Baby&Kids

自分でできる子?手がかかる子?3歳が運命の分かれ道!

vol.831【1日1成長お母さん】「自分で!」と言いだしたら、子どもが自立へと向かうチャンス

子どもは「自分で!」と言い出す時期が必ずきます。成長過程のひとつです

子どもは3歳くらいになると、何かと自分でやりたがるようになります。お母さんが洗濯物を干したりしているのを見て「○○ちゃんもやるの!」と言ったり、服を着させてあげようとすると「自分で着る!」と言ったりしますね。喜ばしい成長ではあるのですが、お母さんは「正直ちょっと面倒だな」なんて感じてしまうこともあるでしょう。子どもがやると時間が掛かってしい、後でお母さんがやり直さないといけないからです。

子育ての最終目標は子どもを自立させること。3歳は自立へのスタート!

子育ての最終目標は子どもを自立させることです。お母さんはいつまでも子どものそばにはいてあげられません。子どもが自分の力で生きていけるように育ててあげることこそが子育てです。2歳までは子どものお世話をしてあげることが多かったでしょう。3歳からはお世話だけでなく、自立に向けてのサポートをしていく時期に入ります。3歳の子が何でも自分でやりたがる時期を発達心理学で“自立期”といいます。この時期を逃さない対応をしていきましょう。

子どもが「自分でやりたい!」と言い出す時期はこの先何度もやってこない

子どもが自立に向けて「自分でやりたい!」と言うことには、可能な限りやらせてあげることが大切です。1分1秒が大切な朝に「自分で靴を履く」と言われたら、「Aちゃんがすると遅くなるから、お母さんがするよ」と手を出したくもなります。でもここはグッとこらえて子どもが靴を履くのを待ってあげてください。自立期に「自分でやりたい」と言うことを十分にやった子は自分のことは自分でするのが当たり前になり、その後の子育てがとても楽になっていきます。

家庭内でお母さんの役にたっている!という経験がさらに自立を加速させる

逆にこの時期にやりたいことを充分にできなかった子は依存的になったり、何がしたいのかが分からない、やる気のない子になってしまう恐れがあります。忙しいお母さんは、子どもが「やりたい」という度にやらせてあげるのは難しいかもしれません。そんな場合は朝はやらせてあげられなくても、夕方はやらせてあげるなど工夫をしてみてください。そのときは時間が掛かりますが、小学生になる頃には手が掛からないどころか、家事の即戦力になってくれる可能性も大いにあります。

今日の1日1成長

子どもが「やりたい」と言ったことは、可能な限りやらせてあげよう
子どもの自立力も1成長、お母さんの忍耐力も1成長。
田中京子(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!