出典:@bm.p0512さん

Lifestyle

100均のフライパンは侮れないぞ!IH利用OK♪キャンプにもオススメ

お料理に欠かせない道具のひとつ“フライパン”。ホームセンターやインテリア雑貨店などで購入する人が多いかもしれませんね。そんなフライパン、実は100均でも購入することができるんですよ。
そこで今回は、100均のフライパンをピックアップしました。

「そろそろフライパンを新調したいな」、「100均で売っているフライパンって、普通に使えるの?」と思っている方必見です。

■100均のフライパンってどんな感じ?特徴を紹介

「100均でフライパンを売ってるの?」という方も多いのでは。そこでまずは、100均のフライパンの使用感や特徴などをご紹介します。

・耐久性や安全性はどうなの?

出典:photoAC ※写真はイメージです

100均で販売しているフライパン。ホームセンターや雑貨店などで販売しているフライパンと比較すると、少し焦げつきやすい特徴があるようです。とは言っても、使い方をマスターすれば長く愛用できますよ。使い方のポイントは、火力! 中火以下にして使用すると、数年は持つそうです。
また、商品として販売しているので安全に使えますが、フライパンの内側の加工が剥げて錆びついてしまったら使用を控えた方が無難でしょう。

・100均ではダイソーのみが取り扱っている


現在フライパンを販売している100均は、『ダイソー』だけなのだとか。『Seria(セリア)』と『Can Do(キャンドゥ)』は、数年前には取り扱いがあったものの、残念ながら現在はないようです。しかし、フライパンに使える蓋はどの100均にもあるので、組み合わせて使うことができます。

・焼く、炒めるの他、意外な使い方とは?

出典:筆者撮影

100均のフライパンだって、一般的なものと同じように、焼く、炒めるなどの調理に使えます。深型タイプのフライパンなら、簡単な煮物も作ることができますよ。また、ママたちの中には、子どものおままごと用おもちゃとして活用している方も! 100均のフライパンはとても軽いので、小さな子どもでも持ちやすいようです。

・コンロだけでなくIHでも使えるの?

出典:@bm.p0512さん

ダイソーで購入できるフライパンには、フライパンの素材によって、ガスコンロと各種ヒーター熱源に対応しているものと、ガスコンロとIHクッキングヒーターに対応しているものがあります。IHを使っているおうちにとっても、100均で購入できるのはうれしいですね。

■100均『ダイソー』で購入できるおすすめのフライパン

『ダイソー』にあるおすすめのフライパンを見ていきましょう!

・コンパクトサイズは用途多彩!フッ素樹脂コーティング フライパン14cm

出典:@ petit_sommeさん

画像右にあるのがダイソーのフライパン。収納しやすい直径14cmのコンパクトサイズです。フッ素樹脂コーティングされているので、油なしでも焦げつきにくいですよ。200円(税抜)というプチプラ価格もうれしいポイントですね。
グリーンやブルー、イエローなどカラーも豊富で、見た目もおしゃれ!調理器具としてだけでなく、インテリアやおままごととしても使えるでしょう。

・毎日使える便利なサイズ!フッ素樹脂コーティング フライパン20cm

出典:@bm.p0512さん

こちらは、直径20cmのフッ素樹脂コーティングフライパン。普段使いにピッタリなサイズで、価格も300円(税抜)とお手頃です。14cmのフライパンと同様、カラーも豊富。おしゃ見えするので、調理後にそのまま食卓へ出すのもおすすめですよ。

・メイン料理に使える☆フッ素樹脂コーティング 深型フライパン22cm

出典:@bm.p0512さん

こちらは、直径22cmのフッ素樹脂コーティング 深型フライパン。深さがあるので、麻婆豆腐やミートソースなどちょっとした煮込み料理にも使えます。3~4人分の調理をするときにも使える便利サイズなのに、400円(税抜)というお手頃価格!
メインのフライパンとして、大活躍しますよ。

・卵焼きに便利な四角いフライパン


ダイソーには、卵焼き作りに便利なエッグパン(卵焼き器)があるのです。長さ約18.5cmの長方形で、ガスとIH両方に対応しています。価格は、なんと150円(税抜)! 大切に長く使うためのポイントは、弱火で調理することだそうですよ。お弁当作りにも使える卵焼き器がこの価格で買えるのはうれしいですね。

・IH対応のカラーフライパン


直径18cmのカラーフライパンは、卵焼き器と同様に、ガスとIHに対応し、弱火で使うことが推奨されています。持ち手部分が、ループ状になり、フックでひっかけて収納することもできそう!こちらも価格は150円(税抜)。
惜しげなく使える価格なのがうれしいですね。



■キャンプに使えるおすすめのフライパンは?

出典:ダイソーのスキレットが安くて優秀!どんな料理に使える? @ hikaruhashikawaさん

ダイソーでは、コンパクトサイズのスキレットを200~300円(税抜)で販売しています。スキレットは焼き物、炒め物、煮物、揚げ物などをすることができるので、キャンプで大活躍しますよ。食材の旨みや水分をギュッと閉じ込めて調理してくれるので、ステーキを焼いたりアヒージョを作ったりして、いろいろな調理をしてみましょう。

■フライパンといっしょに購入すべき商品は?

ここでは、フライパンとセットで使いたいおすすめ商品をご紹介します。

・食材を蒸すときに便利!ステンレス蓋

出典:@bm.p0512さん

「100均には蓋つきフライパンはないの?」という声もありますが、100均の場合は、フライパンと蓋は別々に用意する必要があります。フライパンと同じく、蓋もサイズ展開が豊富なので、サイズを確認しながらぴったりのものを購入するようにしましょう。

・焦げつきを防いでくれる、クッキングシート

出典:@bm.p0512さん

タレや肉汁などによって、フライパンに焦げがつくことがありますよね。フライパンに焦げがつくのを防ぎたい人は、クッキングシートをいっしょに使ってみましょう。クッキングシートは熱に強い特徴があるので、電子レンジやオーブンはもちろん、フライパン調理でも大活躍!
クッキングシートはダイソー、セリア、キャンドゥなどさまざまな100均で販売されているので、ぜひ購入してみてください。

・調理後も簡単に処分できる!フライパン用調理シート

出典:【今週の100均パトロール】買いだめ必至⁉︎キッチン周りの便利グッズ @r_____stagramさん

クッキングシートを使うのもおすすめですが、フライパン用の調理シートならカットする手間が省けるのでとても便利!ダイソーで販売しているフライパン用調理シートは、シリコーンコートされているので、調理後もくっつかずパッと捨てることができます。

■フライパンはどう収納する?アイデア実例3つをチェック

ところで、フライパン収納はどうしていますか? ここからは、収納アイデアも合わせてご紹介します。

出典:@ yuma_ismartさん

@yuma_ismartさんは、『ニトリ』の「ざるボウルフライパンスタンド」1,790円(税込)を使って、シンク下に収納しています。サイズや形が違うフライパンも、仕切りに立てて収納すればすっきりとして取り出しやすいですね!

・小さめフライパンはカゴに入れて収納できる

出典:@ sh.atyouさん

@sh.atyouさんはコンロ下の引き出しにフライパンを収納。『無印良品』のワイヤーバスケットに小型のスキレットを重ねて入れているようです。100均フライパンも14cmサイズのものならこのように収納することができますね!

・ファイルボックスで完全に仕切って収納

出典:@ gomarimomoさん

@gomarimomoさんも、無印良品のアイテム、ファイルボックスを利用しています。コンロの深い引き出しにぴったりフィットするサイズ。ファイルボックスなら側面が壁になり、完全に仕切ることができるので、両側の調理器具に当たることもなく、サッと取り出せそうですね!
ファイルボックスは100均にもあるので、参考にしてみても良いでしょう。

■100均のフライパンを使って料理をしてみよう!

100均のフライパンは、上手に活用すれば意外と長く愛用できます。フッ素樹脂コーティングの焦げつきにくいフライパン、ガス・IH両用のフライパン、キャンプで使えるスキレットなど種類も豊富。あなたも100均のフライパンを使って、料理を楽しんでみませんか!

hinataka

お菓子とパンをこよなく愛する育児中のママです。食に携わる仕事を経て、独学で製菓衛生士免許を取得。現在は6歳と3歳の兄妹の育児に奮闘しながらも、自己流のお菓子作りを楽しんでいます。
【Instagram】harenohi_117
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!