Baby&Kids

内気で繊細な子は感受性豊か!優しい子はゆっくり育てよう

vol.905【1日1成長お母さん】子どもには生まれつき個性がある!無理になおさず長所を伸ばそう

子どもの内気で繊細な性格を克服させたい親心。でも焦りは禁物です

内気で繊細な子を持つお母さんほど、いつも子どもの様子が気がかりになると思います。今日はお友達の輪に入れるかな?1人で寂しい思いをしていないかしら?など常に心配で子どもから目が離せないなんて事もあるかもしれません。
このままでは良くない、何とかしなければという思いから「どうしてみんなと一緒に遊ばないの?」などと質問をしてしまいがちですが、これは逆効果になるので気を付けてあげましょう。

馴染めないのではなく時間がかかるだけ!心配し過ぎないで待ちましょう

子どもの性格は環境に影響を受けると言われる事もありますが、同じ環境で育った兄弟姉妹でも性格が全く異なる事もあります。なぜなら、私たちは生まれながらにして個性を持っているからです。
もともと内気な個性をもって生まれてきた子に真逆の積極性を求めて育てるのは子どもも親も大きな負担になります。これは個性なので、良し悪しがあるものではありません。内気で繊細な子は、集団に慣れるのに時間がかかるので焦らずに見守りましょう。

感受性の強い子ほど、敏感に感じ取ります。長所にも目を向けましょう

このタイプの子は、不安を感じやすいのでお母さんの側を離れたがりません。そんな時は無理やり引き離そうとせず「大丈夫よ」と優しく声をかけ抱きしめてあげるなど、いったん不安な思いを受け止めてあげる事が大切です。
感じる力が強いタイプなので、早くから感性を磨いてあげると想像力が豊かになり相手の思いを共感できる優しい子に育ちます。違いに気づきやすいので、色や音の違いにもよく気づき、芸術的センスも育まれます。

本当はどうしたい?を見極めてあげる事が必要。手助けは状況に応じましょう

繊細な子は集団に馴染むのに時間がかかりますが、それは安心できる環境かを確かめているからです。自分が安心と思うことができれば、集団の中にも次第に入っていくようになります。
逆にお母さんが心配し過ぎると、不安が伝染してしまう事もあります。輪に入れないのではなく、入らない選択をしているだけで「今は確認中なのね」と見守りましょう。時に手伝ってあげる事も必要ですが、その時は子どもの気持ちを優先にしてあげる事を心がけてあげましょう。

今日の1日1成長

内気で繊細な子には自分のペースがある!焦らずタイミングを待ちましょう
子どもの適応力も1成長、ママの受容力も1成長。
わたなべみゆき(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!