出典:photoAC

Baby&Kids

母子手帳って、いつもらえるの?メリットやもらい方をチェックしよう

母子手帳は、妊娠すると自治体から無料でもらえる手帳です。妊娠中のママの健康や、出産後の赤ちゃんの成長を管理・記録するためのもので、子どもが小さいうちは何かとお世話になる機会が多いですよね。しかし、初めて子どもを授かった“初マタ”の妊婦さんにとっては、「いつ、どこでもらえばいいの?」と不安になることも。今回は、知っていると役に立つ、母子手帳の基礎知識をまとめてご紹介します!

まずは、意外と知られていない、母子手帳の歴史から見てみましょう。母子手帳って、一体いつからあるのでしょうか?

■そもそも母子手帳って?いつからあるの?

母子手帳は、日本独自の制度です。最近は海外にも“輸出”され、アジアやアフリカ諸国を中心に約40カ国で採用されているそうですよ。

・母子手帳の歴史

出典:photoAC

母子手帳(正式名称は母子健康手帳)の制度がスタートしたのは、昭和17(1942)年。最初は「妊産婦手帳」という名前で登場し、その後「母子手帳」→「母子健康手帳」と呼び名を変えながら発展してきました。日本で70年以上も続いてきた、優れた母子健康管理システムと言えるでしょう。

・母子手帳の役割は?

母子手帳には、妊娠中から乳幼児期の健康情報を、一つの手帳にまとめて管理するという、大切な役割があります。身長・体重データで成長管理をしたり、予防接種の履歴を振り返ったりできるだけでなく、ママの育児記録を残すこともできます。

■母子手帳をもらうと受けられるメリットとは?

母子手帳をもらうと、ママや赤ちゃんにさまざまなメリットがあります。具体的に見てみましょう。

・子育て支援が受けられる

母子手帳をもらうと、自治体が行っているさまざまな子育て支援サービスが受けられます。サービスの内容は自治体によって異なりますが、身近な子育て相談窓口を紹介してもらえたり、助産師や保健師が家庭を訪問して健康チェックや相談に応じてくれたりします。

・健診や予防接種の補助券がついてくる

出典:photoAC

母子手帳には、妊婦健診や乳幼児健診の補助券や、子どもの予防接種(定期接種のみ)の接種券がついています。病院の窓口で提示すると、健診や予防接種が無料で受けられますよ。

・妊娠からの一貫した記録になる

母子手帳で健康データを一元管理することで、ママや子どもの健康履歴を適切に把握できます。もちろん、ママの育児日記代わりにもなりますよ。

・緊急時にも役立つ

妊娠中~乳幼児期は、たとえ健康であっても、状態が急変するリスクの高い不安定な時期。万一異常が起こった場合、母子手帳の記録が医療機関での処置に役立つ可能性があります。

■これで安心!母子手帳のもらい方

母子保健法には「市町村は、妊娠の届出をした者に対して、母子健康手帳を交付しなければならない」と定められています。つまり、妊娠した女性なら、誰もが無料でもらえるということ。ここからは、届け出をいつ出すかなど、詳しいもらい方をご紹介しましょう。

・母子手帳はいつからもらえる?いつから使う?

出典:photoAC

母子手帳は、妊娠何週目からもらえるのでしょうか?一般的には、赤ちゃんの心拍が確認できる妊娠5週目あたりが目安になっています。これは、妊娠時点で未婚の場合や、不妊治療の体外受精で妊娠した場合も同様です。そのころには病院で妊娠が確定し、出産予定日も分かります。
ただ、実際にいつもらったかは、ママによってかなりばらつきがあります。病院によっては「妊娠〇週目までにもらってください」といつまでにもらうかをアドバイスされる場合や、「妊娠8週目なのにまだもらえない」というママの声もあります。事前に病院や自治体の窓口に尋ねておきましょう。なお、母子手帳をもらった後で双子だと分かった場合は、後から追加でもう1冊もらえますよ。
もらった母子手帳は、妊婦健診を受ける際に必要です。次回の通院から持参しましょう。

・母子手帳はどこでもらえる?

母子手帳は、自治体の役場窓口や、保健センターでもらえます。窓口の名前は自治体によって異なるので、受付で聞いてみましょう。

・手続きに必要なものは?

出典:photoAC

届け出に必要なのは、「本人確認書類」と「マイナンバー確認書類」です。自治体によっては、病院が発行する「妊娠証明書」の提出が必要な場合もあります。事前に確認してくださいね。

・代理人でももらえるの?

妊婦本人が窓口に行けない場合、代理人がもらいに行くこともできます。手続きに必要なのは、委任状(様式は自治体によって異なる)と、代理人の本人確認書類、妊婦本人のマイナンバー確認書類などです。なお、多くの自治体が手渡しを原則としているため、特別な事情がない限り、郵送での交付が行われていない場合があります。

■母子手帳のサイズやデザインは?

出典:@kiracacさん

母子手帳のデザインやサイズは、自治体によって異なります。表紙にかわいいイラストや写真をレイアウトしたものが多く、自治体によってはディズニーキャラクターを取り入れている場合も。サイズはA6判(14.8×10.5cm)が主流です。

■母子手帳をなくしたときはどうするの?

出典:photoAC

万一、母子手帳を紛失してしまったら、もらった窓口で申請すれば再交付してもらえます。自治体によっては、印鑑や本人確認書類が必要な場合もあるので、あらかじめ確認しておきましょう。新しい手帳には、かかりつけの産婦人科や小児科に事情を話せば、データを再記入してもらえます。

■かわいくて機能的!おすすめ母子手帳ケース

ここからは、おすすめの母子手帳ケースをご紹介します。

・BARNEYS NEW YORKの母子手帳ケース

出典:mamagirl2018春号

かわいいライオンがワンポイント!『BARNEYS NEW YORK(バーニーズニューヨーク)』の「キルティング母子手帳ケース」です。中面は無地のブラウンで、ペンホルダーやカード入れもついています。

・hakka kidsの母子手帳ケース

出典:mamagirl2018春号

どこかレトロな花柄プリントが魅力的な、『hakka kids(ハッカキッズ)』の母子手帳ケースです。薄型なのに収納力たっぷり!

・agnès b. ENFANTの母子手帳

出典:mamagirl2018春号

『agnès b. ENFANT(アニエスべーアンファン)』の母子手帳ケースは、スタイリッシュなドット柄。海外旅行のパスポート入れとしても人気のアイテムです。ほかにも、星柄やストライプのデザインもあります。

■母子手帳アプリについて

自治体によっては、紙の母子手帳に加えて「母子手帳アプリ」を導入しているところもあります。

・母子手帳アプリって何?

出典:photoAC

スマホなどで育児情報を管理できる便利なアプリです。身長・体重をグラフ化したり、予防接種の履歴を管理して接種日を知らせてくれたりなど便利な機能が多く、利用者が増えています。代表的なアプリは、株式会社NTTドコモの「母子健康手帳アプリ」や、株式会社エムティーアイの「母子モ」などです。

・母子手帳アプリのメリット

紙の母子手帳に比べ、持ち運びが便利でいつでも使える利便性が挙げられます。また、画像などのデータはクラウド上で管理されるため、紛失のリスクがほぼありません。アプリによっては、自治体からのお知らせを配信してくれるサービスもあります。

・これから多くの自治体に導入される見込み

母子手帳アプリを導入している自治体は、今はまだ多くはありませんが、少しずつ増えています。現在、導入に向けて検討している自治体も多いとか。未来の母子手帳は、紙版とアプリ版が選べるようになるかもしれませんね。

■母子手帳はママと赤ちゃんの大切な成長記録♡

母子手帳は妊娠中から乳幼児期まで、長いスパンで母子の健康を見守ってくれる、大切なツールです。妊娠が分かったら、なるべく早めに住んでいる自治体の発行窓口を訪ねて、手帳をもらってくださいね。

cacao

男の子2人のママ。本やマンガ、時短家事とプチプラインテリア雑貨が大好き!仕事と子育ての合間を縫って映画館や美術館に出没中。ママたちがほっとひと息つける情報を発信します♡
【Instagram】kiracac

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp