出典:photoAC

Lifestyle

リフレッシュ方法おすすめ10選!あなたに合ったストレス解消法を紹介

皆さんは疲れやストレスがたまったとき、どうしていますか?どうしたらいいかわからない、いろいろ試してみたけどなかなかすっきりしないという方のために、今回はおすすめのリフレッシュ方法をご紹介します。
自分に合ったストレス発散方法を見つけて、ストレスフリーな日常を過ごしてみましょう!

まずはストレスがどんなものなのか説明しますね。


 

Recommend

「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?

■現代人はストレスだらけで疲れている!

ストレスは、なぜ人の体によくないとされるのでしょうか?原因を見ていきましょう。
 

・どんなときにストレスがたまる?

出典:photoAC

人は外部から刺激を受けたとき、例えば人間関係がうまくいかなかったり、仕事が忙しすぎたり、不安や悩みがあったりするとストレスを感じます。
また、就職活動の面接のときのような過度な緊張も同じ。

つまり、日常生活で起こるさまざまな変化によって人はストレスを受けるのです。

 

・ストレスをためたままだとどうなるの?

出典:photoAC

ストレスを感じていると、辛くて夜眠れない、体調を崩すなどの症状が出てきます。

この不調のサインを見逃し無視してしまい、ストレスをさらに受け続けていると心が悲鳴をあげて、心の病にかかってしまうこともあります。

 

・リフレッシュはどうして必要なの?

ストレスのない生活が一番ですが、人はどうしても日々何らかのストレスを感じながら生活しています。
心の病にかからないためにも、ストレスを受けた体や心をリセットする必要があります。
そのためには自分に合ったリフレッシュ方法を見つけ、試してみるのがおすすめです!


 

■おすすめのリフレッシュ方法10選をご紹介

誰でも簡単にできる、おすすめのリフレッシュ方法を紹介します。
 

・散歩をする

出典:photoAC

悩みがあったり、仕事などで頭が煮詰まったりしたときは近所を少し散歩するだけでも、よい気分転換になってリフレッシュできます。
歩くだけなので簡単で健康にもよく、おすすめですよ。
普段歩かない道を探索してみたり、近所の公園まで歩いてベンチに座り、何も考えずにボーッとしてみたりするのもいいでしょう。
 

・運動をする

出典:photoAC

ジムに通ったりヨガや好きなスポーツを楽しんだり体を動かすと、全身の血流がよくなり、緊張をほぐしてくれます。
男性、女性関係なくでき、運動している間は心配ごとや仕事など余計なことを考えにくくなるのでいいリフレッシュになるでしょう。
さらに運動習慣はうつ病にもよい影響を与えることがわかってきたそうです。

しかし、ハードすぎる運動だと疲れてしまい、長続きしないことも考えられます。定期的に続けられるような軽めの適度な運動でも十分効果は得られますよ!

 

・陽の光を浴びる

出典:photoAC

太陽の光を浴びることで精神が安定し、幸せな気持ちになれるセロトニンという幸福ホルモンが脳内で作られます。
さらに、体内時計が整うことで、いい睡眠を取ることができますよ。
1日数分でもいいので太陽の光を浴びることが大切です!

 

・自然にふれる

出典:photoAC

少し足を伸ばして山に出かけてみてはいかがでしょうか?
マイナスイオンを浴びることでストレスを軽くしたり、リラックスしたりできます。
忙しくて出かける時間がないという人は、自宅に花を飾って見るだけでも効果的!
花の香りを嗅いだり眺めたりするだけでも、疲れを癒やしたりストレスをやわらげたりしてくれますよ。

 

・旅行に出かける

出典:photoAC

旅行はリフレッシュ方法のランキングの上位にランクインしている定番です。
知らない土地に出かけて非日常を体験することで気持ちをリセットでき、いいリフレッシュにもなります。
休日に家族や仲のよい友だちといっしょにワイワイ行くのも楽しいですし、一人で行くのも気楽に自分のペースで動けるので気をつかわなくていいでしょう。
旅行は計画を立てる段階からもワクワクしますよね。

 

・おいしいものを食べる

出典:photoAC

友だちと食事に行ったり、あまり普段は行かないようなお店に足を運んでおいしいものを食べたりするのもおすすめ。
特に女性はおいしいものを食べることで幸せを感じるそうです。
料理が得意な方は、家でいつもとは違う料理やお菓子を作ってみるのはいかがでしょうか。
家族や友だちに振る舞って、楽しい会話をしながら食事を楽しむのもいいですね!

 

・しっかりと睡眠をとる

出典:photoAC

寝る前のPCやスマホのブルーライトは体内時計がくるい、自律神経にも影響を及ぼすので控えたほうが◎。
アロマの香りやゆったりとした音楽でリラックスできる空間を作って、質のよい睡眠をとることが大切!
疲れを翌日に持ち越さないようにしましょう。
自分に合った快適な寝具をそろえるのもいいですね。

 

・お風呂にゆっくりつかる

出典:photoAC

忙しいとついついシャワーで済ませてしまいがちになってしまいますが、忙しいからこそ湯船にゆっくりとつかり一日の疲れをとりましょう。
ぬるめのお風呂で半身浴すると、じんわり汗をかきすっきりするのでおすすめです。
また、いい香りのする入浴剤で癒やされたり、湯船の中でマッサージしたりするのも効果的。
たまには温泉や銭湯などに出かけるのも、いい気分転換になりますよ。

 

・マッサージを受けてみる

出典:photoAC

仕事でPCの前に同じ姿勢で座っていたり、下を向いたりしてスマホをずっと見ていると首や肩の筋肉が凝りますよね。
筋肉の緊張もストレスに繋がります。
そんなときはたまには自分へのご褒美にマッサージを受けに行ってはいかがでしょうか。
リラックスできる空間で、全身の筋肉や神経の緊張をほぐしてもらいましょう。
時間のない人は、好きな香りのオイルでセルフマッサージをするのもいいですね!

 

・好きな音楽を聴く

出典:photoAC

音楽を聴くと脳や自律神経が反応して、高揚感や幸福感が高まったときに出るドーパミンが増えます。
それによってストレスが減り、リラックス効果が期待できるのです。仕事や勉強で疲れたときにおすすめ。
好きな音楽を大音量で聴いてテンションをあげたり、静かな落ち着いた曲でリラックスしたりと自分のそのときの気分に合った音楽を聴くことが大切ですよ。


 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE