出典:@ toiro_photographさん

Baby&Kids

お宮参りには男の子と女の子で違いがあるって知ってた?

赤ちゃんが生まれたら気になるのが、赤ちゃんが主役の行事ですね。
大切な赤ちゃんの行事はしっかりと準備をして挑みたいところ。産後、ママの体調も落ち着き始め、気になるのがお宮参りです。
お宮参りは男の子と女の子で決まりごとが少し違うと聞いたことありませんか?今回は、そんな男女の違いも含めて、お宮参りで押さえておきたいポイントを調べました。

◆お宮参りとはなに?赤ちゃんが主役の行事?

出典:photoAC

お宮参りとは、子どもが生まれたことを神様に報告し、健やかな成長を祈って参拝する儀式のことです。
土地の氏神様に参拝し、新しい氏子して祝福を受けるという意味もあります。
地域の氏神様である神社に参拝するのが一般的ですが、好きな神社にお参りするという方も近頃は多いようです。

◆お宮参りに男女の違いがあるって本当なの?

お宮参りには、男女に少しずつ違いがあります。違いについてひとつずつ確認しておきましょう。

・参拝する日に男女の違いがあるの?

出典:photoAC

お宮参りには、生まれてから何日目に参拝するのか、男女で違いがあります。正式には男の子が生後31日目、女の子が生後32日目に行います。
けれど、この点には地域差がありますし、天候や赤ちゃん、そしてママの体調を考慮してベストな日を選ぶとよいでしょう。

・男の子の正式な衣装は白羽二重に熨斗目模様の掛着

出典:photoAC

お宮参りでは、赤ちゃんの正式な服装は和装です。
肌着の上に内着である白羽二重を着せ、その上から掛け着を掛けます。白羽二重とは、真っ白な絹の生地で作られた内着のこと。その上から掛け着を掛けるのですが、この掛け着は祝い着や産着とも呼ばれる色のついた着物のことです。
この掛け着のデザインに男女の違いがあります。
男の子の場合は紺や黒をベースとした、熨斗目模様(のしめもよう)の掛け着を用意します。熨斗目模様とは、そで下から腰にかけて、横一文字に模様が入ったデザインのこと。
鷹や龍、虎や兜など強くてたくましいイメージのデザインが人気です。

・女の子の正式な衣装は白羽二重に友禅模様の掛着

出典:@ chiicameraさん

女の子の掛け着は友禅模様(ゆうぜんもよう)を用意します。友禅模様とは、草木や花鳥などを曲線を用いて絵のように表したデザインのこと。多彩で絵画的であることが特徴です。
花や毬、鈴などが使われたデザインが多く、古典柄は華やかでありながら上品さも兼ねていることから人気。
掛け着の下に着る白羽二重は、男女ともにロンパースで代用する方も増えているようです。

・最近は簡単に着せられるベビードレスが主流

出典:photoAC

お宮参りでは正式な服装は和装であるとご紹介しました。
けれど、最近では着せやすさからベビードレスにケープなど、洋装を選ぶ方も多くいます。出産後、病院から自宅に帰る際に着せたベビードレスをお宮参りでも着せるという方も増えているようです。
夏には風通し良く、冬には重ね着をさせるなど、赤ちゃんの体温調節には気をつけましょう。

◆お宮参りの着物は誰が買えばいいの?決まりはある?

それでは、お宮参りの際に赤ちゃんの衣装は誰が用意するのでしょうか?こちらもしきたりからご紹介します。

・地域差があるが、母方の実家が用意するのが正式


こちらも地域差があると言われていますが、正式には母方の実家が用意するとされています。
着物だけでなく、費用など全てを母方の実家が準備し、父方の実家が行事に参加するというスタンスだったようです。
けれど、近頃は着物を母方の実家が、食事会などの費用を父方の実家が、というように分担をするという地域や家庭も増えているよう。
ご両家で風習について話し合ったうえで準備すると安心ですね。

・現在は写真スタジオでの着物レンタルが増えている

出典:photoAC

お宮参りの記念に、写真スタジオで記念写真を撮られる方が多くいます。
写真スタジオでの着物レンタルを利用して、写真のみ正式な和装姿を残し、お宮参り当日は動きやすい服装で参拝するという方法もあります。
写真スタジオによってはスタジオでの撮影時だけでなく、着物を着てお参りも可能というサービスを行っているところも。
サービスを上手に利用する方法もありますね。

◆お宮参りのときは誰が赤ちゃんを抱っこするの?

それでは、お参りのときに誰が赤ちゃんを抱くのか。いつもお世話をしているママが抱っこするのでは?と思うかもしれませんし、誰が抱っこしてもいいんじゃないの?という方もいるかもしれませんね。
こちらも正式な方法があるのでご紹介します

・正式には父方の祖母という地域が多い


お宮参りで赤ちゃんを抱っこするのは、正式には父方の祖母という地域が多いようです。
由来には諸説あり、命が奪われる可能性もある出産を“穢れたもの”と考え、産後は忌み期間中であるからという説や、産後の母親の体調を気づかってという説も。

・現在では父方祖母だけじゃない!誰が抱っこしてもOK♡

出典:@ toiro_photographさん

お参りでは父方の祖母が赤ちゃんを抱っこするという慣習が長く続いていましたが、現在ではしきたりにとらわれず、パパやママが抱っこしているケースはたくさんあります。
実家が遠方である、実家と都合が合わないなど、お宮参りに祖父母を呼ばないというケースも珍しくありません。
現在では、誰が抱っこしてもOKというスタンスでお宮参りを行っている家庭が増えています。

◆お宮参りの基本ルールを知ったうえで、気分良く過ごせる方法を

お宮参りについて、そして、お宮参りでのしきたりやルールについてもご紹介しました。
今はしきたりにとらわれず自分たちが気分良く過ごせる方法でお宮参りを行っている方はたくさんいます。
しきたりやルールを知ったうえで、自分たちにとってベストな方法を見つけてくださいね。

しろ

雑貨屋勤務の経験もある雑貨好き♡時間を見つけてはインスタでおしゃれなインテリアを見るのが楽しい時間。子ども3人に振り回されながらも、快適に暮らせるようアンテナをはって情報収集しています。
【Instagram】_shiro9

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!