Lifestyle

インテリアライトで部屋をワンランク上の空間に格上げ!

インテリアのライトは、部屋を明るくすることだけがその魅力ではありません。オブジェとして、雰囲気を変えるため、インテリアのアクセントとして…部屋の魅力を引き出すアイテムの中でも、実はライトはとても重要なのです。今回は、部屋の雰囲気を変えたい!ワンランク上の空間づくりがしたい!そんな人におすすめのおしゃれなインテリアライトについて掘り下げていきます。

■インテリアのライトで、部屋をワンランク上の空間に

おしゃれなインテリアライトは、部屋の雰囲気を簡単に変えることができます。その効果や種類について見ていきましょう。

・おしゃれライトを置く前と置いた後

出典:@madebyaijさん

手軽に部屋の雰囲気を変えたい!ワンランク上の空間にしたい!そんなときにおすすめなのが、インテリアにおしゃれなライトを取り入れる方法です。
おしゃれなライトを部屋にひとつ置くだけでも、部屋の雰囲気はかなり変わります。ライトを置く前と置いた後を比べたら、同じ空間とは思えないとすら感じることができるでしょう。
シンプルなもの、凝ったデザインのもの、照明の色や明るさ…それぞれのインテリアに合わせて選ぶことも大切です。

・インテリアライトにはどんな種類があるの?

出典:@madebyaijさん

インテリアのライトには天井から吊り下げるタイプのペンダントライトやシャンデリア、壁面につけるブラケットライト、置き型のライトだと背の高いフロアスタンドライト、手元を照らすのに最適なデスクライトやテーブルライトなどがあります。
吊り下げ式のライトや壁につけるブラケットライトは気軽に取り入れることは難しいので、今回は置き型のライトについて詳しく掘り下げていきたいと思います。

―デスクライトやテーブルライト

出典:@madebyaijさん

デスクライトやテーブルライトと呼ばれるものは、家具の上に置くことができる小型のライトです。デスクライトはシェードの向きを変えることができるものと言えば分かりやすいですね。好みの向きに変えられるので、机上での作業や読書の際に役立ちます。テーブルライトは部屋に少し灯りがほしいときに重宝するライトです。サイドボードや棚などに置いて使うイメージですね。
おしゃれなデザインのものは置くだけでインテリアとして映えるので、照明としてのみではなくインテリアの一部と考えて選ぶと良いでしょう。

―フロアライトやスタンドライト

出典:@rshimizu1978さん

フロアライトやスタンドライトは、床に直に置くタイプの照明のこと。間接照明や補助照明として使用されることが多いです。背が低いタイプをフロアライト、背の高いタイプをフロアスタンドライトと呼びます。著名なデザイナーの作品も多く、光源としてだけではなくオブジェとしてインテリアに取り入れる人も多いです。

―壁を彩るストリングスライト

出典:@creammynannyさん

壁照明の主なものはブラケットライトですが、ブラケットライトは後づけしようとすると電気工事が必要だったり、工事不要で取りつけると今度はコードが邪魔になったりと、気軽に取り入れるライトとしてはあまりおすすめできません。
しかし壁用の照明はほかにもあります。おすすめはストリングスライト。よくイルミネーションなどで使われるひも状のLEDライトのことです。イルミネーション用の小さい電球のついたものではなく、おしゃれなインテリアに最適なコットンボールや星型のデザインのものもあるので、部屋の雰囲気に合わせて取り入れたいですね。
そのまま壁掛けとして使うのであればファンシーなテイストと合うため、子ども部屋のインテリアのアクセントとしておすすめ。瓶に詰めてテーブルライトとして使うのもおしゃれです。

・インテリアライトはどこに置くもの?

出典:@madebyaijさん

インテリアライトは、光源が重複して集まらないように設置するのが理想です。新しくライトを置くなら部屋の灯りが少ない場所に置きましょう。置きたい位置にほかのライトなどの光源がある場合は、それを他の場所に移すか光量を減らすなどの工夫をして全体の光の量を調節するとバランス良く設置できますよ。

・インテリアライトにはどんな効果があるの?

出典:@ayk_____31さん

インテリアライトは部屋の光量を確保する目的だけで使われるものではありません。空間全体の雰囲気づくりを目的として取り入れることで、部屋がおしゃれにランクアップします。
雰囲気づくりの観点から見ると、間接照明の効果は絶大。部屋が癒しの空間として生まれ変わります。光を受けた植物やオブジェの影が壁に投影される様は、なんとも幻想的。
おしゃれなデザインのライトは飾っておくだけでも存在感のあるオブジェとして部屋のアクセントになりますよ。

■おしゃれなインテリアライト。人気の商品をチェック!

置いておくだけでもサマになる巷で人気のおしゃれなインテリアライトを紹介していきます。

・ブクブクかわいい!手吹きガラスの泡ランプ

出典:@aya.sekidoさん

手吹きガラスを集めて作られた「泡ランプ」はオブジェとしても優秀。今にもはじけそうな泡を思わせるフォルムが目を引くかわいさです。そのまま置いておくだけでも素敵ですが、灯りをつけると部屋全体が幻想的に。置いて使うこともできますが、吊り下げて使うこともできます。

・シンプルな美しさが魅力のパンテラライト

出典:@yse.___さん

デンマークの老舗照明メーカー『Louis Poulsen(ルイスポールセン)』の「Panthella(パンテラ)」はシンプルかつ美しいフォルムで長年愛されている照明です。光源そのものの明るさではなく、下向きに発された光が支柱に反射されて心地よい灯りを生み出します。カラーバリエーションも豊富なので、部屋のテイストに合わせて選ぶことができるのも魅力です。

・アンティークな雰囲気漂うバンカーズライト

出典:@miyuki1818さん

緑のシェードが目を引く「バンカーズライト」は、海外の映画やドラマなどで一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。真鍮の支柱と緑のガラスシェードが特徴的なテーブルライトは、レトロさがなんともおしゃれ。映画好きにはたまらないインテリアライトです。

・完璧な機能美を追求したデスクランプ・トロメオ

出典:@rshimizu1978さん

イタリアの照明メーカー『 Artemide (アルテミデ)』の代表作「Tolomeo(トロメオ)」は、一見オーソドックスなように見えて、洗練された美しさと完璧な機能美を併せ持っているデスクランプです。20世紀を代表するデザインとも言えるトロメオは今でも世界中で愛されており、机上をスタイリッシュな空間へと変化させてくれます。

・提灯から生まれた癒しの照明・AKARI

出典:@madebyaijさん

アメリカ出身のアーテイストである『イサム・ノグチ』がデザインした「AKARI(アカリ)」シリーズは竹や木、紙といった古来からある素材の美しさが表現された作品です。提灯から生み出されたイサム・ノグチの照明は、もちろん和室にも合いますがモダンなインテリアにもぴったり。柔らかな灯りに癒される照明です。

・存在感抜群の照明・タリアセン

出典:@__.yucaさん

世界的に知られる著名建築家の『Frank Lloyd Wright(フランクロイドライト)』がデザインした「TALIESIN(タリアセン)」は、いくつものブロックと遮光板がタワー状に積み重なった最も有名な照明のひとつ。遮光板に反射する柔らかな光は、まさに灯りの芸術とも言えます。部屋の顔にもなる存在感のある作品です。

Recommend

Xmasプレゼントにいいね!冬の外遊びが楽しくなる【GLOBBER】アイテムを今すぐチェック♪

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]