Baby&Kids

引っ込み思案な子の習い事は親子サークルから始めてみよう!

vol.937【1日1成長お母さん】新しい場所や人に慣れるまで見守って親子で楽しむ事が大切です

広場に行っても一人で遊べずお母さんにべったり!習い事なんて遠い話

引っ込み思案でデリケートな子ほど、人が多い所や新しい場所は苦手です。せっかく行った遊びの広場でもお母さんにべったりで遊ぼうとしません。「ほら!遊んでらっしゃい!」とポン!と背中を押してしまっては逆効果。
お母さんにひっついて離れない時は無理に離さず、その子のペースに合わせてあげて様子を見てあげましょう。お友だちと遊ぶ!ではなく、お母さんと広場で遊ぶ事から始めてください。

幼稚園前に体験してみよう!親子サークルで楽しむことからスタート

引っ込み思案なAちゃんは2歳になり、お母さんと親子リズムサークルに入りました。ずっと抱っこで何もやろうとしません。それでもお母さんは抱っこでリズムをとったり、抱っこで踊ったり楽しそうに体験しました。
Aちゃんは回をこなすごとに楽しさを感じ、少しずつお母さんと離れ一人で出来るようになってきました。無理強いせず、その子のペースでゆっくり体験することにより一人でできる事を増やしていくと自信に繋がるのです。

繊細なデリケートさんは優しい子。個性を受け入れ向き合えば強みが見える

子どもの生まれながらにもつ個性をキッズコーチングでは“気質”と言い、5つのタイプに分類しています。
繊細で引っ込み思案な子は“デリケートタイプ”です。敏感で些細な為すぐ泣いてしまい、新しい環境に中々馴染めないところがあります。お母さんがそれを理解し「ゆっくりでいいのよ」と個性を受け入れることで子どもの自信に繋がります。
人は誰にでも強みがあります。敏感ですが少しの変化でも感じ取れる優しい子です。

「これなら負けない!これが好き!」自信に繋がる何かを見つけよう

デリケートタイプは見た目とは異なり、自分の能力が発揮できる環境では大きな夢を持ち努力を惜しみません。予測脳も優れている為、計画的に前に進みます。弱そうに見えても強い意志があり、芯がしっかりしてるのです。
デリケートタイプは「感覚優位」と言われており、繊細な色合いや音の違いにも敏感です。芸術家や音楽家にも多いタイプです。「これなら負けない!これが好き!」を見つけてあげると自信に繋がるのです。

今日の1日1成長  

引っ込み思案な子は親子で体験できることからその子のペースで楽しもう!
子どもの社会性も1成長、お母さんの受容力も1成長。
杉岡由香(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!