出典:@ mr_gng_ekhs_tjrさん

Baby&Kids

成長に合わせて使いまわせる子ども服の選び方!公園コーデ編

秋は外遊びの季節!そんなときに知っておきたい、長く使える子ども服の選び方(公園コーデ編)を教えます。ワンシーズンしか着られないなんてもったいない!公園に出かけて、子どもたちを元気いっぱい遊ばせてあげましょう♡

◆「長めレギンス」を成長したら9分丈や7分丈で穿かせる

出典:@ rururu814さん

レギンスは伸縮性があるので、キッズが公園で活発に動くのにピッタリ!
しかし、ジャストサイズを買うのはもったいないと考えているママもいるのでは?
長めのレギンスをフルレングスで穿かせておいて、身長が伸びたら9分丈や7分丈サイズで穿かせましょう。
レギンスなら折り返しても裾が重くなることもありません。
大きめのトップスにレギンス合わせは、おしゃれな女の子の公園コーデにピッタリですよ♡

◆「オーバーオール」なら背が伸びても肩ひもや裾折りでサイズ調節可能!

出典:@ mr_gng_ekhs_tjrさん

キッズが着るとなんとも言えないかわいさがあるオーバーオール。かわいいだけじゃなく、サイズ調節できるという点でもおすすめのアイテムです。
通常、キッズのボトムは裾を折り曲げてサイズ調節しますが、あまり何重にも折り返すのは見た目が良くないですよね。それにジーンズの裾を何重にも折り返していると、裾が重くてずり下がってくることも…。
オーバーオールなら、肩ひもを調節し、それでも微調節が必要なら裾を少し折り返してあげれば大丈夫!

◆「ワンサイズ上のシャツ」を羽織として使い、来年はインナーとして使おう

出典:@ mr_gng_ekhs_tjrさん

日中と朝夕で気温差がある秋。日中は暑いくらいに元気に動き回っていても、夕方になって急に冷え込むなんてことも…。
そんなときのために、羽織ものは必要ですよね。
厚手のアウターまでは必要ないこの季節、ワンサイズ大きいシャツを持っておけばアウターとして活用できます。
翌年はアウターではなく、シャツとしてジャストサイズで着用すれば良いですね。
mr_gng_ekhs_tjrさんのようなデニムシャツなら、公園コーデもおしゃれにきまります♡

◆サイズ調節できる「ハット」や「キャップ」を使いまわし

出典:@ yagigigi1234さん

秋も日差しが強い日があります。帽子を長い期間使うなら、やはりサイズ調節できるものを選ぶと良いでしょう。
ハットタイプやキャップタイプがサイズ調節できますよ。
そして、小物なら兄妹でお下がりとして使うこともできます。どちらかの性別に偏らない、ユニセックスなデザインがおすすめ。

◆「マジックテープつきスニーカー」なら少し大きめでもつめてはける

出典:@ _shiro9さん

足のサイズも変わりやすい子ども。おしゃれな靴を買ってもすぐにサイズアウトしてしまう…。
スリッポンタイプは子どもが一人でもはきやすいですが、ジャストサイズでないと脱げやすいのが悩みですよね。
それなら、ベルト部分をしっかり絞めることができるスニーカーを選べば多少大きいサイズを購入しても大丈夫。
ベルトでしっかりホールドしておけば、ふいに脱げることもなく長く使うことができます。

◆長く使えるアイテムを上手に使っておしゃれに♡

おしゃれで気に入っているものほど、長く使いたいですよね。キッズアイテムを購入する際は、長く使えるアイテムかどうかという視点も含めて選んでみましょう。
その際には、ご紹介した選びかたを参考にしてみてくださいね♡

しろ

雑貨屋勤務の経験もある雑貨好き♡時間を見つけてはインスタでおしゃれなインテリアを見るのが楽しい時間。子ども3人に振り回されながらも、快適に暮らせるようアンテナをはって情報収集しています。
【Instagram】_shiro9

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!