Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

3歳までの嘘と4歳からの嘘の違い!知恵がつくほど嘘も上手に

vol.1004【1日1成長お母さん】4歳の巧みな嘘はさらなる成長のチャンス!お母さんの対処が鍵

4歳の巧みな嘘は成長の証。知能がぐんぐん育っている途中と受け止めよう

子どもが嘘をついた時「何で?どうして?」と根ほり葉ほり聞きたくなってしまいますね。2歳や3歳の嘘は現実と夢の区別がつかなかったり、記憶が曖昧だったりすることから起こるかわいらしいものです。
ところが知能が発達してくる4歳になると、嘘はどんどん巧妙になります。お母さんは戸惑ったり正さなければと躍起になったりすることもあるでしょう。実はこんな時、嘘を暴こうとするのは逆効果。子どもはどうにかごまかそうと、ますます嘘を塗り重ねていきます。

嘘だと分かった時の対処が明暗を分ける。怒らず落ち着いて話してみよう

4歳のT君はおやつのパンケーキをおかわりしました。「本当に全部食べられるの?」とお母さん。「大丈夫大丈夫」と適当な返事のT君。お母さんは迷ったあげく、おかわりを出すことにしました。
しばらくして絵本を読みだしたT君に「全部食べたの?」と聞くと、Tくんはにっこり笑って「全部食べたよ」と言いました。ですが翌朝、ゴミ箱の一番下に食べかけのパンケーキが捨てられていたのです。こんな時お母さんはどう切り出せば良いのでしょう。

知恵がついてきたからこそ正すのではなく今度からどうするか考えさせよう

こんな時に効果的なのが、お母さんの気持ちを伝えることです。「嘘をつかれて悲しかったわ」と冷静に伝えましょう。大人が見抜けないほどの嘘をつくのは、知恵がついて頭が回るようになったからこそ。成長の証とも言えるのです。
お母さんをがっかりさせたくないという気持ちから一生懸命考えた結果かもしれません。。お母さんは「お腹いっぱいだったのね。じゃあ今度からはどうしよう?」と質問しながら一緒に考えてあげましょう。

さらなる成長に欠かせない安心感と自信はお母さんの気持ちを伝えて育もう

嘘をとがめると、ごまかすためにさらに嘘を積み上げてしまいます。反対に嘘自体はとがめずに解決法を一緒に考えれば、嘘をつく必要がなくなり対処法も学べます。
失敗してもお母さんは受け入れてくれるという安心感は、そのまま子どもが自分を受け入れて認める自信につながります。4歳の嘘は子どもの更なる成長を促す絶好のチャンス。お母さんは咎めずに、気持ちと対処法を伝えて子どもの自信を育みましょう。

今日の1日1成長

4歳の嘘は成長の証!叱らず慌てず、お母さんの気持ちを伝えよう
子どもの自己肯定力も1成長、ママの受容力も1成長。
わたなべみゆき(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp