Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

女の子には教えずに体験させるのが創意工夫を育む鍵!

vol.999【1日1成長お母さん】正解を聞きたがる女の子には、まずやらせてみよう

女の子の「これ教えて」はコミュニケーションの能力の高さからくる会話術

「お母さんこれどうやってするの?」「お母さん、これ教えて」女の子に毎日こんな風に聞かれるお母さんは多いことでしょう。女の子は小さな時からコミュニケーションが大好きです。お母さんの真似をしたいし、新しいことはお母さんと一緒にやりたいと思っています。
お母さんもそんな我が子に「これはね、こうするの」「ここを良く見ててね、こうだよ」と、細かいところまで丁寧に教えてあげることでしょう。とても仲良しで、見ていて微笑ましい光景です。

すぐに反応せず、まずはやらせてみる。自分で考える時間を大事にしよう

女の子は新しいことに取り組む時、自分からまずやってみると言うよりは説明を聞いて、手順を見て覚える傾向があります。その方がいきなりやってみるより上手にできるかもしれませんね。
でもそれをずっと続けていくと、常に正解があってそこに近づくことが目標になってしまいます。女の子には、教えるよりもまず体験させてみることが必要なのです。お母さんは何でもすぐに教えず、あえて自分でやらせてみましょう。

あらゆる創意工夫は失敗から生まれる。工夫するから高みへと登れる

「砂山はこう作るのよ」と教えてもらったら、お母さんと同じくらいの山なら上手に作れるようになるでしょう。
でももっと大きな山を作りたくなったら?下にトンネルを掘りたくなったら?興味を持ったことにまずは取り組み、失敗したら違う方法を試すトライ&エラーの繰り返しで、工夫することを覚えます。
新しいことや難しいことにどんどん挑戦する意欲も育みます。教えられると人の真似で終わりますが、自分で工夫するとそれをどんどん越えていけるようになるのです。

工夫して達成すると自信が生まれる。子どもを信じてやらせてみよう

「大きな山を作るにはもう少し水を混ぜた方がいいな」「トンネルは小さい穴から少しずつ大きくした方がいいな」自分でやってみることで、小さな発見がたくさんあることでしょう。
体を使ってコツを掴む過程で、頭もたくさん使っています。お母さんは子どもを観察し、工夫を認める言葉をかけましょう。自立の助けになる工夫する力を、体験から育みましょう。

今日の1日1成長

工夫する力は体で覚える。知識より体験で子どもの自信を育てよう
子どもの工夫力も1成長、お母さんの見守り力も1成長。
むらたますみ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp