出典:@yuyu_tttr.rkさん

Lifestyle

お弁当にサラダをプラス☆デイリーから運動会用までレシピを紹介

お弁当を食べるときにサラダをいっしょに食べたいときってありますよね。だけど、コンビニなどでサラダを買うと結構高いんです…。そんなとき、サラダをお弁当といっしょに持って行けば、節約にもつながります。また、カラフルな野菜の彩りが、お弁当をよりフォトジェニックにしてくれる効果も!この記事では、お弁当にプラスしたい簡単サラダメニューをレシピとともにご紹介。運動会用のサラダも合わせて紹介します。

日頃の野菜不足を補ってくれる強い味方のサラダは、毎日のお弁当にも積極的に取り入れたいメニュー!痛んだりしないの?どうやって作るの?など、お弁当のサラダについてをここで勉強していきましょう!

■お弁当にサラダを持って行くときに注意したいこと

サラダをお弁当に入れて持って行くときは、鮮度に気をつけましょう。特に暑い季節は食材が傷みやすくなり、適切に保冷しないと食中毒を起こす危険性も。
ここでは、サラダの傷みを防ぐための工夫を紹介します。

・野菜の水分をよく切る

出典:筆者撮影

野菜に水分がついたまま容器に入れると、痛みやすくなるだけでなく、ドレッシングがなじみにくくなったり、水っぽい食感になったりする原因になります。レタスなど水洗いした野菜はよく水気をきり、キッチンペーパーでよく拭き取りましょう。
画像のような「サラダスピナー」を活用するのもおすすめ☆中が二重構造になっており、内側のざるに野菜を入れて高速回転させることで、水気を一気に吹き飛ばすことができる便利アイテムです。

・腐りやすい食材を選ばない

出典:photocAC

マヨネーズやタルタルソースなどのドレッシングは、卵の成分を含んでいるため、痛みやすい素材です。サラダをお弁当として持って行く際は、ドレッシングはなるべく別容器に入れ、食べる直前まで保冷剤で冷やしておきましょう。

・殺菌作用のある食材をプラスする

出典:photocAC

サラダの中に、殺菌作用のある食材を入れるのもおすすめです。青じそやパセリ、セロリなどの香味野菜は、天然由来の殺菌成分を含んでいるため、鮮度キープに役立ちますよ。

・保冷剤や抗菌シートを入れる

出典:photocAC

特に暑い季節にお弁当を持ち歩く際は、保冷剤の使用はマスト!さまざまな形、大きさの保冷剤が市販されているので、お弁当容器に合ったものを使用しましょう。あわせて、お弁当容器の中に抗菌シートを入れたり、ランチバッグも保冷タイプのランチバッグを使用したりすると、より効果的です。
ただ、保冷剤を入れたとしても、過信は禁物!持ち歩き時間はなるべく数時間程度にとどめ、早めに食べるようにしましょうね。

■お弁当に持って行きたい!おすすめの簡単サラダレシピ

ここからは、お弁当にプラスしたいおすすめのサラダレシピをご紹介!彩りもよく、野菜がたっぷり食べられますよ☆

・レタスを使った簡単レシピ グリーンサラダ

出典:photocAC

レタスなど緑色の野菜をメインにした、定番サラダです。プチトマトや千切りにしたニンジンなどをアクセントに入れても◎!

<材料>
緑の野菜(レタス、ルッコラ、アスパラ、スナップエンドウ、小松菜など)
塩(またはハーブソルト) 適量
エキストラバージンオリーブオイル 適量

<作り方>
1.レタス、ルッコラはよく洗い、水気を拭き取って適当にちぎる
2.アスパラは5cm幅に切り、スナップエンドウはスジを取り除く。小松菜は食べやすい大きさに切る
3.2の野菜をさっと塩ゆでし、水気をきる
4.野菜をすべて合わせ、塩とオリーブオイルであえる

・キャベツを使って混ぜるだけの簡単コールスローサラダ

出典:photocAC

キャベツとニンジンのシャキシャキした食感が楽しめるサラダ。酸味のあるドレッシングがよく合います☆

<材料(2人分)>
キャベツ 200~250g
ニンジン 1/2本
塩・砂糖 各小さじ1/2
ドレッシング
 マヨネーズ 大さじ1
 プレーンヨーグルト 大さじ1
 酢(またはレモン汁) 大さじ1
 砂糖 小さじ1/2
 コショウ 少々

<作り方>
1.キャベツとニンジンは千切りにし、塩、砂糖をまぶして5~6分おく
2.1がしんなりしたら、水気を絞る
3.ドレッシングの材料を合わせ、2に混ぜ合わせる

・前日に作り置きできるから朝はラクちん!ポテトサラダ

出典:mamagirl2018春号

たくさん作って冷蔵庫にキープしておくと便利なポテトサラダ。傷みやすいので保冷はマストです。夏場は殺菌効果のあるカレー粉を加えて、カレー風味にするのもおすすめです☆

<材料(作りやすい分量)>
ジャガイモ 中3個
ニンジン1/2本
タマネギ 1/2個
キュウリ 1/2本
ウインナー 2本
酢 小さじ2
砂糖 ひとつまみ
塩コショウ 少々
マヨネーズ 大さじ3

<作り方>
1.キュウリはスライスし、塩もみする。ニンジンはいちょう切りにし、レンジで加熱する(600Wで1分半程度)
2.ジャガイモは皮をむき、ひと口大に切って600Wのレンジで3分加熱。一度取り出して全体を混ぜ、再度2分レンジにかける。熱いうちにマヨネーズ以外の調味料を加えてまぜ、全体を粗くつぶしておく
3.タマネギとウインナーを薄切りにし、軽く炒めてから2に混ぜ合わせる。最後に1とマヨネーズを加えて混ぜ、全体をなじませて完成

・スプーンで簡単に食べられるチョップドサラダ

出典:@_namnamobento_さん

チョップドサラダとは、野菜を小さく刻んで、スプーンなどで食べられるお手軽サラダのこと。見た目もかわいくて食べやすいので、まさにお弁当にぴったりのサラダなんです☆

<材料>
きゅうり
ニンジン
ダイコン
カニカマボコ

<作り方>
1.材料をそれぞれダイス状にカット
2.容器に入れて完成

写真は、@_namnamobento_さんのかわいくておいしそうなお弁当。写真には見えていないですが、下のほうにはダイコンも入っているそう☆ドレッシングはコンビニで売っているような小分けのものを持って行き、食べる直前にかけて混ぜて食べるのがおすすめです。見た目もカラフルで栄養満点!食べやすいので、お弁当に野菜をたっぷり食べたい人は真似してみては?

■運動会におすすめのお弁当サラダレシピ

子どもたちの活躍が見られる運動会に持っていくお弁当。サラダが入っていると栄養面でも彩り面でも、お弁当のレベルがグーンとアップしますよ☆
ここでは、運動会のお弁当に入れたい、サラダレシピをご紹介します。

・彩りがとっても鮮やか!紫タマネギのマリネ

出典:mamagirl2018年秋号

きれいな紫色が映えるマリネサラダ。写真のように透明なサラダカップに入れると、見た目もカラフルで汁もれしないのでおすすめです。

<材料(2人分)>
紫タマネギ 1/2個
レモン 適量
酢 小さじ2
砂糖 小さじ2
塩 少々

<作り方>
1.タマネギはスライスして水にさらし、辛みをとる
2.レモンはいちょう切りにする
3.1の水気をきり、調味料とレモンであえて一晩おく

・子どもが喜ぶ麺を使った ラーメンサラダ

出典:@yuyu_tttr.rkさん

子どもが大好きなラーメンとサラダを合わせたラーメンサラダなら、野菜が苦手な子どもでもたくさん食べてくれそうです。@yuyu_tttr.rkさんの写真のようにかわいい容器に入れれば見た目もとってもおしゃれで、周りの人に羨ましがられそうですね♡

<材料>
市販の冷やしラーメン
サニーレタス
きゅうり
ミニトマト
うずらの卵
鶏のささみ
(分量は全て適宜)

<作り方>
1.冷やしラーメンの麺を茹でたあと、しっかり冷やして水気を切る
2.鶏のささみは湯がくかレンチンして火を通し、食べやすい大きさにさいておく
3.野菜もそれぞれ食べやすい大きさにカットする
4.カップにはじめに麺を入れ、その上に野菜やささみを彩りよく入れたら完成

@yuyu_tttr.rkさんは、胡麻ドレッシングを持って行き、食べる直前にかけていただいたそう☆ドレッシングは好みのものを選んでもよさそうですね。

・切るだけお手軽!スティック野菜サラダ

出典:@kurashi_sana_mymさん

運動会でみんなで食べるようなお弁当は、手で手軽に食べられると便利ですよね。@kurashi_sana_mymさんのお弁当は手で食べられて、作るのも野菜をカットするだけと超簡単な手順!料理が苦手な人も挑戦しやすいですよ☆

<材料>
きゅうり
ミニトマト
大根
ニンジン
(その他お好きな野菜で)

<作り方>
1.野菜を洗ってしっかり水気を切る
2.食べやすい大きさにカットして詰めたら完成

出典:@kurashi_sana_mymさん

@kurashi_sana_mymさんは、写真のディップソースをいっしょに持って行き、野菜につけて食べたそうです。ドレッシングも小分けになったものを選ぶことで、持ち帰るものが少なくて済みそうですね☆

・温野菜サラダで見た目も栄養もバッチリ!

出典:@songbird3113さん

生野菜のサラダもおいしいですが、温野菜を使うことで、より栄養も彩りもバッチリなお弁当を作ることができますよ☆

<材料>
カボチャ
ミニトマト
レンコン
ブロッコリー
ヤングコーン
パプリカ
エリンギ
(その他お好きな野菜で)

<作り方>
1.野菜を洗ってしっかり水気を切る
2.火を通す野菜は、蒸すかレンチンでしっかり火を通す
3.容器に詰めてしっかり冷やして完成

一度冷蔵庫などで冷やして、しっかり冷ましてからお弁当として持って行くのが痛みにくいポイントです。@songbird3113さんは、別のタッパーでソースを持参してバーニャカウダのようにつけていただいたそう☆

どのサラダも、野菜を変えてバリエーションを増やすことができそうなものばかり。他にもレシピが気になるという人は、レシピサイトを見たり、殿堂入りレシピを探してみてお気に入りのサラダを見つけてみてくださいね。

■お弁当のサラダに添えたい!手作りドレッシングレシピ

市販品のサラダドレッシングもおいしいけれど、ときにはオリジナルのドレッシング作りに挑戦してみませんか?「ドレッシングがない!」というときも、きっと役立ちますよ。

・ドレッシングを持っていくときのコツ

出典:筆者撮影

ドレッシングは、食べる直前までサラダとは別容器で保存することをおすすめします。最近は100均などでも、ドレッシング用のミニ容器が販売されているので、そうしたグッズを活用するとよいでしょう。
画像のサラダ容器は、ふた部分にドレッシング入れが組み込まれているタイプ。こんな容器があれば、持ち運びも楽ですね。

・おすすめドレッシングレシピ1:シーザーサラダドレッシング

出典:photoAC

あの人気ドレッシングも、意外と簡単に手作りできます!好みでチューブにんにくを1cmほどプラスすると本格的な味わいになりますよ。

<材料(2人分)>
マヨネーズ 大さじ2~3
酢(またはレモン汁) 大さじ1
粉チーズ 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1

<作り方>
1.ボウルにすべての材料を合わせ、よくかき混ぜる
2.サラダには食べる直前にかける。好みでクルトン、粉チーズをトッピングする

・おすすめドレッシングレシピ2:りんご酢とオリーブオイルのドレッシング

出典:photoAC

りんご酢のさわやかな酸味が楽しめる、ヘルシーなドレッシングです。

<材料(2人分)>
りんご酢 大さじ2
オリーブオイル 大さじ2
塩 小さじ1/4
砂糖 小さじ1/2
コショウ 少々

<作り方>
1.オリーブオイルに塩、砂糖を加えて混ぜる
2.りんご酢を加え、全体がなじむまでよく混ぜ、コショウで仕上げる
※時間がたつと油分が分離するので、よくかき混ぜてからサラダにかけましょう

■カラフルサラダで、お弁当をもっとかわいくヘルシーに☆

出典:筆者撮影

お弁当にプラスしたい、おすすめのサラダと手作りドレッシングをご紹介しました。素材やドレッシングを変えるだけで、サラダのレパートリーは簡単に増やせます!鮮度にしっかり気をつけて、野菜たっぷりのサラダを楽しんでくださいね♡

たってん

元気でやんちゃな男の子2児の母。プチプラコスメやファッション、グルメ情報を集めるのが大好き。最近はアンチエイジングコスメにも興味深々!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]