出典:photoAC

Beauty

日焼け止め2019年おすすめアイテム10選! 今年もしっかりUVケア

日差しが強くなると欠かせないアイテム、日焼け止め。
ドラッグストアコスメからハイブランドのデパートコスメまで、種類が豊富にありすぎて、何を買えばいいのか悩んだ経験はないでしょうか。
そこで今回は、2019年のおすすめ日焼け止めアイテムをタイプ別でご紹介! 日焼け止めの正しい塗り方・落とし方も見直して、今年はいつも以上にしっかりUVケアを行いましょう。

■日焼け止めの種類と、塗り方を見直そう

出典:photoAC

日焼けによるダメージは、年を追うごとに蓄積されます。毎年変わらないケアを続けるのではなく、ときには日焼け止めの選び方や塗り方を見直してみるのも大切です。

・テクスチャーで異なる、日焼け止めの種類


日焼け止めには、テクスチャーによってさまざまなタイプがあります。広い部分から細かい部分までなじませたいなら、ミルクやクリームのタイプがおすすめ。手を汚さずに使いたいならスプレータイプが良いでしょう。
そのほか、化粧下地を兼用するタイプや、パウダータイプなど、日焼け止めの種類はさまざまです。自分の目的に合わせた日焼け止めを選びましょう。

・ムラなく塗れる、日焼け止めの正しい塗り方

出典:photoAC

日焼け止めを使うときに一番大切なのは、ムラなく塗ることです。顔に塗る際には、おでこと両頬、鼻、あごに日焼け止めをのせ、顔全体に伸ばしていきます。このとき、指の腹を使うと小鼻の周りや髪の生え際など、細かい部分までしっかり塗ることができます。
体の場合は、手のひらを使って円を描くように塗りましょう。塗り忘れやすいひじやひざの裏も念入りに。全体に均一に伸ばすことで、肌に日焼けムラができるのを防げます。

・肌にやさしく。日焼け止めの正しい落とし方


日焼け止めの種類によって、石鹸だけで落とせるもの、クレンジングで落とすものがあります。まずは表示をよく見てみましょう。ウォータープルーフタイプであれば、基本的にクレンジングが必要です。肌に負担をかけないよう、強くこすらず、やさしくなじませるように落としてください。
そのあとは、残った皮脂などを落とすため、洗顔も忘れずに。日焼けで肌はダメージを負っているので、保湿も欠かさないようにしましょう。

■2019年おすすめ! 顔用日焼け止め6選

顔に日焼け止めを使うときは、メイクのことや肌へのやさしさが気になりますよね。そこで、化粧下地を兼ねたタイプや、敏感肌の人も使えるアイテムをご紹介します。

・ひと吹きで簡単UVケア! スプレータイプ


シュッとひと吹きでケアが完了するスプレータイプは、朝、忙しい人にうれしいアイテム。メイクの上からつけられるタイプも多いので、外出先でのつけ直しにも役立ちます。

【ビービーラボラトリーズ PHプロテクトUVスプレー】

出典:@ riococo5さん

『Bb LABORATORIES(ビービーラボラトリーズ)』のUVスプレーは、顔にも髪にも使えるのが魅力。時間がないときも、さっとひと吹きすればUVケアが完了します。
プラセンタエキスやヒアルロン酸といったうるおい成分を含んでいるので、乾燥も防いでくれますよ。

・うるおいながら使えるミルク、クリームタイプ


ミルクやクリーム、ジェルのタイプは、保湿成分や美容成分を含んだものが多くあります。乾燥肌の人や、敏感肌の人におすすめです。

【オンリーミネラル ミネラルプラス UVミルク】

出典:@ 02kaoringo04さん

ミネラルコスメの代表ブランド『ONLY MINERALS(オンリーミネラル)』のUVミルクは、何より肌へのやさしさが魅力。紫外線吸収剤やパラベンなどを使わず、海塩やローズヒップ油など天然由来の美容成分を配合した、敏感肌の人にうれしい日焼け止めです。軽いつけ心地で、SPF50にも関わらず、石鹸で落とすことができます。

・メイクが時短になる、化粧下地タイプ


化粧下地を兼ねたタイプなら、日焼け止めを塗って、化粧下地を塗って、というメイクの手順を短縮してくれます。毎日忙しい人の強い味方です。

【ビオレUV 化粧下地UVシミ・毛穴カバー】

出典:@ s_____stagramさん

『BioreUV(ビオレUV)』の化粧下地は、自然に肌になじむ肌色のジェルが特長。シミや毛穴をカバーしながら、SPF50でしっかり紫外線を予防してくれます。
化粧下地ですが、ファンデーションを薄く塗ったようなメイク感があるので、ちょっとそこまでのお出かけなら、ひと塗りするだけでも大丈夫そう。
メイクアップ効果とUVケアを同時に叶えてくれる、うれしいアイテムです。

【RMK ロングラスティングUV】

出典:@ cosmemicoさん

『RMK(アールエムケー)』の「ロングラスティングUV」は、UVケアを兼ねた化粧下地です。ひんやりとした使い心地で、うるおいたっぷり。
日焼け止めを使うと肌が乾燥しやすい、という人におすすめです。さらっとしたテクスチャーは肌になじみやすく、気になる毛穴もカバー。下地としても優秀なアイテムです。

・メイク直しとUVケアができる、パウダータイプ


パウダータイプの日焼け止めは、メイク直しついでに使えるのが魅力。一日に何回か塗り直すと日焼け止めの効果は高まります。パウダーをこまめにつけ直して、強力な紫外線に立ち向かいましょう。

【トランシーノ トランシーノ薬用UVパウダー】

出典:@ pcpcpinさん

薬用スキンケアで知られる『TRANSINO(トランシーノ)』の薬用UVパウダー。きめ細かいさらさらのパウダーが、毛穴や肌の色ムラをカバーしてくれます。SPF50でしっかり紫外線をカットしながらも、低刺激性で、肌にやさしい処方です。

【ポーラ ホワイトショット UVフェイスパウダーL】

出典:@ bi_ikuさん

『POLA(ポーラ)』の限定キット「ホワイトショット シーズンスペシャルボックスCXS」を買うとついてくるUVフェイスパウダー。通常販売はしていないにも関わらず、インスタグラマーの間で今話題になっています。自然な透明感で毛穴カバー力が高く、乾燥に強いそう。期限は決まっていませんが、数量限定なので、手に入れるならお早めに!

■2019年おすすめ! ボディ用日焼け止め4選

ボディ用は、塗る範囲が広いので、スプレータイプかミルク・クリームタイプがおすすめです。顔にも使えるタイプが多いので、1本で全身ケアを済ませてもいいですね。

・外出先のつけ直しが簡単! スプレータイプ


出かけた先で、腕や足に日焼け止めを塗り直すのは大変ですよね。そんなときには、スプレータイプが便利。全身ひと吹きで、ケアが完了します。

【レールデュサボン UVカットスプレー】

出典:@ 02kaoringo04さん

天然のオイルが配合され、肌が敏感な人も使える『L`air De SAVON(レールデュサボン)』のUVスプレー。1歳の子どもから使える、やさしい日焼け止めです。ウォータープルーフですが、石鹸で落とすことができます。家族みんなで海やプールに行くときに活躍する1本です。

【サンカット フレグランスUVスプレー】

出典:@ cosmemicoさん

『SUNCUT(サンカット)』のUVスプレーは、髪からつま先まで全身くまなくケアすることができる、毎年人気のアイテムです。
2019年はそのUVスプレーに、数量限定でフレグランスタイプが登場。華やかなフローラルマリアージュの香りと、さわやかなシトラスシャーベットの香りの2種類です。塗り直すたびに、フレッシュな香りが楽しめます。

・細かい部分も塗れる、ミルク・クリームタイプ


腕や足の広い部分から、指の間の細かい部分までしっかり塗れるミルク・クリームタイプ。肌がうるおったり、ツヤ肌に見せてくれたり、いろいろな種類があります。

【アリー エクストラUV ジェル】

出典:著者撮影

日焼け止めランキングで常に上位に入る『ALLIE(アリー)』。特に人気の「エクストラUV ジェル」は、保湿成分配合のみずみずしいテクスチャーが特長です。
アリー独自の技術力「フリクションプルーフ」を採用し、服やかばんによる摩擦に強く、落ちにくくなっています。伸びが良いので、ストレスなく、全身にムラなく塗ることができるのもポイントです。

【リサージ UVプロテクターパーフェクト】

出典:@ fukufuku5555さん

『LISSAGE(リサージ)』の顔にも体にも使える日焼け止めが、今年新しく登場!
バッグや洋服でこすれても落ちにくく、SPF50で強力に紫外線をブロックしてくれます。うるおいたっぷりのウォーターベース処方で、みずみずしさが長時間続くのもうれしいところ。“リサージ”らしい天然オイルのやさしい香りに、塗るたびに癒されます。

■お気に入りの日焼け止めで、紫外線に立ち向かおう

試してみたい日焼け止めは見つかったでしょうか? 使う目的に合わせて、いろいろなタイプの日焼け止めをそろえておくのもいいですね。今年も念入りにUVケアをして、暑い季節を乗り切りましょう!

kawako

東京出身、広島在住。
6歳の男の子と1歳の女の子と、毎日格闘中。
広島は、子どもを育てるには最高の場所!
カープを応援しながら、家族で広島生活を楽しんでいます。

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!