Baby&Kids

自分の子育てに自信がもてる!心が安定する信頼関係の築き方

vol.932【1日1成長お母さん】 頑張っているあなたからのプレゼント!親子の愛を届けよう

子どもとちゃんと向き合ってるからこそ、悩んだり落ち込んだりするもの

お母さんは家事に育児にと毎日時間に追われています。夜寝る前に今日のことを振り返り「また感情的に怒ってしまった」「また今日も時間を作ってあげられなかった」と反省し自分を責めてしまう人も多いはず。
ですが、反省ばかり思い浮かんでしまうのはちゃんと子どもと向き合っている証拠。まずは、頑張っている自分を認めてあげましょう。
反省よりも「今日も頑張った!!」と振り返るだけで自信につながります。

感情的に怒ってしまった時は、素直に「ごめんね」と言う勇気を!

子育てはうまくいかなくて当然です。イライラすることは悪いことではありません。感情的になってしまった時にどうするのか?が問題なのです。
後で後悔するのではなく、時間がたってしまったとしても「さっきはごめんね」「今度から気を付けるわ」と謝れる勇気が必要です。
親も素直になる第一歩。お母さんが謝ることで、子どもは「間違えたら謝る」ことを学びます。

どんなに忙しくてもできる“7秒抱っこ”で愛情ホルモンを感じよう

忙しいとつい忘れてしまうスキンシップ。お母さんの温もりを感じられるスキンシップは子どもの心の安定に繋がります。
キッズコーチングでは“7秒抱っこ”を提唱しています。7秒以上抱っこすることにより、愛情ホルモンである“オキシトシン”が分泌されます。
抱きしめられる側だけでなく、抱きしめる側も感じられる愛情ホルモンでお母さんも幸せな気持ちになれるのです。

親子の絆を深める!自分なりの方法で安心できる環境作りをしよう

抱きしめることも大切ですが、スキンシップが苦手な子や大きいお子さんには背中を優しく撫でてあげたり、ハイタッチ!もおすすめです。「
背が伸びたね」「字が丁寧に書けるようになったね」など子どものちょっとした変化や成長を伝えるだけで、お母さんが“関心を持ってくれている”と安心し子どもの自信に繋がります。
子どもとの向き合い方は人それぞれ。自分に合った信頼関係の築き方が必ず見つかります。

今日の1日1成長

安心が自信に繋がる。心の安定剤“7秒抱っこ”で親子の絆を深めよう!
子どもの自信も1成長、お母さんの愛情も1成長。
杉岡由香(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!