Facebook Twitter Instagram

出典:@yagigigi1234さん

Lifestyle

キャンドゥのディスクタイプタッチペンは使い勝手が抜群!

液晶タブレットやスマホの操作に使用するタッチペン。細かい操作をするのにとても便利ですが、100円ショップの『キャンドゥ』から発売中の「ディスクタイプタッチペン」は従来のタッチペンよりも使い勝手が良く、人気の商品です。今回はその魅力や使い方について紹介していきます!


■キャンドゥのタッチペンは大人気商品

100円ショップのキャンドゥから発売されているディスクタイプタッチペンがどんなものなのか、どういった使い方をするのかについて見ていきましょう。

・ディスクタッチペンは売り切れ続出

出典:@yagigigi1234さん

キャンドゥのディスクタイプタッチペンは販売後、SNSなどを通じて人気が拡散し、一時は売り切れになる店舗が続出したほどの人気商品です。
最初に発売されたタイプは、ペンの片側がディスクタイプのタッチペン、もう片側がボールペンになっていましたが、現在発売されているものはタッチペンのみ。フタがついており、横にクリップがついています。
フタを閉めれば普通のペンとなんら変わりがないので、ペンケースに入れて持ち歩くもよし、手帳型のスマホケースを使っている人は、クリップでケースに挟んでもよし!今ではダイソーなどキャンドゥ以外の100円ショップでもディスクタイプのペンが買えるようです。

・先端に透明ディスクがついている

出典:@yagigigi1234さん

ディスクタイプタッチペンは“ディスクタイプ”と名称にあるように、ペンの先端にディスク型の透明なプラスチックがついているのが特徴です。
従来のタッチペンは、ペン先が細いものだとペン先が折れたり、ゴム製のものは先が消耗してしまったりと、強い力がかかることや強い摩擦に弱いのが難点でした。しかしディスクタイプタッチペンは、点ではなく面で画面を捉えるので力が分散しやすく、ペンの破損もしにくいのが魅力!

・イラストを描くのに最適

出典:@yagigigi1234さん

ディスクタイプのタッチペンは、ペンの軸部分とディスク部分が細いゴムで繋がっています。弾力があるので、ペンを斜めに倒しても問題なく操作が可能。従来のタッチペンは、ペンを倒しすぎると画面が反応しづらくなりますが、こちらはいくらペンを倒しても、ディスクが画面に接地している限りきちんと反応してくれます。
また、スマホでイラストを描く場合、指先やゴム製などの先の太いタッチペンで操作すると、描き始めがどこだか分からないのでうまく描けないというデメリットがありました。その点、こちらのタッチペンは先端のディスクが透明になっているので、思った場所に線を引くのが容易にできます。まさにイラストを描くのに最適なタッチペンと言えるでしょう。

・スマホが液タブにようになる!

出典:photo AC

液タブ(液晶タブレット)とは、付属のペンを使い直接液晶ディスプレイに文字や絵を書き込むことのできるタブレット端末のことを言います。
こちらはイラストなどのデジタルペイントに特化したものですが、ディスクタイプタッチペンを使えばスマホも液タブのような使い方ができるのです!スマホと液タブでは画面の大きさの差異はあるものの、ディスクタイプタッチペンを使えば紙にペンで描くようにスイスイ絵が描ける快感が味わえますよ。


■キャンドゥのタッチペンはゲーム操作も楽々

細かい操作のできるディスクタイプタッチペンは、スマホゲームにも最適です。人気ゲームの操作も難なくこなせます。

・ツムツムもできちゃう

出典:@yagigigi1234さん

「ディズニーツムツム」はスマホ向けの人気パズルゲームです。ディズニーのキャラクターをモチーフにしたぬいぐるみの「ツムツム」のかわいらしさや、単純かつ熱中できるゲームシステムが話題となり、ディズニー好きやパズルゲーム好きから多くの支持を集めています。
ゲーム内ではパズルのピースであるツムを動かすのですが、ひとつひとつが小さいため、指で操作すると目的とは違うツムを動かしてしまった…なんてことも。ディスクタイプタッチペンを使用すれば、細かい作業もしやすく、間違ってツムを動かすことも防げます。

・白猫もストレスなく楽しめる

出典:@yagigigi1234さん

本格RPGが楽しめる「白猫プロジェクト」はタップとフリックを使ったスマホならではの操作が特徴的なゲームです。指一本で簡単に操作できるのが魅力ですが、その特性ゆえに指先の繊細な動きが必要になる場面も。
ディスクタイプタッチペンなら、細かい動作もお手の物!指で画面を遮ることもないので、ノンストレスでゲームを楽しむことができます。


■タッチペンは数本持っておくと良い

出典:photo AC

タッチペンはパッと取り出せてすぐ使うことができるのが理想。使おうとするたびに探していては、タッチペン自体の使い勝手がいくら良くても探す手間がストレスになっていまいます。
スマホと液タブなど複数のガジェットで使用する場合は、台数分のタッチペンを持っておくのがおすすめです。


■ペン先が抜けてしまっても自分で修理できる

出典:photo AC

ディスクタイプタッチペンは、使っているうちにディスクとペン軸を繋ぐゴム部分が伸びたり、抜けてしまうことが稀にあるようです。その場合はペン先にゴム部分を入れ込み、ピンセットを使って内側からちょっとずつ引き込むことで修理ができます。万が一ちぎれた場合は買い替えが必要になるので、負荷をかけるような使い方や、無理矢理引っ張るような修理の仕方は極力しないように注意した方が良いでしょう。


■細かいスマホ操作はキャンドゥのタッチペンで

細かい動きが必要なスマホ操作は、キャンドゥで買えるディスクタイプタッチペンにおまかせ!指先では難しい操作も難なくこなすことができますよ。

Bukko

8歳と3歳の男の子の転勤族ママ。おもちゃ、小物、ヘアアクセサリーなど子育てに関するさまざまなハンドメイド品を多数作っています。子どもが喜ぶものづくりを追求していきたいです!似顔絵屋さんもしています♪

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp