出典:photo AC

Baby&Kids

お宮参りの写真はいつ撮影するのがベスト?写真館の選び方も確認!

神聖な行事であるお宮参りは、 赤ちゃんの誕生を祝い、健やかな成長を祈ると共に神様に無事に生まれてくれたことを報告する儀式です。
赤ちゃんが誕生して初めての行事ということもあり、「家族で記念写真を撮影したい!」と考える人も多いはず。そこで気になるのが、写真撮影のタイミングではないでしょうか。
そこで今回は、お宮参りの写真撮影の時期から準備に加え写真館の選び方まで紹介します。

■お宮参りの写真はいつ撮ると良い?

ここでは、お宮参りの写真撮影の時期について見ていきましょう。

・お宮参りは生後1カ月という習わしを守るべき?

出典:photo AC

正式には、お宮参りは男の子が生後31日目・女の子は生後32日目に行うという地域が多いようです。昔からの習わしでは、お宮参りは赤ちゃんの生まれた土地の守り神とされる産土神(うぶすながみ)に参拝するという神聖な儀式。
習わし的には、生後1カ月前後でお宮参りを行うことになりますが、健康を祈る儀式でもあるので赤ちゃんとお母さんの体調と相談して時期を選ぶことが大切です。

・実際のスケジュールを考えたら?

出典:photo AC

もちろん習わし通りにお宮参りを行えればいいのですが、天候や休日などを見て最適な日程を考えてもいいでしょう。
例えば夏生まれの場合は、暑すぎるかもしれませんし、反対に冬生まれの場合は寒すぎる場合もあるかもしれません。そのような厳しい気候の場合は、気候が安定した時期を選ぶのもひとつの方法です。

■お宮参りの記念写真だけ撮るのはあり?

出典:photo AC

お宮参りの本来の目的は神社での参拝ですが、「記念写真を撮影して記録しておくだけでもいい?」と気になっている人もいるかもしれませんね。
赤ちゃんが生後1カ月前後で行うお宮参りですが、この時期は産後のお母さんの体調が不安定な時期でもあります。中には、外出するのが辛いという人もいるでしょう。または、真夏や真冬などの季節や気候の問題で生後1カ月のタイミングでお宮参りが難しいという場合もありますよね。
さまざまな問題で正式な時期にお宮参りができない…という場合は、写真撮影だけ先に済ませておくという選択肢もあります。無理をして参拝に行く必要はないので、参拝できるタイミングが来たときに神社へ行くといいでしょう。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]