出典:100均貯金箱なら、楽しくお金がためられる!コツコツ貯金をはじめよう @natume277さん

Lifestyle

貯金ができない原因は何?家計を見直して賢くお金を貯めよう

誰もが一度は貯金がしたい!と考えたことありますよね?貯金をすると決めたのに、無意識に出費が増えていて結局貯金ができなかったという経験はありませんか?貯金ができない原因には何があるのでしょうか。
その原因を意識しておけば、貯金ができないという悩みも解決するかもしれませんよ!

貯金をするには収入と支出について把握しておくことが大切です。無駄使いにも気をつけたいですよね。

■貯金できない人の原因は?

貯金ができない原因には何があるのでしょうか。なぜ自分は貯金ができないのか考えたことはありますか?考え方の違いから男女では貯金のできない理由は異なるかもしれません。
貯金ができない人の特徴を読んで、自分があてはまっていないか確認してみてくださいね!

・収入に見合わない生活をしている


家賃は収入の3割程度までといわれていますが、首都圏では難しいこともありますね。食費や交際費などが捻出できなくなることもあるので、4割までには収めたいところ。
家にこだわって収入の半分以上を家賃で支払っている人は、収入に見合った生活ができていない可能性があります。会社の経営状態などで収入が減ることもあるので、収入=支出もしくは毎月赤字でボーナスで補填する生活をしている場合は、家族で家計について話し合い、支出を減らす努力をしましょう。

・固定費の節約ができていない


家計の固定費には、住宅費、通信費、光熱費、保険料などの毎月決まった金額を支払うものが挙げられます。決まっているから減らすのは無理だと思っていませんか?
固定費は契約後ずっと支払っていく必要があり、変更するために手続きが必要なことが多いですよね。その固定費が少しでも減らせたら、毎月一定額が減らせることになり、それを貯金にまわすこともできますよ。一度固定費の見直しをしてみませんか?

・毎日ちょこちょこ買いをしている

出典:photoAC

ランチタイムについついコンビニに寄ってしまったり、自動販売機でコーヒーを買ったりしていませんか?コンビニや自動販売機は便利ですが、商品の価格が少し高いですよね。
お昼はお弁当を持っていくことや、缶コーヒーなどの飲み物はスーパーの箱買いをすることで、ちょこちょこ買いを防ぐことができますよ。

■収入に見合わない生活を改善するには?

出典:photoAC

収入に見合わない生活をしている人は、毎月どれくらいの支出があるのか予想ができていない人が多いのでは?夏はエアコンを使うために電気代が上がり、冬は暖房やお風呂でガス代が上がる傾向があります。
年末年始はいつもより豪華なご飯を食べることも。夏休みのレジャー費なども考えておきたいですね。

・収入と支出の把握をするには家計簿がマスト!

出典:photoAC

収入と支出のバランスがとれているかチェックするには、家計簿をつけることが大切。買い物をしたら必ずレシートをとっておきましょう。ズボラさんはスマホで家計簿アプリを使ってみては?
1カ月の内訳を円グラフで表示してくれる機能などもありとっても便利☆レシートをカメラで撮影するだけでOKな家計簿アプリもありますよ。毎月の収支のバランスを見て、使いすぎた項目をチェックすれば、翌月は節約しようと意識できるかも。

・月の初めに習慣つけよう!月に使えるお金を計算してから使う

出典:photoAC

お給料が入ったら、まず収入から固定費を引いた金額を出してみて。その残りから毎月かかる変動費を少し多めに見積もってみるといいでしょう。嗜好品や贅沢品などは、その残りから支払うようにしたいですね。
“今月はこれだけしか使えない!”と毎月の初旬に意識しておくことで、使い過ぎを抑制できるかもしれません。

・どうしても足りない!そんなときは足りない分を副業で賄う方法も


お給料だけでは毎月マイナスになってしまう…という人もいるかもしれません。そんなときは少しだけ副業をしてみるのも選択肢に入れてみて。日雇いの仕事でガッツリ稼ぐもよし、深夜の短時間だけ働いてもよし、空いた時間を有効利用してみては?
「2ちゃんねる」などの匿名掲示板サイトで副業を紹介していることがありますが、詐欺も多いので安易に飛びつかないように注意しましょう。副業が禁止されている場合は、フリマアプリで不用品を売るなどして少しでもマイナス分を補いたいですね。

■固定費の節約をするためのアイデアを3つご紹介

出典:photoAC

固定費を減らすためには何から始めたらいいのでしょうか?

・回線の速度に心配なし!携帯を格安スマホに変える


通信費は節約できないと思っていませんか?契約プランにもよりますが、解約金を払ってでも大手キャリアから格安simに変えた方が得をする場合も。
今使っているスマホが対応している格安simがあれば、スマホ本体をそのまま利用できるので、高額なスマホを購入する必要はありませんよ。
格安simはお店でのサポートが受けられないデメリットもありますが、回線の速度も大手キャリアと大差ないので通話とインターネットができればいいという人は、格安simに変えることで毎月の利用料が半額以下になることも!

・現金派の人は損してるかも!光熱費はカードでまとめて支払う

出典:photoAC

光熱費の支払方法を把握していますか?毎月通帳からの引き落としにしている人は要注意!その使用料金はクレジットカードで支払いができるかもしれませんよ。もちろんクレジットカードで支払えば、そのクレジットカード会社や提携会社のポイントが貯まるので、かなりお得です!
貯まったポイントで日用品が購入できたり、外食ができたりすると節約になりますよ。カード支払いが可能かどうかは契約会社によって異なるので、チェックしておきたいですね。

・保険系は定期的な見直しが必要!契約したのはいつか思い出して


20代の独身のときにすすめられた保険をそのままにしている人は結婚、出産、退職などのタイミングで保険の見直しをしておきたいですね。生活スタイルによって必要な保険は変わってくるので、パートナーとも話し合うといいでしょう。
出産後は子どもの学資保険に入る人も多いですが、元本割れする学資保険よりも親の生命保険を手厚くしておく方が結果的にいいという場合も。さまざまな保険会社のプランを比較して今の生活に最適なものを選びましょう。

■毎日のちょこちょこ買いを直すためのアイデア

毎日ちょこちょこ買ってしまう癖のある人は、お店に入らないようにすることが一番大切です。そのためにはどうしたらいいのでしょうか。

・この日以外は買い物しない!買い物する日を決める

出典:photoAC

買い物をする日を事前に決めてカレンダーに印をつけてみましょう。“この日以外は買い物をしない”と決めてしまえば、無駄使いが減らせそうですね。ストレスになりすぎるのはよくないですが、ときには我慢も必要です。

・特売のものをまとめ買いでストック!食材はまとめ買いがおすすめ


買い物をする日を決めたら、その日に買うものをリストアップしておきたいですね。チラシをチェックして特売の肉や魚をチェック。買い物前には冷凍庫のスペースを空けておくことを忘れずに。大量に購入した肉や魚などはできるだけ小分けにして冷凍して。
主婦の特徴として、特売だからと野菜を買い過ぎてしまい、結局腐って捨ててしまうことも。下茹でして冷凍するなど工夫して保存しましょう。

・100円でも10回で1,000円に!”これくらい”の気の緩みをなくす


レジ前に置いてある100円くらいのお菓子など、これくらいいいかと思ってついつい買ってしまう人も多いですよね。これくらいならと100円のものを10回買えば1,000円に。小さな積み重ねが大きな無駄遣いになってしまうので注意して。

■家にものが溢れているのも貯金できない原因!

貯金ができなくて悩んでいる人は家がごちゃごちゃしていませんか?家にものが溢れている人は家の管理ができていないので、お金の管理もできない傾向にあるそうです。貯金をしたいならまずは家をスッキリとさせてみませんか?

・無意識に増えていく本や雑誌は定期的な断捨離が必要

出典:photoAC

読まなくなった本や雑誌が家の中に散乱していませんか?捨てられない古い雑誌がある場合は、読みたいページだけファイリングして保存をしたり、画像データにして保存してはどうでしょうか。今後は電子書籍を購入することで本棚のスペースをスッキリできそうですね。

・長い間着ていない服…いるいらないに理由をつけてみる

出典:photoAC

断捨離するのにおすすめなのが、服などのファッションアイテムです。流行遅れのものや、痩せたらまた着るつもりの服がありませんか?持っている服を一枚ずつ見直して、これはなぜ捨てずにとってあるのか考えてみては?理由が思いつかないものは断捨離候補にしちゃいましょう。

■貯金するなら明確な目標を立てよう

目標もなく貯金をするのは長続きしません。主婦なら“家族で旅行に行く”など、20代であれば“新車を購入する”などと貯めたお金を思いっきり使う目標を立てるとやる気が出ますよ!

・我慢した先にはうれしいことが!楽しい目標を考えて

出典:100均貯金箱なら、楽しくお金がためられる!コツコツ貯金をはじめよう @natume277さん

欲しいものを買うことや行きたいところに行くなど、それが達成できたら楽しくなるような目標を考えたいですね。

・貯金する口座と通常使う口座を分ける

出典:photoAC

通帳がひとつしかない場合は、生活費と貯金額が曖昧になってしまうので、本当に貯金ができているのかわかりづらいかもしれません。貯金分は生活費の通帳とは別のものを用意した方がいいでしょう。

・目標値に行ったら自分にご褒美を!


コツコツと貯金をして、目標額まで貯まったけど使うのはもったいない…と思ってしまうかもしれませんが、思いきって自分にご褒美をあげましょう!この達成感がきっと次の目標額へのモチベーションにつながるはず!

■貯金ができない原因をクリアして貯金上手になろう

すぐに収入を増やすのは難しいので、いかに支出を減らすかを考えることが貯金の近道ですね。ストレスを溜めず、コツコツと楽しい貯金ライフを送りたいですね!

kachi

8歳差の年の差姉弟のママをしています。
時短料理、DIY、ハンドメイドの検索魔です。
休日はバスケ観戦でストレス発散!!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!