Facebook Twitter Instagram

出典:@ moeno0323さん

Beauty

2018AWは囲みメイクがトレンド♡カラーやアイテムの選び方は?

2018年の秋冬は、「囲みメイク」ブームが再燃。数年前に流行ったようなギャル風メイクではなく、大人の女性にぴったりの上品であか抜けたアイメイクが人気です。ただ、目の周りを囲むとなると「ケバくなりそう…!」という人も多いかもしれませんね。そこで今回は、メイク上手さんたちの最新アイメイクをご紹介。カラー選びやアイテム選びに迷ったときは、要チェックです!


■囲みメイクが気になる!

まずは、「囲みメイクってどんなメイク?」という方のために、その魅力をお伝えしますね!

・囲みメイクって何?

出典:@ t_h_h_tさん

囲みメイクというのは、アイシャドウやアイライナーを使って、「目の周りを囲むメイク」のこと。グルっと全体を囲むこともあれば、目尻にポイントを絞って囲むこともあります。

・囲みメイクが再来?!

囲みメイクと言えば、「懐かしい…!」「昔ハマってたなぁ…」という人も多いです。それもそのはず、ひと昔前の派手なギャル系ファッションには欠かせないメイク方法でした。最近ではメイクもファッションも”ナチュラル”が主流のため、「ケバいメイクは古い」「私には似合わない」と思われがち。昔は囲みメイクを楽しんでいたけれど、今は「派手なメイクは卒業!」という人も多いのではないでしょうか?

しかし、実は2018年秋冬のトレンドとして、再び「囲みメイク」が再燃中!ただ、昔の囲みメイクとはちょっと変わった”進化系”の囲みメイクなんです。メイク方法は、次でご紹介しますね。


■「最新囲みメイク」の方法

ひと昔前のギャルメイクのように見えてしまうと、2018年の囲みメイクとしては失敗。今っぽく見せるコツを伝授します!

出典:Pixabay

・アイライン&アイシャドウで囲む方法

まず、アイシャドウから。二重幅よりも少し広めにぼかすようにのせていきましょう。目の際からアイホール全体に向かってグラデーションを作るように拡げていくのがコツです。
そして、アイライナーで目を囲んでいきます。このとき、あまり太くひかないことがポイント。太すぎるとキツい印象になり、ひと昔前のメイクになってしまいます。
もし、もともと目が大きくて派手な雰囲気になりやすい人には、ブラウンのアイライナーがおすすめ。自然に馴染みやすくなりますよ。

・アイシャドウで囲む方法

囲みメイク初心者には、アイシャドウだけを使ったメイクがおすすめ。アイシャドウパレットの締め色を、アイライナーの代わりとして使います。アイシャドウだけだとぼやけた印象になりやすいため、深みのあるカラーを使うようにすると一気に締まり、大人っぽくきまります。

・一重さんはどうすればいい?

キリっと切れ長の目元がクールな印象になりやすい一重さん。トレンドの囲みメイクは、よりそのクールな印象を際立たせ、きつく見せてしまうこともあります。そのため、アイライナーはラインをしっかりと引くのではなく、まつげの間を埋めるように点々と引きます。アイシャドウもダークカラーではなく、明るいカラーでソフトに仕上げるのがおすすめです。

・囲みメイクはパンダ目になりやすい?

目の周りをアイシャドウやアイライナーで囲むメイクは、時間が経つにつれて崩れてしまい、気づいたらパンダ目に…ということにもなりかねません。長時間、きれいな囲みメイクをキープしたいなら、「メイク前にまぶたの油分をしっかりととる」「アイシャドウ下地を使う」「クリームタイプのアイシャドウで密着度を高める」という方法がおすすめ。ぜひ、試してみてくださいね。


■2018年秋冬におすすめの囲み目メイク

ここからは、2018年秋冬に取り入れたい囲みメイクをご紹介。カラーや使うアイテムを変えるだけで、雰囲気もさまざま。その日の気分に合わせていろいろと楽しんでみましょう♡

・モードなブラックアイライナーでかっこよく!

出典:著者撮影

黒色のアイライナーを上下のインラインにひくことで、クールな印象に。目力を強く引き出す目元は、華やかなパーティーシーンにもおすすめです。アイシャドウを使わない分、アイライナーもラメ入りのものを選んでツヤをプラスしてもいいですね。

・シルバーラメ×ネイビーで透明感を演出

出典:@ acoyopepe さん

ネイビーは2018年秋冬のトレンドカラー。目元の透明感をアップさせてくれるカラーでもあります。シルバーラメのメタリックな輝きと合わせれば、まるで宝石のようなリッチな雰囲気に。秋冬に人気の出るモードなファッションとの相性もいいですね。

・赤みピンクでセクシーな血色感を

出典:@ acoyopepeさん

赤みピンクとピンクベージュが、このメイクのメインカラー。秋らしいくすみ感をプラスしつつ、じわっとにじみ出るような”血色感”を演出。セクシーで印象的な目元に見せてくれますね。腫れぼったい目にならないように、陰影をつけながらぼかしていくのがポイントです。

・くすみピンクカラーの複数使いで立体的に

出典:@ acoyopepeさん

アイライナーやアイシャドウは、どれもくすみ感のあるピンク系カラー。ワンカラーで囲むのではなく、微妙に色合いを変えることで立体感のある仕上がりになります。深みのある上品カラーは、秋冬の大人かわいいメイクにぴったり。特にバーガンディーカラーは要チェックです!

・くすみオレンジでヘルシーな秋メイク

出典:@ moeno0323さん

オレンジ系のアイシャドウを使った囲みメイク。秋冬には、すこしくすみ感のある”柿色”のようなオレンジを使うのがおすすめです。眉の色合いやヘアカラーとも馴染みやすいオレンジは、囲みメイク初心者でも抵抗感なく試せるでしょう。ただ、目元がくすんで見えすぎることもあるため、ラメやパールで輝きをプラスするのも忘れずに。

・ブラウン×ピンクで王道のナチュラルメイク

出典:@ 02kaoringo04さん

ベースにパールピンク、上下まぶたにライトブラウンを使ったナチュラルな囲みメイク。上品な人気カラーの組み合わせは、オフィスメイクにもおすすめです。シンプルに見えますが、複数のカラーを重ねることで深みもプラス。オシャレな大人の女性に見せてくれるメイクです。

・キュートな魅力を引き出すピンクアイライン

出典:@ t_h_h_tさん

ピンクのアイライナーで目を囲むと、キュートな雰囲気に。ラインを太くしすぎると奇抜な印象になりやすいため、細く引いてさりげない仕上がりにするのがポイント。下まぶたにピンクカラーを入れると、瞳の潤み効果もあります。

・神秘的なパープルラメで大人の高級感を

出典:@ moeno0323さん

微細ラメの入ったパープル系のアイシャドウを薄く引くことで、派手になりがちな囲みメイクも上品な仕上がりになります。パープルも今年のトレンドカラーのひとつ。シンプルにワンカラーだけでも、今っぽい目元に見せることができます。


■繊細なツヤとカラーの囲みメイクでメイク上手に!

最新の囲みメイクは、ツヤ感やグラデーション、色の重なりが魅力。中でも、秋冬のファッションを引き立てるくすみ感のあるカラー、グリッターやラメの入ったコスメは要注目です。慣れないうちは、シアーな色づきのアイシャドウでさりげなく囲むだけでOK。今年の秋冬は、トレンドをおさえたオシャレな目元でお出かけしてみませんか♡

kopei

2015年生まれのゴキゲンな息子のママです。自分に合った美白&保湿ケアを追求中。安くて優秀なコスメ探しが大好きです♡

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp