Facebook Twitter Instagram

mamagirlより

Lifestyle

お花見の人気料理が大集合!ピクニック映えもばっちり☆

寒い冬が終わり、暖かくなったらお花見シーズン。友だちや家族と連れ添ってお花見を計画している人もおおいのではないでしょうか?みんなで集まって春ピクニックをするなら、気になるのがお弁当や料理のレシピ。
今回は、お花見に行く前にチェックしておきたいお花見料理のレシピをご紹介します。定番レシピから技ありメニュー、フォトジェニックな料理まで、いっしょにチェックしていきましょう!

■お花見に持っていく料理!どんなものがいい?

出典:mamagirl2018春号

「お花見に持っていく料理はどんなものがいいの?」いざ、お花見!となったとき頭をよぎるこの疑問、お答えしていきましょう!

・お花見するみんなで食べるから、分けて食べられるもの

お花見する人数にもよりますが、持ち寄りするならとにかく大皿料理がおすすめ。ひとりひとりそれぞれの料理よりも、分けて食べられるものなら大人数でもみんな満足できそう。さらに見た目も豪華で、パーティー映えするのもうれしいポイントです。

・屋外で食べることを考えて!冷えてもおいしいもの

お花見シーズンは気温も高く、過ごしやすい日が多いもの。でも、持ち込んだ料理は屋外で管理するので、冷えてしまうことが予想されます。
温かい食べ物よりも、冷めてもおいしいものをチョイスするのがベター。もし温かいまま食べたいなら、保温容器を使うのがおすすめです。

・食べやすいものをチョイス!サンドイッチや骨つきチキンなど

お花見料理で考えたいポイントは「食べやすさ」。お箸やナイフ・フォークを持ち込んでもいいけれど、手でサッと食べられるサンドイッチやおにぎりはみんなも気軽につまめますよね。
骨つきチキンも持ち手があるので、食べやすい料理。食べやすさを考えて料理を作ると、お花見が盛り上がること間違いなしです。

■迷ったらこれ!定番のお花見料理レシピ

まずは、お花見料理の定番レシピについて見ていきましょう。

・定番だけど簡単!サンドイッチ

出典:mamagirl2018春号

定番お花見料理といえばサンドイッチ。サッと手軽に食べられるので、屋外で遊びながらランチも叶えられる優秀料理です。
作り方のポイントは「断面をキレイに」そして「ハムを増量させること」。こうすると、いつも通りのサンドイッチもおしゃれに見え、ハムのピンクカラーでお花見感も増しますよ。ぜひ試してみてくださいね。

・キッズ受けも抜群のてまり寿司

出典:mamagirl2018春号

こちらはてまり寿司。カリカリ梅や花びらの形にカットしたハム・チーズをトッピングして、かわいく仕上げています。お花見にお寿司を持っていくと豪華見えしますが、「食べにくくなりそう…」と不安に思う人もいますよね。
てまり寿司にしあげたら、食べやすさもバッチリ。見た目もかわいいので、キッズ受けもよいでしょう♡

【3種のてまり寿司】(2人分)
材料
A.
たらこ…1/2腹
入り卵…適量
ご飯…お茶碗1杯分

B.
カリカリ梅…小6個
桜の塩漬け…2本
ご飯…お茶碗1杯分

C.
ハム…1/2枚
スライスチーズ…1/2枚
ご飯…お茶碗1杯分

作り方
1.Aのたらこは薄皮を取りのぞき、ご飯に混ぜる。たらこ飯を半分にして、ラップで包み丸くにぎる。ラップを外して、いり卵を上にのせる。
2.Bのカリカリ梅は種を取りのぞき、みじん切りに。ご飯に混ぜて半分にしてラップで包み丸くにぎる。ラップを外し、塩抜きした桜を飾る。
3.Cのハムとチーズは花形に抜いて、丸めたご飯2個の上に飾る。

■簡単!手間なしだけどおいしいお花見レシピ

出典:mamagirl2018春号

次は、手間をかけずにお花見映えする料理をご紹介します。

・パーティーには欠かせない!ピンチョス

出典:mamagirl2018春号

スペイン料理のピンチョス。お花見だけじゃなくホームパーティーや毎日の食卓にも登場する料理ですが、簡単にできてパーティー感も増すので、お花見にもってこいの料理。
作り方はピックと食材だけを使います。材料を薄くスライスして、クルクル丸めてピックでとめると完成!
ピックはお花見にちなんで花型のものや、キャラクターデザインを選ぶと見た目も華やかに。ぜひ試してみてくださいね。

・ジャーにフレッシュ野菜を入れるだけ!ジャーサラダ

出典:mamagirl2018春号

みなさんはアメリカ発のおしゃれな料理、ジャーサラダをご存知ですか?用意するものはサラダの材料とお好みのドレッシング、メイソンジャーのたったこれだけ。
ジャーの中にサラダの材料を入れて、ドレッシングもあわせて持っていきましょう。大人数で食べるときは、お皿に取り分けてもOKです。

出典:mamagirl2018春号

サラダを持っていくときは、お花見映えするカトラリーや紙のお皿などが役立ちます。ぜひ、あわせて持参してみて。メイソンジャーは100均にも売っているので、要チェックです。

■あと一品!お弁当の隙間に入れるならこんな料理はいかが?

お花見のお弁当…なかなか隙間が埋まらない!という人には、隙間にちょこんと入れる小さな料理をおすすめします。

・簡単にできる!ミニハンバーグと枝豆ピック

出典:photoAC

隙間を埋めるなら、小さい料理がおすすめ。とはいえ、食べやすさを考えると何を作ってよいのかわからないことも…。そんなときはピックにさしたミニハンバーグやミートボール、枝豆がおすすめ。
枝豆は茹でるだけ、ハンバーグもころころと丸めて成形するだけなので、失敗知らずで料理初心者さんも安心してチャレンジできます。

・やっぱりスイーツは欠かせない♡デコドーナツとデコいちご

出典:mamagirl2018春号

最後にどうしてもご紹介したいのは、お花見に持っていきたいスイーツ♡
こちらは、簡単!に作ることにこだわったデコドーナツとデコいちご。溶かしたストロベリーチョコやチョコクランチ、チョコペンでイチゴや市販のドーナツをデコったら、なんとこれだけで完成。
みんながお弁当を食べ終わったあとで、こちらを登場させると盛り上がりそう。キッズも大人もよろこぶスイーツは、お花見のお供としてぜひおすすめです。

■今年のお花見は、手作り料理に挑戦してみて

出典:mamagirl2018春号

お花見料理として定番のものや、簡単にできるものをご紹介しました。オードブルを買う!という人も多いかもしれませんが、次のお花見は手作りにチャレンジしてみては?屋外で食べるお花見料理は格別。春にしか楽しめないアウトドアを、ぜひ堪能してくださいね。

さえ太郎

2016年生まれの男女双子を育児中!子どもの知育おもちゃ・木のおもちゃが大好き♡双子コーデを勉強中です!最近、一戸建てを買いました。北欧インテリアに囲まれたヒュッゲな生活に憧れています…☆

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp