Baby&Kids

将来は発明家?好奇心旺盛なわんぱくな子ほど、将来有望です

vol.852【1日1成長お母さん】子どもの強い衝動性をプラスに活かせば、実行力のある子に育つ

わんぱくな子は悪い子ではありません!他の子より好奇心が少し旺盛なだけ

元気でわんぱくな子どものお母さん。いつも子どもの行動から目が離せないのでは?目を離した隙にどこかへ行ってしまう、お友だちとケンカになっているなどお母さんは心配でいつも気は休まりません。では、わんぱくな子は悪い子なのでしょうか?いいえ、悪い子なんていません!大人にとって都合の悪い「時」があるというだけです。幼稚園など集団生活では、衝動性のある子の対応に先生が振り回されて困るなんてことはよくありますよね。

性格は家族構成やしつけだけでなく、生まれ持った個性も関係しています

子どもの性格は育った環境で決まりますか?しかし、どうしても環境だけでは説明できない扱いにくい子も中には存在します。これが「気質」というもので、生まれ持った個性なのです。「衝動性」の気質を持つ子どもは、わんぱくで親の声が耳に入らないときがあり好奇心旺盛で落ち着きがないと言われることも。こうした気質は一見、ワガママで言うことを聞かないように見られてしまい、お母さんは謝ってばかりなんてこともあります。

やってみたい衝動が止められない!やりたいことは注意しつつ自由にさせる

わんぱくタイプの子は、「やってみたい」の衝動が抑えられない行動派です。考えるよりも行動が先行します。段ボールを見つけた瞬間に工作を始めるなど、夢中で作っているので、お母さんの声も聞こえません。一見何の意味もないような工作ですが、これには意味があり、試行錯誤しながら実験を繰り返しているのです。ただ遊びっぱなしになるのもこのタイプの特徴です。お片付けも教えてあげることで整理整頓が身につくでしょう。

怒られ過ぎると自信を無くします!1日に何度も怒ることは控えましょう

大人から叱られることが多々ある衝動的で行動派の子は、二重三重で叱られてしまうことがあります。幼稚園で先に先生から注意を受けた日には、お母さんがお家で同じ内容を繰り返さないようにしましょう。一度注意を受けているのですから、抱きしめてあげるなど違うアプローチの愛情をかけてあげるのがお母さんの役割です。1歳、3歳頃は大変ですが、知恵のつく9歳を過ぎた辺りから驚くほど落ち着いて優しい子になるのも特徴です。ずっと大変な時期が続くわけではないので、いたずらをしても今はたくさんの実験をしている時期だと寛容な気持ちで受け止めましょう。

今日の1日1成長

わんぱくな子には「ダメ」を言い過ぎず、スキンシップを大切にしてあげよう
子どもの自己肯定力も1成長、お母さんの愛情力も1成長。
わたなべみゆき(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!