Baby&Kids

賢い子に育てるコツ!子どもの好奇心の芽を見逃さず育んでいこう

vol.1112【1日1成長お母さん】ぐんぐん伸びる子の共通点は「好き」と「知りたい」に貪欲な子

特別な環境でなくても育つ賢さ。知らないことへの強い探求心が脳を育てる

世の中には特別な教育を受けなくても、どんどん自分で学んでいく子がいます。そんな子たちには、ある共通点があります。それは発想力が豊かで知りたいという欲求が強いこと。賢い人とは単に知識があり勉強がよくできるだけの人とは限りません。
これから先も伸びていく人は、まだ知らない知識に対して貪欲であり世の中には自分の知らないことがたくさんあることを理解している人です。常に知りたいと思う原動力は好奇心のひとつなのです。

興味のないことを学ぶことは大人でも苦痛。子どもの好奇心を探ってあげよう

そもそも私たちが学びたいと思うものは、たいていの場合は興味を持ったことではないでしょうか。「好きこそ物の上手なれ」ということわざのように誰でも好きなことには一生懸命です。それに関して工夫をし、勉強するので自然と上達していくのです。
子どもの場合も同じで「あいうえお」を何度教えても読めない子が、大好きな虫の名前ならスラスラ言えるなんてことはあります。好きなものの興味を広げるために図鑑などを見せて、好奇心の種まきをしましょう。

図鑑を与えるだけでは興味を持てない子もいる。リアルな体験を増やそう

虫が好きな子には昆虫図鑑などを与えて様子を見ますが、本に興味が持てない時は、実際に公園へ行き虫探しをしてみると良いでしょう。虫の大きさや色は図鑑と本当に同じなの?触わった感じは?などのリアルな体験が図鑑の中の情報と現実世界での情報を繋ぐ役割をします。図鑑に関わるきっかけや楽しさをリアルな体験から引き出しましょう。
人は誰でも学びたいという欲求を持って生まれてきます。そして「楽しい」と感じる好奇心が全ての学びの原点です。

自ら学べる子は学びを楽しめる子。遊びの中でやる気を育て集中力を養おう

自ら学ぶ子の共通点は、学びを楽しんでいる子です。すぐに勉強に直結しないような遊びこそが子どもの能力を養っていることもあるので、興味を持ったことは思い切りやらせてあげましょう。
子どもは好奇心が湧くと自ら学びたいとやる気を起こします。集中して学び、学んだことが理解できると更なる興味を持つものです。こうした繰り返しが学びの基礎となり、得意分野以外でもこの能力を発揮できれば楽しく賢く学んでいくことでしょう。

今日の1日1成長

自ら学べる子は楽しく学ぶコツを知っている子。学ぶ楽しさを引き出そう
子どもの興味力も1成長、お母さんの関心力も1成長。
わたなべみゆき(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp