出典:@kakun_starbucks さん

Lifestyle

スタバの呪文!一度は唱えたい長くておいしいカスタマイズ名

コーヒーやフラペチーノ®など、こだわりのドリンクが楽しめる『Starbucks Coffee(スターバックスコーヒー)』。スタバと言えば、ドリンクのカスタマイズが人気ですよね。こだわりのカスタマイズは、まるで何かの呪文を唱えているかのような長~いオーダー名になることから“スタバの呪文”と呼ばれています。
今回は、おすすめの“呪文”と上手な唱え方をご紹介します!

オリジナルドリンクが召喚できる“スタバの呪文”。どんなものがあるのか、早速見てみましょう。

■“スタバの呪文”って?

出典:@karo578さん

スタバはメニューに掲載されているドリンクをそのまま注文することもできますが、いろいろな要素を追加・変更して注文することも可能です。シロップやホイップを増量したり、ミルクの種類を変えたりなど、自分好みにカスタマイズして楽しめます。
“スタバの呪文”は、スタバ上級者が自分なりのカスタマイズ法を、スラスラ唱えて注文している様子を指す言葉。オーダー名が長くなりがちなのは、それだけスタバのカスタマイズメニューが充実していることの証しと言えるでしょう。

■意味が分かれば怖くない?スタバの呪文を解明!

呪文のように聞こえるオーダーも、意味が分かれば「そういうことか」と納得できます。特に決まった順番はありませんが、バリスタさんに伝えるときは、次のような流れでオーダーするとスムーズですよ。

・持ち帰りor店内を指定する

出典:@karo578さん

持ち帰りの場合は「トゥゴー」とオーダーしますが、実際にはバリスタさんから先に聞かれることが多いです。カップのまま、または画像のようなショッパーに入れて持ち帰れますよ。なお、自分で持参したボトルやマグに入れてもらう場合は「パーソナル」と言います。

・サイズを指定する


ドリンクのサイズを指定します。「Short(ショート)」→「Tall(トール)」→「Grande(グランデ)」→「Venti®(ベンティ)」の順で量が多くなりますよ。

・ドリンクの種類を伝える


ベースとなるドリンク名を伝えます。

・ミルクの種類を変更する

出典:photoAC ※画像はイメージです

ミルクが使われているドリンクメニューは、無脂肪(ノンファット)、低脂肪(ツーパーセント)、高脂肪(ブレべまたはブラべ)、豆乳(ソイ)などに変更できます。

・ドリンクの温度を調整する

ホットまたはアイスを選択します(ドリンクによっては、どちらか一方しかない場合もあります)。ミルクを使用するホットドリンクは、エクストラホット(熱め)や、ライトホット(ぬるめ)も選べますよ。

・氷の量を調整する

出典:photoAC ※画像はイメージです

アイスドリンクの氷を少なめにしたいときは“ライトアイス”、氷なしにしたいときは“ノンアイス”でお願いしましょう(フラペチーノ®は氷なしにできません)。氷を減らした場合、無料でミルクを増量することもできます。

・ソースやホイップなどを追加する

出典:@yagigigi1234さん

「〇〇追加」(もしくは「アド〇〇」)とオーダーします。有料分と無料分があるので注意しましょう。
トッピングを増量したいときは“エクストラ〇〇”とオーダーします。逆に少な目にしたいときは“ライト〇〇”、なしにしたいときは“ノン〇〇”と言います。

・コンディメントバーを利用する

出典:@karo578さん

スタバ店内には、無料のコンディメントバーがあります。シナモンパウダーやココアパウダー、シロップやはちみつ、ミルクなどが備えつけられており、自由に使えます。ドリンクを受け取った後、自分でカスタマイズできますよ。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]