出典:photoAC

Lifestyle

キャンプで楽しみたい鍋料理5選!おすすめ鍋グッズも紹介

鍋料理は、キャンプ定番メニューの一つ。ダッチオーブンなどの大鍋や、深型のクッカーに材料を加えて煮込むだけなので失敗しにくく、野菜をたっぷり入れればヘルシーに。特に秋から冬にかけてのキャンプでは、体がポカポカ温まりますよ。今回は、キャンプで鍋料理を楽しむときに準備したい鍋グッズや、おすすめの鍋レシピをご紹介します!

まずはキャンプで鍋料理を楽しむとき、持って行きたいアイテムからチェックしてみましょう。

■キャンプで鍋料理をするなら何を準備する?

キャンプ場で鍋を囲むとき、持って行きたいアイテムを紹介します。

・クッカーで手軽にクッキング

出典:photoAC

土鍋やダッチオーブンで煮込む鍋料理は格別ですよね!でも「キャンプ場まで重い鍋を持って行くのは大変…」という人には、アウトドア用の鍋「クッカー」が便利です。軽くて携帯しやすく、そのまま器にもなりますよ。鍋料理を楽しむなら、深型タイプがおすすめです。

・火加減が楽なガスコンロ

出典:キャンプで人気のコンロは?おしゃれで役立つおすすめ機種紹介 @st.98.93さん

鍋料理はたき火でも作れますが、火力の調整が難しく、吹きこぼれやすいので注意が必要。キャンプビギナーは、火加減が簡単なガスコンロを持って行くことをおすすめします。できればシングルバーナー(一口タイプの小型コンロ)ではなく、大きな鍋でも安定して置けるカセットコンロか、ツーバーナー(二口タイプの大型コンロ)がよいでしょう。
画像は、家庭用のカセットボンベが使える『Iwatani(イワタニ)』の 「カセットフー マーベラスⅡ」(21,600円)です。

・鍋敷きなど鍋まわりグッズ

出典:photoAC

できあがった鍋料理をテーブルの上に置くときは、鍋敷きが必須。熱い鍋を置いたとき、テーブルの天板へのダメージを防いでくれますよ。ふたや取っ手が熱くなるタイプの鍋は、鍋つかみも忘れずに持って行きましょう。

・食材は下ごしらえして、保存袋や保存容器に

出典:photoAC

鍋に入れる食材は、あらかじめ適当な大きさに切るなど下処理して、保存袋や保存容器に入れて持って行きましょう。ゴミが出ないので、後処理が楽ですよ。

■キャンプにおすすめの鍋グッズは?

キャンプで鍋料理を楽しむとき、おすすめの鍋グッズをご紹介します。
※価格は2019年8月現在の公式ネットストアでの税込価格です。

・たき火調理に欠かせないトライポッド

出典:photoAC ※画像はイメージです

たき火で鍋料理を作るときは、画像のような三脚「トライポッド」があると便利。先端にフックがついていて、鍋の取っ手を吊るせますよ。チェーンの長さを変えることで、火加減の調整もできます。
おすすめの商品を2つご紹介しましょう。
一つ目は『Coleman(コールマン)』の「ファイアープレイススタンド」(7,835円)。安定性の高い四脚タイプで、耐荷重は20kg。重いダッチオーブンも使えます。
二つ目は『尾上製作所(おのえせいさくしょ)』の「ハンディトライポッド」(5,184円)。2.5kgと軽く、付属のキャリーバッグにコンパクトに収納できます。

・持ち運びやすいクッカーセット

出典:@hisataka0910さん

軽くてコンパクトに収納できる、キャンプ用調理鍋セット「クッカー」。
画像は『snow peak(スノーピーク)』のクッカーセット。入れ子に収納できる「チタントレック 1400」(5,054円)と「チタントレック900」(4,622円)の2種類です。チタン製で軽いのがポイントですね。

そのほか、『DUG(ダグ)』の「HEAT-I」(5,076円)もおすすめ。ブラックアルミ製の深型クッカーで、鍋底の特殊な形状によって低カロリーのバーナーでも強い火力が得られます。

・メニューの幅が広がる鍋セット

出典:@woodrikupeckerさん

スノーピークの「フィールドクッカー PRO.1」(15,984円)です。鉄製フライパンと深型ポット3個(ふたつき)、メッシュバスケットがセットになっており、鍋料理をはじめいろいろな料理に対応できます。たき火でも使えるステンレス製。ハンドルケースは鍋つかみにもなります。

出典:@woodrikupeckerさん

このように、すべて入れ子にしてコンパクトに収納できます。

このほかにも『ニトリ』の「取っ手がとれる鍋」シリーズ(1,190円~)もおすすめ。直径16cm、18㎝、20cmの3種類があり、深さは8~9cmほど。セットで購入すれば入れ子になりますよ(取っ手は別売)。

・鍋の収納道具も要チェック

ご紹介したアイテムによっては、あらかじめ収納用のポーチなどが付属または別売されている場合があります。
専用ポーチがない場合は、頑丈なコンテナなどに収納しましょう。『無印良品』の「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」(1,290円~)は、小・大・特大の3タイプがあり、アウトドアグッズの収納に人気。また、コールマンの折りたためる「ベルトコンテナ/L 」(5,871円)もおすすめ。肩掛けできるベルトつきで、持ち運びに便利ですよ。

■キャンプで鍋をするならこれ!おすすめ料理5選

必要なアイテムがそろったら、キャンプでいろいろな鍋料理に挑戦してみましょう!基本的なレシピをご紹介します。

・やっぱり定番人気のカレー!

出典:photoAC ※写真はイメージです

キャンプメニューの定番で、大人から子どもまで人気のカレーです。

<材料>
好みの肉またはシーフード、好みの野菜、カレールウ
<作り方>
鍋にサラダ油を熱し、ひと口大に切った材料を炒め、水を加えて煮込む。一度火から下ろしてルウを加え、溶けたら再度煮込む。

・チーズをプラスすると絶品!トマト鍋

出典:photoAC ※写真はイメージです

野菜たっぷりのイタリア風鍋です。締めにご飯と溶き卵をプラスして、リゾットを作るのもおすすめですよ。

<材料>
鶏肉、ウィンナー、好みの野菜、トマト缶、コンソメキューブ、(好みで)ピザ用チーズ
<作り方>
鍋にトマト缶と同量の水を加え、コンソメを入れて火にかける。具材を加えて煮込み、チーズを加えて溶けたらできあがり。

・アサリのうまみたっぷり。体が温まるクラムチャウダー

出典:photoAC ※写真はイメージです

アサリのうまみたっぷりのミルクスープ。パンやクラッカーにも合いますよ。

<材料>
アサリ(むき身)、角切りベーコン、好みの野菜、小麦粉、バター、コンソメキューブ、牛乳
<作り方>
鍋にベーコンを加えて炒め、野菜を加えて炒め合わせる。いったん火から下ろし、バター、小麦粉を加えて全体を混ぜる。アサリ、コンソメ、水を加えて火にかけて煮込み、牛乳を加えて仕上げる。

・野菜ゴロゴロ!ヘルシーなポトフ

出典:photoAC ※写真はイメージです

食べごたえのある野菜スープです。基本的に煮込むだけでOK!

<材料>
好みの肉、好みの野菜(皮をむき、大きめにカットする)、コンソメキューブ
<作り方>
鍋にすべての具材とコンソメキューブを加え、ひたひたになるまで水を加えて火にかける。根菜に火が通ったらできあがり。

・うれしい具だくさんメニュー!豚汁

出典:photoAC ※写真はイメージです

日本の冬の食卓に欠かせない、あったかメニュー。締めにうどんを入れてもおいしいですよ。

<材料>
豚バラ肉、好みの野菜、みそ(出汁入りのものが便利)
<作り方>
鍋に肉を加えて炒め、野菜を加えてさらに炒める。水を加えて沸騰したら、具材に火が通るまで煮込む。みそを溶いたらできあがり。

■キャンプで鍋料理を楽しもう!

こたつで食べるイメージが強い鍋料理ですが、アウトドアで味わうと、また格別ですよ。手軽にできて栄養満点なので、ぜひ試してくださいね!

※価格は2019年8月現在の公式ネットストアでの税込価格です。

cacao

男の子2人のママ。本やマンガ、時短家事とプチプラインテリア雑貨が大好き!仕事と子育ての合間を縫って映画館や美術館に出没中。ママたちがほっとひと息つける情報を発信します♡
【Instagram】kiracac

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!