出典:photoAC

Baby&Kids

ベビー布団の選び方!サイズや素材など購入する前にポイントをチェック

出産前に準備するものの1つに「ベビー布団」があります。赤ちゃんは寝るのが仕事!というくらいいっぱい寝て過ごします。そんな赤ちゃんが快適な睡眠時間を過ごすためにもベビー布団選びは重要です。
その中でもサイズ選びに注目!大人用の布団でいっしょに寝かせるという方もいるかもしれませんが、ベビー布団を使うメリットもたくさんありおすすめですよ。デリケートな赤ちゃんだからこそ最適なものを選んであげたいですね。

ベビー布団は用途によってサイズを選ぶことができます。プレママさんなどこれからベビー布団を購入しようと考えている方は、間違えた選び方をして合わないサイズのものを間違って購入してしまわないように、購入前にポイントを確認しておきましょう。

■ベビー布団サイズの種類をチェック

出典:photoAC

ベビー布団のサイズは大きく3つあります。それぞれのサイズをチェックしてみましょう。

・長く使いたいならレギュラーサイズ

出典:西松屋でベビー布団を選ぼう!売れ筋ラインナップをご紹介

一般的なベビー布団のサイズは敷布団70×120cmでベビーベッドに合うサイズになっています。レギュラーサイズは3歳頃まで長い期間使うことができるようです。

・コンパクトなベビーベッドにミニサイズ

出典:photoAC

ミニサイズは60×90cmでレギュラーサイズに比べるとコンパクト。ベビー布団を置くスペースが限られている方などミニサイズを選ばれる方もいます。持ち運びにも便利で気軽に片づけられるという利点もあります。

・短時間休息用の保育園お昼寝用サイズ

出典:西松屋でベビー布団を選ぼう!売れ筋ラインナップをご紹介

レギュラー、ミニの他に保育園のお昼寝で使う布団があり、サイズは80×120cm程度のものが一般的のようです。持ち運びがしやすいように敷布団の厚みが少し薄くしてあります。

■ベビー布団のサイズを選び間違えないように気をつけたいポイント!

さきほど紹介したように、ベビー布団のサイズは用途によって選ぶ必要があります。間違ったサイズ選びにならないよう気をつけたいポイントを確認していきましょう。

・どこで使う?

出典:photoAC

サイズを選ぶ際、まずはどこで使うのかを考えましょう。使う場所やシーンを考えることがサイズ選びのポイントになります。
ベビーベッドで使う方は、ベビーベッドのサイズを事前に確認してサイズに合ったベビー布団を選びましょう。
また、ベビー布団を置くスペースを考え、持ち運びや片づけやすいミニサイズを選ぶなど環境に合わせたサイズ選びをすることも大事ですね。

・いつまで使いたい?

出典:photoAC

ベビー布団をいつまで使いたいかも選ぶポイントのひとつです。
いつまで使うかは決まっているわけではありませんが、長く使いたい方はレギュラーサイズ、寝返りをするくらいまで使いたい方はミニサイズなど使いたい時期に合わせてサイズを選ぶといいですね。子どもの成長に合わせて、子どもより大きめサイズの布団に変更してあげましょう!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]