Lifestyle

砂糖の保存、正しくできている?コツは密閉・乾燥だった!おすすめ容器も

お菓子作りや煮物、酢の物など、さまざまな料理に欠かせない”砂糖”。ただ、どんな保存方法が良いのか、どんな保存容器を選べばいいのか…と悩んでいる人もいるでしょう。また、使おうと思ったら容器の中でカチカチになっていた、という経験をしたという人もいるのでは?今回は、意外と知らないかも?な砂糖の正しい保存方法や、どんな保存容器があるかを調べてみました。

料理によく使う砂糖について、あなたはどこまで知っていますか?正しい保存方法や保存容器といっしょに、他の人がどのように保存しているかについても調べてみましたので、最後まで必見です!

■砂糖は密閉容器、もしくは密閉袋で保存してサラサラをキープ!

出典:pixabay

砂糖は、サラサラとしている状態が理想。しかし、時間の経った砂糖がカチカチになってしまうというのもよくあることです。固まってしまう原因は、主に乾燥によるもの。
もともと固まりやすい性質を持つ砂糖には、製造する中で糖液という液体でコーティングする過程をはさんで、固まりにくくしているんです。
しかし、砂糖が乾燥することで、その糖液の水分が失われてしまうことに…。結果、砂糖が固まりやすくなり、カチカチになってしまうのです。

つまり、サラサラの状態をキープして固まらないようにするためには、湿度変化を避けることが重要なポイント。砂糖が乾燥してしまわないように、密封容器や密封袋に入れて保管するようにしましょう。

また、砂糖がもともと入っている袋も密閉されているものではありません。移し替えて袋にあまった砂糖も、袋ごとでよいので密閉容器に入れて保存することをおすすめします。
しっかり密閉された容器や袋で保存すればサラサラの状態がキープしやすくなる他、ダニなどの虫がわいたり、アリがたかったりすることもないはずですよ!

■砂糖を保存する場所は?常温でも大丈夫?

出典:筆者撮影

砂糖は、常温保存でOK。保管する場所は、湿度変化の少ない冷暗所がおすすめですが、冷蔵庫での保管はあまりおすすめしません。
理由はふたつ。冷蔵庫内は乾燥しやすいため、先ほども説明したように乾燥することで固まりやすくなるからです。もうひとつは、扉の開け閉めでの温度変化や、庫外で放置することで容器に結露がついてしまい、砂糖の劣化や溶けだしの原因になるから。

以上のことから考えると、密閉容器で冷蔵庫以外の冷暗所で保管するのが好ましいでしょう。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE