出典:@ ayaka.o.s2さん

Baby&Kids

ベビー布団はセットがお得☆選び方のポイントやおすすめブランドを紹介

出産前の準備で購入に悩む方も多いベビー布団。使用する期間も短く、赤ちゃんが生まれたら添い寝をし一人で寝かせることはないという理由から、本当に必要なのだろうか?と思う方も。しかし、赤ちゃんにとってベビー布団は成長していく段階でとても大切なアイテムです。最近ではカバーやシーツなどを含めたベビー布団セットとしてお得に購入もできます。

今回はそのベビー布団に注目し、ベビー布団の必要性を始め、選び方・おすすめのベビー布団などを紹介!これから準備という方は参考にしてみてください。

■そもそもベビー布団って赤ちゃんにとって必要なのか?

出典:photoAC

産まれたばかりの赤ちゃんは睡眠時間が長く1日の大半を寝て過ごします。そして、赤ちゃんにとって寝ることは成長をしていく大切な時間です。赤ちゃんの骨はとても柔らかく成長をサポートする意味でもベビー布団は重要な役割があります。さらに通気性の良い布団を使用することで安全で気持ちのいい環境を整えてあげることも大切です。長い時間を過ごす場所だからこそ寝具選びにはこだわりたいですね!

■ベビー布団はどう選ぶ?購入するときのポイントは

赤ちゃんのためのベビー布団は選び方も人それぞれ。選ぶポイント別に紹介していきます!

・どんな素材を選べばいい?

出典:photoAC

赤ちゃんは体温が高く汗を良くかきます。また、おしっこが漏れたりミルクを吐いたりと布団を汚すこともしょっちゅうです。そんなときこまめに洗濯ができる素材を選ぶと衛生的に保てて赤ちゃんも快適に過ごせます。また、洗う度に柔らかく肌触りも良くなるオーガニックコットンもおすすめ!無添加で作られているので環境にもアレルギーにも優しい素材です。

・赤ちゃんが寝る場所!ほど良い硬さで選ぶ

出典:photoAC

赤ちゃんが寝る場所だから、とにかくふわふわな布団で気持ち良く寝てもらいたい!と思うのが親心ですよね。しかし、赤ちゃんの骨はまた柔らかく、関節も未発達のため敷布団が柔らかいと体の重みで沈んでしまい、その影響で背中にゆがみがでたり関節が不自然な形になったりと体の発達を妨げてしまう原因となります。
さらに顔が沈みこまないように安全性の観点からも適度に硬い布団が必要になります。実際に店舗で触ってみるのもひとつですね!

・ベビーベッドのサイズにあわせて選ぶ!

出典:ベビーベッドのサイズとお部屋に合った選び方とは?実はお得なレンタルも@a.y.baby.7.25さん

ベビー布団のサイズは通常サイズとミニベビーサイズの2種類です。畳などの部屋ではべビー布団のみで使用することもありますが、ペットを飼っている方やホコリ、床に転がる危険性があることからベビーベッドといっしょに使用するのがおすすめ。
ベビー布団の通常サイズは120cm、ミニサイズは90cmとなっておりベッドを使用する場合は共に24カ月までとなっています。
長期間使わないかもという方には@a.y.baby.7.25さんのようにミニサイズのベッドがおすすめです。布団だけの仕様であれば赤ちゃんの身長あわせて使う期間を決めてもいいですね!

・アイテムもいろいろ!セット内容で選ぶ

ベビー布団は一般的にセットになっている物が多くあります。掛け・敷布団、まくら、カバー、など基本的な5点セットからフィットシーツなどが入っている7点セットや10点セット、多いものでは13点セットというものも。セット内容を確認して必要なものがあらかじめ入っているものを選べば後から購入の手間も省けますね!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE