出典:photoAC

Baby&Kids

七五三いつが良いの?時期も知りたい&お祝いに関することを紹介

七五三は、子どもはもちろん家族みんなにとっても大事な行事の一つとして行われています。その時期になったらいろいろな計画を立ててお祝いを考えているパパやママも多いと思います。時期はいつがいいの、何するの、写真撮影は?事前に準備をしておいたほうが良いイメージがありますよね。そんな七五三のことについて、お祝いの内容や時期など参考になることを紹介していきます。

七五三は伝統行事の一つですよね。お祝いについての意味を知って、どんなことをするのか詳しく見ていきましょう。

■七五三のお祝い☆どんな意味があるの?

七五三は、子どもが成長したこと、未来も続いて健康であるようにみんなでお祝いする行事の一つです。また無事に育っていることを神社に参拝して報告&感謝するという意味もあるようです。子どもの行事の中でも七五三は盛大なお祝いで、江戸時代頃から子どもの健康を祈願するのといっしょに、豪華な晴れ着を着せてお祝いするのが、現代も引き続き行われているんだそうですよ。

出典:photoAC

・七五三は何をすればいいの?

出典:photoAC

一般的には着物を着て神社やお寺などに参拝して、写真撮影をしたり食事会をしたり、各家庭によって参拝といくつか組み合わせをして、お祝いするのが基本的なやり方のようです。

最近はいろいろなやり方があり、とくに写真館での記念撮影は人気のようですよ。女の子は着物や好きなデザインのドレス&衣装を選ぶことができたり、ヘアやメイクもきれいにしてもらったり、ゴージャスなセットでかわいく撮影してもらえます。また男の子もスーツやタキシードなど好きな衣装を選んで、ママ&パパも子どもと一緒に着物の着付けして撮影してくれるところも多いようです。家族みんなで七五三を楽しんでお祝いする感じですね。

また、ホテルプランの一つに七五三プランなどを開催しているところも多くあるようです。ホテルでお祝いの食事を豪華にしたり、テーマパーク旅行などとドッキングさせてお祝いしたりすることもあるようですよ。

■七五三はいつお祝いするの?ベストな時期を知りたい

正式な日にちは11月15日に神社やお寺に参拝するそうです。いろいろな説があるようですが、11月は田畑の収穫時期が落ち着いた頃で、神様に感謝を伝える月でもあり、お祝いといっしょにするようになったんだとか。最近はその日が平日にあたると、仕事をしている可能性もあるので、10・11月の良い日時で行う家族が多くなっているようです。
昨年は11月15日が平日だったにも関わらず大安も重なりかなりの人気だったようで、参拝された家族が多かったみたいです。大安&吉日もプラスして参考にすると良いかもしれませんね。

出典:photoAC

・男の子&女の子お祝いする年齢に決まりがあるの?

出典:photoAC

一般的には三歳は男の子と女の子(地域で女の子だけということもあり)、五歳は男の子、七歳は女の子となっています。地域によって考え方が異なり、男の子、女の子どちらがするかさまざまな違いがあるんだとか。また七五三すべて男女お祝いするところもあるみたいですよ。

■2019年、2020年七五三の早見表☆事前に見ておこう!

七五三をするときに役立つ早見表、何歳でお祝いするのか時期を確認してみましょう。

出典:photoAC

<2019年>
   (数え年)       (満年齢)
3歳 平成29年(2017年)生まれ・平成28年(2016年)生まれ
5歳 平成27年(2015年)生まれ・平成26年(2014年)生まれ
7歳 平成25年(2013年)生まれ・平成24年(2012年)生まれ

<2020年>
   (数え年)       (満年齢)
3歳 平成30年(2018年)生まれ・平成29年(2017年)生まれ
5歳 平成28年(2016年)生まれ・平成27年(2015年)生まれ
7歳 平成26年(2014年)生まれ・平成25年(2013年)生まれ
早見表を見ておくと安心ですね。

出典:photoAC

■七五三は数え年?満年齢どちらでするのか良いの?

本来は昔から数え年でするのが一般的だったそうですが、現在は数え年、満年齢、どちらでも良いそうですよ。現在は生まれた年が0歳でカウントされ、お誕生日を迎えるときに一歳ずつ年を取る、「満年齢」が当たり前になっています。現代はあまり数え年を使用しなくなってきているので、満年齢でする人も多いみたいですよ。

出典:photoAC

■早生まれの場合&12月生まれはいつお祝いするのがいいの?

早生まれや12月生まれの場合、数え年なのか満年齢なのかとても迷ってしまいますよね。それぞれ家族の状況にあわせて、どちらでお祝いしてあげても良いそうです。
子どもは二歳から三歳にかけてとても急成長する時期、一年の間でかなり印象が違ってくるので、かわいい感じで写真撮影をしたい場合は、二歳の数え年でお祝いすることもあるそうです。また着物を着て参拝させたい、草履で上手に歩かせたいなどの思いが子どもや両親にある場合は、満年齢の三歳になってからのほうがしっかりと歩けるので、良いという声もあるようですよ。最近は満年齢になってから七五三をするのが人気みたいです。

出典:photoAC

■七五三☆すてきな思い出になるお祝いにしたい

子どもの成長を願うビックイベントの七五三はとても楽しみですよね。数え年や満年齢を参考に時期を考えたり、他の兄弟とあわせていっしょにお祝いしたり、それぞれの家庭で違いがあるようです。すてきな思い出になるように、家族みんなでお祝いしてあげたら良いですね。

出典:photoAC

manii

2歳おてんば女子のママです。美容やアロマの事が大好きです。

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!