Facebook Twitter Instagram

mamagirlより

Lifestyle

100均のすのこを使って簡単・おしゃれにDIYしよう!

すのこは、本来除湿のためや滑り防止のために使用されるものですが、アイデア次第でDIYに活用することもできます。すのこの形を活かしたDIYは、作るのも簡単です。なんと今や100均でもすのこが買える時代。今回は100均のすのこを使ったDIYについて紹介していきます。


■100均に売っているすのこって?

今やないものはないと言っていい程、100均にはありとあらゆるアイテムがそろっています。その中にはなんと“すのこ”まであるのをご存知ですか?100均に売っているすのこはどんなものなのか見ていきましょう。

出典:mamagirl2016夏号

・サイズがさまざま


100均に売っているすのこのサイズはさまざまで、一番小さいものだと20×20cmのもの、一番大きなもので40×25cmのものがあります。その中間のサイズもいくつかあり、DIYするものに合わせてすのこを選べます。

・DIYに便利


ホームセンターで販売されているすのこと比べると、100均のすのこはサイズも小さめで木の厚さも薄いですが、その分扱いやすいというメリットがあります。100均にはDIY用の板も販売されていますが、数本の板があらかじめ組まれたすのこを上手に使うことで、DIYの手間を省くことも可能なのです。
ただし100均のすのこは板の厚みがあまりないため、耐荷重もそれほどありません。あまり重いものを置くことはできないので、その部分も考慮する必要があります。

・分解もできる


すのこは数本の板を組み合わせ固定されているものですが、工具を使えば簡単に分解もできます。「幅を変えて使いたい」、「間の板を外して使いたい」というときは分解して使うのもおすすめです。


■100均のすのこを簡単に分解する方法

前述したすのこの分解方法について紹介していきます。

・準備する道具

出典:photo AC

すのこを分解するために必要な道具は、バール、ハンマー、ペンチなどです。バールがない場合はマイナスドライバーでも代用できるので、一般家庭にある工具だけで十分と言えるでしょう。

・分解方法


まずすのこの板と、板同士を繋いでいる細い板の間にバールもしくはマイナスドライバーを差し込みます。隙間に差し込むことができたら、てこの原理を利用してグリグリと板同士を離していき、完全に外しましょう。ハンマーで叩いて板同士を外す方法もありますが、きれいに分解したい場合はバールやマイナスドライバーを使うことをおすすめします。
板が外れたら、あとは板同士を繋ぐために使われている針をペンチで抜き去るだけ。100均のすのこは板が薄めな上、釘ではなくタッカーを使って針で固定されているものがほとんどなので、意外と簡単に分解できるはずです。


■すのこといっしょに購入すると便利な道具

すのこDIYに便利なアイテムを紹介しましょう。すべて100均ショップでそろえることもできますよ!

・ハンマー

出典:photo AC

ハンマーはすのこの分解にも使用でき、組み立てを行う場合にも使うことができます。ハンマーはDIYには必須のアイテムなので、もし自宅にない場合は購入しておきましょう。

・結束バンド

出典:photo AC

DIYで意外と役に立つのが結束バンド。たとえばすのこを使った棚を作る場合に、結束バンドで板同士を固定することで棚の強度を上げることができます。100均のすのこだと板が薄めな分強度に不安があるという人は、いっしょに結束バンドを購入しておくことをおすすめします。

・グルーガン

出典:photo AC

DIY女子なら持っておきたいアイテムが、グルーガンです。グルーガンは、グルースティックという樹脂を溶かして接着させる道具のこと。色つきのグルースティックも売っているので、作品のペイントに合わせて色を選ぶといいでしょう。

・ペイント用品

出典:photo AC

ペンキ、スプレーなどのペイント用品があると、仕上がりがより一層きれいに。すのこ本来の色味を活かすのもいいですが、部屋のテイストや他の家具に合わせたいのであれば、すのこといっしょに購入しておきましょう。


■すのこを使ったおすすめのDIY

すのこを使ったDIY作品の中から、特におすすめのものをピックアップ!DIYの参考にしましょう。

・本棚、絵本ラック

出典:100均収納グッズは安くて優秀!これこそ使えるアイテム10選@yumpis1225さん

すのこの下側にある足部分の板に絵本を乗せるだけで、立派な絵本ラックに!そのまま乗せるだけではちょっとした衝撃で倒れて落ちてしまいますが、アイアンバーと組み合わせれば落下防止になります。
子どものお気に入りの絵本を並べて、お気に入りを集めた本棚にするのも良さそう!

・ウォールシェルフ

出典:mamagirl2016夏号

ちょっとした小物を収納するのに便利なウォールシェルフも、すのこを使って作ることができます。フックや小さなラックを組み合わせて接着したら、あとは壁にかけるだけ。
元々あるものを組み合わせるだけなので、作るのも簡単。こまごました小物を収納しておくのにちょうどいいですよ!

・キャスターつきキッチンラック

出典:mamagirl2016夏号

すのこを棚の両側に使用したキッチンラックは、木製の箱と組み合わせることで簡単に作れます!すのこの足部分に箱を乗せて固定すれば、強度も◎。土台を作って箱を乗せるようにすれば、引き出しとしても使えます。
小さいサイズのラックであれば調味料入れとして。高さのあるラックは足にキャスターをつけて移動できるようにすればキッチンワゴンとしても使えます。
木のぬくもりが感じられるおしゃれなすのこラックは湿気にも強いので、バーベキューやキャンプシーンでも大活躍しそう!


■すのこを上手に利用しておしゃれにDIY!

すのこは板同士が固定された状態で売られているものなので、上手に利用することでとても簡単にDIY作品を作ることができます。初心者にもおすすめなので、DIY作品を作る際にはぜひ参考にしてみてください!

Bukko

8歳と3歳の男の子の転勤族ママ。おもちゃ、小物、ヘアアクセサリーなど子育てに関するさまざまなハンドメイド品を多数作っています。子どもが喜ぶものづくりを追求していきたいです!似顔絵屋さんもしています♪

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp