Facebook Twitter Instagram

出典:@ko8yacさん

Lifestyle

にゅうめんレシピ!人気10選。めんつゆで作る基本から和洋中アレンジまで

そうめんをあたたかいつゆや出汁で食べる「にゅうめん」。手軽に作れるうえ、つるっと食べられて体もほっこりあたたまるため、寒い冬はもちろん、冷房で冷えた夏の体にもぴったりのメニューです。
味つけも和風・中華風・洋風などバリエーション豊富!お肉や野菜、卵などさまざまな食材と相性がよいため、味つけや加える具材によって多種多様なアレンジを楽しむことができます。

今回はそんな、にゅうめんのおすすめレシピをチェックしてみましょう!


■にゅうめんについて、詳しく知ろう!

まずはにゅうめんそのものについてや、にゅうめんにおすすめの具材をご紹介します。

・にゅうめんとは?そうめんと何が違うの?

出典:photoAC 写真はイメージです

にゅうめんとは、そうめんの食べ方のひとつで、あたたかいつゆや出汁で食べる料理のことを指します。全国的に知られている料理ですが、奈良県で発祥した郷土料理のひとつ。 漢字では「煮麺(煮る麺)」と書き、その字の通りそうめんを熱い汁で煮込むことが名前の由来と言われています。
にゅうめんは冷たい状態で食べるそうめんより麺がとてもやわらかいので、幼児など小さい子どもでも食べやすい点も特徴のひとつです。

・にゅうめんにおすすめの具材は?

出典:photoAC 写真はイメージです

にゅうめんはさまざまな食材と相性良好!
ヘルシーなにゅうめんを食べたいときには、野菜やきのこを加えてみましょう。また、卵でかきたま汁にするのもおすすめです。
ボリュームのあるにゅうめんを食べたいときは、鶏肉やひき肉などのお肉をプラスしてみましょう。そうめん自体の味が淡白なので、牛肉・豚肉・鶏肉なんでも合います。
ボリュームを出しつつヘルシーにしたい場合は、鱈などの魚を加えてもOKです。

次は、めんつゆを使った基本のにゅうめんレシピから、洋風・中華風・アレンジにゅうめんのレシピを紹介します。

■簡単!めんつゆで作るにゅうめんレシピ

出典:photoAC 写真はイメージです

万能調味料1位とも言われるめんつゆを使えば、出汁をとらずとも簡単ににゅうめんが作れちゃいます。基本の作り方を紹介しましょう。

まずはめんつゆを指定の倍率に希釈し、鍋で温めておきます。そこへ茹でたそうめんを入れ、温まる程度に煮込んだら完成!そうめんを茹でる間につゆをつくれば、2分もあればできちゃう超簡単スピードレシピです。ほんだしなどの和風だしをひとつまみ入れると、より出汁の風味が際立ちおいしく仕上がります。

一番のポイントは、そうめんをつゆと別で茹でておくこと。
そうめんを茹でたあとのお湯は見た目が濁っていますし、とろみがついているため、そのまま味つけすると少しぼやけた味になってしまいます。少し面倒ですが、麺は別茹でするのをおすすめします。

写真のように生姜や三つ葉、かまぼこをのせてもいいですし、エビやお肉、人参やネギなど彩りになるものや、冷蔵庫のあまりものをのせてもよし。ぱぱっとできてサッと食べられるので、朝ご飯にもおすすめのらくちんメニューです。

■出汁×梅しそトッピングで夏にぴったり!さっぱりにゅうめん

出典:大量消費!アレンジ自在!そうめんの人気アレンジレシピ @mika_623さん

夏の暑さで食欲がないときにおすすめなのが、にゅうめんに大葉と梅干しをトッピングしたさっぱりそうめん!胃にも優しい一品です。冷たいそうめんだと体を冷やしてしまうので、体を温めたいときにもおすすめ。時間がないときにぱぱっと作れる手軽さも魅力的です。

■定番の和風味にゅうめんは出汁にこだわりトッピングでアレンジ

出典:大量消費!アレンジ自在!そうめんの人気アレンジレシピ @rie.mo.suさん

「にゅうめんはやっぱり和風味でほっとしたい!」という人へのおすすめは、シンプルにゅうめんにトッピングをプラスするレシピ。
作り方は、削りぶしで丁寧に出汁をとったにゅうめんにとろろをトッピング。小皿で明太子・万能ねぎ・梅干しを薬味として添えれば、一杯でいろいろな味を楽しめるにゅうめんに♡
シンプルな和風味だからこそ、丁寧に出汁をとるのがポイントです。出汁をとる時間がないときは、市販の白だしを使ってもおいしく作れますよ。

■あったか&お肉のつけ汁で食べる夏バテ予防にゅうめん

出典:photoAC 写真はイメージです

あたたかいつゆや出汁を上からかけるにゅうめんもよいですが、あたたかいつけ汁にそうめんをつけて食べるにゅうめんもおすすめです。豚肉やオクラなどの具材がたくさん入ったつけ汁を作れば、食べ応えも栄養面もばっちり!
また、余ったそうめんを再び煮込まずににゅうめんとして食べられるお手軽レシピでもあります。

■旨みと栄養たっぷり!豚となすのぶっかけにゅうめん

出典:大量消費!アレンジ自在!そうめんの人気アレンジレシピ @ipekingggさん

こちらは@ipekingggさん作の、豚となすのぶっかけにゅうめんです。豚肉となすをプラスすることで満足感たっぷりの1杯に♡
シンプルな出汁もおいしいですが、豚肉を加えるとお肉のうまみが出汁に溶け込み、より味わい深く仕上がります。

■ピリッとした辛みがGOOD!酸辣湯風にゅうめん

出典:@ko8yacさん

@ ko8yacさんは、酢っぱ辛い酸辣湯(サンラータン)風のにゅうめんにアレンジ。ピリッとした辛みとほどよい酸味で食欲も増しそうですよね♡
作るのが難しそうなイメージがありますが、めんつゆ・お酢・ラー油を組み合わせれば簡単に作ることができちゃいます。お酢とラー油は最後の仕上げにかけるのがポイントです。

■中華だしを使ってラーメン風にゅうめん

出典:photoAC 写真はイメージです

鶏ガラスープの素や中華だしを使って出汁を作り、ねぎやチャーシュー・わかめ・メンマなどをトッピングすれば、簡単にラーメン風にゅうめんが完成!
ラーメンよりもさらっと食べることができて麺もやわらかいので、小さな子どもにも喜ばれるメニューになりそうですね。

■野菜もたっぷり摂れる洋風アレンジにゅうめん

出典:@m_mackey_yさん

意外や意外、にゅうめんはコンソメスープとの相性も良好なんです。オリーブオイルでにんにくとベーコンを炒め、お好みの野菜とコンソメスープ、溶き卵を加えれば栄養たっぷりの洋風コンソメにゅうめんに♡
野菜もたっぷり摂れるため、栄養バランスもばっちり!コンソメ味なら、子どももたくさん食べてくれるかもしれませんね。

■ヘルシーなのに濃厚でおいしい!豆乳担々麺風にゅうめん

出典:週3でも飽きない!?ゆうこりん流そうめんアレンジ【夏号ピックアップ】

こちらは豆乳・中華だし・味噌・オイスターソース・しょうゆ・砂糖・練りごま・塩こしょうで作った出汁に、ひき肉で作った肉みそとねぎ、ほうれん草をトッピングした坦々風にゅうめんです。ふつうの担々麺より豆乳ベースなのでカロリーは控えめ。しかし出汁はコク深く、満足感の得られる1杯です。
豆乳に含まれるイソフラボンは美容にも効果的なので、ママのランチにもぴったりですね!

■味噌ベースの出汁でコク&味わい深い仕上がりに

出典:@ひかりみそさん

にゅうめんと味噌は相性抜群!味噌・白だし・めんつゆで作った出汁にそうめんとお好みの具材を加えて煮込めば、コク深い味噌味がおいしいにゅうめんのできあがり!
また、わざわざ味噌出汁を作らなくても、余ったお味噌汁にそうめんを具材にしてにゅうめん風にアレンジするのも、手軽でおすすめですよ。


■アレンジ豊富なにゅうめんレシピで身も心もほっこり

身も心もほっこりあたたまるにゅうめんのおすすめレシピをご紹介しました。麺自体の味が淡白だからこそ、さまざまなアレンジを楽しむことができるにゅうめん。ぜひ食事メニューのレパートリーに取り入れてみてくださいね♡

たってん

プチプラコスメ&ファッションが好きな子育てママです。コスメやファッションの日々の情報収集が何よりの楽しみ!休日は家族みんなでDIYも楽しんでいます♪

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

Instagram @mamagirl_jp