製のルームスプレーで香りを楽しむのもいいですよね。
必要な材料は、精製水と無水エタノール、お気に入りのアロマオイルのみ。混ぜるだけで完成です。自分の好きなアロマオイルがあるという方は、スプレーにすることでもっと気軽に香りを楽しめるようになります。ぜひ試してみてください!

■ルームフレグランスの上手な使い方とは?

・使用期間は?

商品によって、置く場所によって、香りが続く期間はさまざま。ただ、目安として2週間~1年間と言われています。

・香りを長持ちさせるコツは?

香りというのは、いったん弱まってしまうと再び強くすることはできません。
少しでも香りを長くキープするためには、
・風の通り道に置かない
・スティックタイプの場合、スティックを射しすぎない
といった方法があります。また、市販品はハンドメイドのものと比べると、モチが良いものがほとんどのようです。

・香りが足りないと感じたら?

「香りが弱い…」と感じても、すぐに買い替えるのは早いです。まず、スティックタイプの場合は、スティックをさかさまに挿し直してみましょう。
オイルがしっかりと浸み込んだ部分が上にくることで、香りが強く感じられることがあります。

■コスパのいいおすすめルームフレグランスは?

ルームフレグランスは、消耗品。香りをずっと楽しみ続けるためには、頻繁に買い替えなくてはなりません。そこで今回は、安い材料で楽しめる、コスパのいい方法をご紹介しましょう。

100円均一ショップ『Seria(セリア)』のボトルと詰め替え用のスティックフレグランスがあれば、すぐにおしゃれなルームフレグランスができます。
作るときのポイントは、スティックの長さ。調節するときは、ボトルの大きさに対して短くカットしすぎないようにしましょう。

■有名ホテルの香り!高級ルームフレグランス

ここからは、ホテルなどで使われている高級ルームフレグランスブランドを見てみましょう!

・『Malie Organics』

ハワイの大自然から生まれたオーガニックブランド『Malie Organics(マリエオーガニクス)』は、ハワイの高級ホテル「ロイヤルハワイアン」や「ハレクラニ」のアメニティとしても使用されています。
人気の香りは、ハワイアンレイのような花の香りを連想させる「プルメリア」。南国リゾートのような香りをお部屋で楽しみたいときには、おすすめしたいブランドです。

・『CULTI』

出典:「un jour de soleil -山梨のカリグラファー・フォトスタイリスト- Powered by Ameba」

イタリアのフレグランスブランド『CULTI(クルティ)』は、数々のホテルでアメニティとして使用されています。香りのラインナップは13種類。瑞々しい森林の香りやフルーティーな果実の香り、海の深層をイメージしたエキゾチックな香り…など、独特の世界観に虜になる人も多いです。
中には、日本の煎茶をイメージした「THE」という香りも。世界中で愛されるベストセラーフレグランスを、あなたのお部屋にも取り入れてみてはいかがでしょうか。

■ヒーリング効果のある香りを日常の一部に…

香りというのは、人間の記憶や感情に密接に結びついていると言われています。つまり、良い香りに包まれて生活するということは、私たちの心身にとてもいい影響を与えるということ。
自分の住まいをより癒される空間にしたいというときは、ぜひ理想のルームフレグランスを探してみましょう!

引用文献
「Indian Summer cafe* Powered by Ameba」
「*只今、我が家の整理整頓中*working mama life Powered by Ameba」
「化粧品大好き Powered by Ameba」
「東京・池袋・転写紙販売☆ポーセラーツ ガラスフュージングサロンHitomiKirari Powered by Ameba」
「 .+ 2018 baby girl + Moka’s Fam Life +. Powered by Ameba」
「maico's room Powered by Ameba」
「un jour de soleil -山梨のカリグラファー・フォトスタイリスト- Powered by Ameba」

kopei

2015年生まれのゴキゲンな息子のママです。自分に合った美白&保湿ケアを追求中。安くて優秀なコスメ探しが大好きです♡
【Instagram】pkboo000

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp