出典:photoAC

Baby&Kids

妊婦さん必見!気になる体重管理の方法やおすすめアプリ

妊婦さんにとって気になることのひとつは体重ではないでしょうか。「体重増えすぎかな?」や「いつから増えるの?」など気になる人も多いはず。今回は、看護師の経験や知識、自分自身の出産経験も交えながら、妊婦さんの体重増加対策におすすめの食事や運動方法、妊婦さんの体重管理に役立つアプリなどをご紹介します。

体重管理の大切さや方法を知って、妊娠した喜びや、赤ちゃんの出産を待つ喜びをかみしめながらマタニティー期をポジティブに過ごしましょう!

■妊婦中の体重管理が重要

出典:photoAC

妊婦さんの体重管理についてご紹介します。

・妊娠中に体重が増える理由


妊娠中に比べると、出産直前にはママの体重はかなり増えるもの。その理由は赤ちゃんや胎盤、羊水、子宮・血液などが増加するからです。たとえば、赤ちゃんだけでも約3kg、羊水が約0.5kg、胎盤などが約0.5kgを目安にそれぞれ重みがあるので、妊娠中に体重が増えるのは当然のことですよね。
それでも、急激な体重増加はママと赤ちゃんの体にさまざまなリスクをもたらす危険があります。つわりや体調によってはうまくいかないこともありますが、緩やかな体重増加を目指して体重管理に取り組むことが大切です。

・何キロ増までOKなの?目安体重について

出典:photoAC

厚生労働省によると、妊娠全期間を通しての推奨体重増加量の目安は、妊婦さんのBMI(Body Mass Index) によって変わります。ちなみに、BMIは「体重÷身長÷身長」の計算で出すことができますよ。
推奨体重増加量の目安については、記事内の”<時期別>妊婦中の体重管理”の項目で詳しく解説していくのでチェックしてみてくださいね。

■“太り過ぎ”、“痩せすぎ”どちらも注意が必要

妊娠中は緩やかに体重を増やしていくのが理想です。太りすぎや痩せすぎで起こる可能性のあるリスクを知っておいてくださいね。

・増えすぎも増えなさすぎもNG

出典:photoAC

妊娠中は、妊婦さんの体重が増えすぎても増えなさすぎても良くありません。体重の増減をみながら妊娠期特有の病気や赤ちゃんへのリスクがないかをチェックしているので、たかが数kgと思わずに体重管理を意識した生活を心がけることが大切です。妊婦検診のたびに体重測定がありますが、週に500g増までを目安に自分でも体重管理に努めたいですね。

・太り過ぎのリスク


妊婦さんの体重が増えすぎたら、どんなリスクがあるのでしょうか。
妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群、帝王切開や巨大児などさまざまなリスクが考えられると言われています。BMI値で肥満のゾーンに入る方が妊娠した場合は特に注意が必要です。標準体型のママでも、妊娠中は体の変化が影響して普段よりも血糖値や血圧が変動しやすい状態に。糖尿病については、高血糖になることでママと赤ちゃんに合併症が発生する危険があるので、早期発見して食事や薬で治療しながら基準値内の血糖値に保てるよう管理していくことが大切です。

・痩せすぎのリスク


だからと言って、妊婦さんが体重増加を止めるために過度なダイエットをしようとするのはNG。吐きつわりで「体重が増えない」と悩むママもいますよね。やせすぎた場合でも、赤ちゃんが低体重(未熟児)で産まれるリスクが高まるといわれています。また、妊娠中に必要な栄養素が不足している可能性が高いので、貧血や骨密度の低下などのリスクも。出産・育児に向けての体力・精神力をつけておく必要もあるので、妊娠前からやせ型のママは特に意識してバランスの良い食生活を心掛けてくださいね。

Recommend

フランス発のブランド・GLOBBERの【ゴーバイク デュオ】でキックバイクデビューしよう♪

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]