Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

0歳から2歳に経験する学ぶ力は、未来の夢を掴む力になる

vol.841【1日1成長お母さん】いくつになっても子どもの関心を学ぶ力に変えるサポートをしよう

将来、子どもが主体的に楽しく学ぶ力を幼児期から育んであげることができる

自分が何をやりたいのか?大人になっても熱中できるものを掴める人は強いパワーを持っています。そんな学ぶ力は興味や関心から始まり、好奇心や探求心と自ら学ぶ姿勢になっていきます。子どもが今、関心のあることや熱中できることを通して学ぶ力を育んであげましょう。今できないことに無理やり向かい合うよりも、興味を入り口に子どもの能力を伸ばす経験になっていくはずです。

赤ちゃんは安定した生活環境の中で様々なことに興味を示し始めます

生まれて初めて見るこの世界は赤ちゃんにとっては何でも初めての世界。何かを確かめるように、触ったり舐めたり叩いたりと研究します。そんなときに不衛生だから、危ないからやめさせなければと焦ってしまうこと、お母さんならありますよね。でもそれらの探求が、赤ちゃんのやる気や集中力を養っているのです。室内を子どもの目線で整えて、お母さんが側で見守りながら自由に活動できる機会を与えてあげましょう。

幼児期においては0歳から2歳が学ぶ力を集中的に身につける時期です

“好奇心”“やる気”“集中力”を赤ちゃんなりに繰り返しながら深く理解をしていくことは、学びのサイクルであり子どもの能力を引き出す大切な時間です。これは対象を替えながら、子どもが大きくなっても学ぶ力として発揮されます。その楽しさを知るといくつになっても子どもの研究は続きます。それが形を変えて将来の熱中できることを生みだしていくのです。幼児期、自由に活動できる安全な環境がそれをサポートします。

赤ちゃんの感情と脳を心地よく刺激すると、のちに好奇心となってあらわれる

0歳の赤ちゃんの感情と脳の発達は著しく、とても重要な時期です。お母さんが心地よい刺激を与えてあげることで発達を促します。ただ待つだけで発達するのではなく、お母さんがしっかりと抱いてたくさん話かけてあげましょう。赤ちゃんが関心を示すものや、うれしそうにするものを観察してスキンシップや会話でコミュニケーションをとります。子どもがいくつになっても年齢に合わせ、好奇心を学ぶ力にするサポートをしてあげましょう。

今日の1日1成長

お母さんの意識とサポートで、子どもの好奇心を学ぶ力に変えていく
子どもの挑戦力も1成長、お母さんの適応力も1成長。
さわどあさみ(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp