出典:photoAC

Baby&Kids

抱っこひもを手作りしよう☆ママと赤ちゃんにジャストフィット

ちまたでは、いろんな抱っこひもが毎年こぞって出てきます。新しい商品をみるたびに、「これいいかも!」と思ってしまうのが人間です。しかしながら、自分にあっているものかどうかを見分けるのは意外と難しいこと。抱っこひもの試着を試すものの、「うーん、いまいち」というのも皆さん経験したことがあるはずです。
体に合う抱っこひもがなければ、作ってみるのも一つの手です。いっしょに手作りをしてみましょう。

■抱っこひもは作れる!

手作りは難しいなんて先入観は無用です!実は簡単に作れる、抱っこひもをご紹介します。

・やっぱりコンパクトな折りたたみタイプが主流

出典: @bm.p0512さん ※画像はイメージです。

どこへでも持ち運びができる折り畳みタイプは、日々たくさんの荷物を持ち歩くママたちにとってグッドパートナー。
コンパクトにしまえて必要なときに取り出せば、すぐに抱っこひもに大変身!赤ちゃんのご機嫌も瞬く間に復活するでしょう。

・スリングも作れるのです!

実はスリングは一枚の長い布!ある程度の長さと幅さえあれば、どんな布でもスリングにすることができます。持っているお気に入りの長めのスカーフも、ちょっとリメイクをすればスリングになりますよ!

・ただし強度には注意が必要です!

長さと幅があればいいとはいえ、どの布でもスリングができるわけではありません。やはり大事なわが子の重みに耐えられるような強度が必要です。
赤ちゃんが丸くなり、まるでお母さんのおなかの中にいるような体勢になるスリングは、新生児でも使用できる代物。支えとなる金具もしっかりとした強度があるもので、赤ちゃんが少し動いても安心感のある丈夫な作りにしましょう。大切な赤ちゃんのために、思わぬ事故につながることがないように、配慮をすることが重要です。

■おすすめの無料型紙サイト

こちらのサイトでは、たくさんのベビー用品の型紙が掲載されています。参考にしてみてくださいね☆
参考: 無料の型紙でソーイングと手作りを楽しもう
参考: ハンドメイドどっとこむ 無料レシピ紹介

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]