Baby&Kids

落ち着きがない子のお手伝いは「しなさい」より「よーいドン!」

vol.897【1日1成長お母さん】ゲーム感覚で競争すると、子どもの意欲がぐんぐん伸びる

落ち着きがない我が子にイライラ。注意ばかりではお母さんのストレスに

なんだかいつも落ち着きのないKちゃん。椅子に座ると必ず手足をバタバタしたり、お買い物で歩くとスーパーのBGMに合わせて踊りだしたり。陽気で楽しいのですが、お母さんは困っています。「いつもこの調子で気分がすぐによそに行ってしまうのよね。お手伝いもろくにできなくて」すぐに気が散ってよそ事をしてしまうので、お母さんはいつも「ほらまた違うことしてる!」と注意ばかりなのだそう。

落ち着けない訳ではなく、自分の気持ちにとても素直に反応するだけ

落ち着きがなくて常に体が動いているタイプの子は体の感受性が高く、感情が体の表現に直結しがちです。だからお母さんとのお出かけが嬉しいと歩きながら踊ってしまうし、楽しそうだな、と思ったことにはすぐに飛びついてしまう傾向があります。ある意味とても素直で分かりやすいのです。ですがきちんと振舞ってほしい時やお手伝いをしている最中などでも急に別のことに興味が移って動き出すので、お母さんが困る場合があるのです。

楽しいことが大好き!「よーいドン!」で競争すると俄然やる気を発揮する

そんな場合は「ちゃんとしなさい!」と注意するより、お手伝いそのものをゲームにしてしまうのが効果的です。このタイプの子は楽しく体で実感できることが大好き。お手伝いも体で「できた!」と実感できるようにすると楽しく取り組めます。おすすめは「よーいドン!」タイマーを用意してお母さんと競争するのも良いでしょう。昨日より早くできた、タイマーがなる前に終わった、などと体感できることで、意欲がぐんぐん育ちます。

体で覚えると集中力が育つ。自主性に繋がる感覚を「よーいドン」で育てよう

楽しいことが大好きなので、競争もあくまでもゲーム感覚でするのがポイントです。スピードを体感すると「これは何分くらいでできる」と体で理解しますので、集中できる時間も伸びます。集中力が伸びると自分で取り組む意欲がますます高まり、良いスパイラルができていきます。自主的に取り組むようになるためにも、お手伝いは「しなさい!」ではなく「よーいドン!」で親子で楽しく取り組みましょう。

今日の1日1成長

お手伝いは「よーいドン!」で楽しく取り組み、集中力と自主性を育てよう
子どもの集中力も1成長、お母さんの楽しむ力も1成長。
むらたますみ(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!