Baby&Kids

お母さんとの楽しい食事の時間が子どもの食育につながる

vol.965【1日1成長お母さん】育児本通り進まなくても大丈夫!楽しむことから始めよう

味覚の発達は順序があり、食経験を重ねることで発達していきます

生後半年くらいから始まる離乳食。進め方や作り方など、子どもがちゃんと食べてくれるように、何度も本を読んだりインターネットで検索したりしますよね。最近では便利なグッズも数多くあります。
お母さんは子どもの栄養のバランスを考えて野菜を選んだり、ベビーフードを試してみたりと試行錯誤を繰り返したりします。一生懸命作った離乳食を食べてくれないと、作り方や味つけが良くないのかなと悩んだりすることもあります。

大人が思うほど“食べる”という行為は容易くない。焦らないのがいい

大人は食事時には椅子に座り、道具を使って食べることだと当たり前のようにできます。でもまだ食事を始めたばかりの子どもには、椅子に座ることも、スプーンを持つことも意味すら分かっていないのです。
だから投げてみたり、ペロッと出してみたり、椅子から仰け反るのです。お母さん達が、食事をしている姿をたくさん子どもに見せてあげることが、多くを教えるよりも伝えることができます。
毎日毎食のことだと大変ですが急かせないことが大切です。

子どもはお母さんの笑顔が大好き。楽しい食事の時間を共有しよう

子どもの食欲には個人差が大きく表れます。初めからパクパク食べる子もいればそうでない子もいます。
お母さんの作り方や味つけに問題があるのではなく、その子の興味が影響しているのです。まだ子どもが小さい時期は、ご飯の時間を楽しく過ごすことに注力を注ぎましょう。
お母さんが笑顔で食べる姿を見せることで、子どもにもその楽しさは伝わります。食べることに興味を示していないのでしたら“ご飯は楽しい時間”と教えてあげましょう。

何を食べたかよりもどのような気持ちで食べたかに注力を注いでみよう

子どもが食べるご飯は体にいいものを食べさせたいと思うお母さんも多いはず。毎日忙しいお母さんが一生懸命作ったご飯を子どもに残されては悲しいです。
「頑張って作ったから残さず食べなさい」と思い、無理やり食べさせると子どもはさらに嫌がる結果になることも。いずれ食べる時期が来ます。
「今日はハンバーグが食べたい」とリクエストされるでしょう。手の込んだ料理はそれからでも遅くはありません。その頃にお母さんの手作り料理をたくさん食べさせてあげましょう。

今日の1日1成長

離乳食を食べない子にはお母さんと“楽しい食事の時間”を過ごそう
子どもの適応力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
吉田あき(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!