Baby&Kids

子どもの小さな失敗はこだわらずに未来の問題解決力を磨こう

vol.861【1日1成長お母さん】お母さんと一緒に問題解決を学ぶ体験を3歳4歳からしていこう

失敗は経験の1つ。問題解決できる能力を身につけさせてあげよう

子どもの小さな失敗は、長い目で見たら人生の小さな経験の1つです。ですが目の前で見ているお母さんには、一大事のように映ることもしばしばあります。危険なことや迷惑をかけるようなことでなければ、その時に子どもが“どう考えて”“どう行動するか”の方が今後の人生にとって大切なスキルになっていきます。小学校に入ってから忘れ物をした時も、それに対して自分がどうやって解決するか考えられることが貴重なことです。

結果が不十分でも自分で解決できたことを認めてあげる言葉をかけてあげよう

トイレに行くタイミングが少し遅れて、手前でぬらしてしまった3歳のMちゃん。前はただ泣いてお母さんを呼ぶことしかできませんでした。今は1人でぬれた服を脱いで着替え「お母さん失敗しちゃった」と伝えてくれます。着替えた服がパジャマだったり、ぬれた服が置き去りだったりしますが大きな前進です。ただ泣くだけからお母さんと一緒に問題解決することを体験し、今はここまで1人でできるようになりました。

3歳で自立心を育み4歳で具体的な問題解決の方法を考えられるように導こう

3歳の時期は自分でなんでも「やりたい!」というので、時間がかかります。お母さんもやらせる方が面倒なことが多いですが、この時期にやりたいことをやらせてあげ、失敗したら責任を取るをセットで教えてあげましょう。そして4歳では自分のやりたいことをどうしたら実現できるか考え、工夫できるような自立を目指します。起こる問題に対して「どうしたい?」と尋ねてあげましょう。どうしたらいいかを考える習慣になります。

どんな時も自分で考えて行動できる力は、将来社会を生き抜くスキルになる

問題にぶつかったとき、すぐに手を出さず考えることを促す声をかけましょう。目の前の状況に対して「どうしたい?」「どうしたらいい?」で考え行動する経験を重ねると本人の自信になります。時にもっといいやり方があるかもしれません。そんな時はできたことは認め、お母さんからも「~してみるのはどうかな?」と提案してみます。子どもの考える幅や理解が深まります。考える習慣が自ら問題解決する力、そして感情のコントロールにも繋がっていきます。

今日の1日1成長

問題解決への具体的な行動を「どうしたい?」で考える習慣にしよう
子どもの問題解決力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
さわどあさみ(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!