Baby&Kids

お母さんの愛情を伝えよう!子どもの心に素直に響く叱り方

vol.958【1日1成長お母さん】5歳から効果が増す。Iメッセージでお母さんの気持ちを伝えて

「嬉しいわ」「助かるわ」肯定的な感情を伝えるIメッセージは愛メッセージ

Iメッセージとは主語を“I(アイ)すなわち私”にして、感情を伝える方法です。
例えば「お部屋を片付けたのね。えらいわ」と言うところを「お部屋がきれいで、とっても気持ちがいいわ」とお母さんの気持ちを伝えるのです。
Iメッセージで子どもと会話をするのがいいことだとは聞きますが、実際に使おうと思うと初めはなかなか言葉にできないこともあることでしょう。特に子どもに対して叱りたい時には、難しいと感じることが多いかもしれません。

お母さんが感情的になっている時は、Iメッセージがなかなか出てこないもの

5歳のMくんとお母さんがデパートに買い物に行きました。「広い場所だから、お母さんから離れないでね」とお願いをしたのに、いつの間にかMくんが見えません。
いろいろな心配の思いに駆られ、同じフロアを行ったり来たりするお母さん。
やっとのことで遠くに見えるMくんを見つけて駆け寄ると「どこに行ってたの」「お母さんから離れないでって約束したでしょ」とついつい口から出そうになりました。

子どもを責める言葉より、まずはお母さんの気持ちを言葉にして伝えよう

「Mくんが見つかってホッとしたわ。お母さんとっても心配したのよ」とまずは肯定的な感情を伝えましょう。
子どもが見つかり安心すると「離れないでって言ったのに」など怒りが湧くことが。でもそれは、それだけお母さんが子どもを心配していたということ。
子どもに伝わる言葉で本当の気持ちを表現しましょう。「お母さんはMくんが見えないと心配だから、いつも見えるところにいてくれると嬉しいな」こんな風に言われたら、きっと心に響くはずです。

子どもはお母さんの気持ちを知ることで、お母さんをもっと喜ばせたいと思う

人間は「相手を喜ばせたい」という気持ちが本能的に備わっています。5歳くらいになると人の気持ちを理解する“共感脳”が発達します。
自分の言葉や行動が相手にどんな影響を与え、どんな気持ちにさせているかを理解できるようになるのです。
子どもはお母さんのIメッセージから、自分のした言動によって相手が喜んだり悲しんだりすることを学んでいます。そこから他人への思いやりの気持ちも育まれていくことでしょう。

今日の1日1成長

叱る時のIメッセージ、まずはお母さんの肯定的な気持ちを言葉にしよう
子どもの協調力も1成長、お母さんの自己開示力も1成長。
さわどあさみ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!